子供の夏風邪は長引く事もあるので要注意!

夏風邪 子供

冬の風邪のように気をつけなければならない夏風邪。

夏風邪は子供に感染しやすいウイルスがあり感染力が強いんです。
その結果うつる事もあり学級閉鎖になってしまう事も…なんて頃もあるんです。

子供の夏風邪の症状についてや気をつける点についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

子供の夏風邪について

まずざっと症状について確認していきましょう。

子供がかかる夏風邪の特徴として

・高熱が数日間続く
・炎症による喉の痛み
・下痢や腹痛
・充血や目やにがひどくなったり痛みを感じる
・冬に比べて治りにくい事も

といった症状があります。

冬に比べると下痢や腹痛を起こしたり目の痛みや目やにがひどくなったりと子供にとってはなかなか辛い症状ですね。

主な原因はウイルスによる感染

ウイルス

感染する原因としては

  • クーラーのかけすぎにより温度調整が出来なくなっている
  • 熱くて食事をあまり取らず飲み物ばかり飲んでいる
  • といった抵抗力の減少に加えて

  • 他人からのくしゃみやせき
  • 感染者と触れてしまいウイルスを拾ってしまう

といった他人からウイルスをもらってしまう事により夏風邪に感染してしまう
といった流れですね。

関連記事夏風邪の症状について詳しく

夏風邪は長引きやすい

夏風邪の特徴として抑えておきたいのは長引く事が多いという事です。

よく夏風邪を引いてしまうと

・なかなか夏が下がらない
・一度下がったと思ったらまた上がったり

といった事で高熱が続いたりする事はよくある事なんです。

ポイント

夏風邪の原因となるアデノウイルスやエンテロウイルスといったものは有効なワクチンがないんです。
周りで感染しているし子供に予防接種でも打たせようかな。

といった事が出来ないんです。
その結果症状が長引きやすいんですね。

高熱はひどい場合は40度を越えてしまう事もあります。
あまりにも子供が苦しんでいる場合は早いうちに病院に連れてっていきましょう。


スポンサードリンク

子供の夏風邪の対処法について

チェック
もし子供が夏風邪を引いてしまった場合についてですが、上記の通りワクチンがありません。
なのでウイルスがいなくなるまで栄養の良い食事や睡眠をしっかりとって抵抗力を上げるのが早く治す為に特に重要です。

ざっとまとめると

  • 消化の良い食べ物を食べる
  • のどが痛む際はゼリーなどののどごしの良いものを食べる
  • クーラーをかけすぎて体温を冷やしすぎないようにする
  • 睡眠をしっかりとって免疫力を上げる
  • 水分をこまめに補給する
  • 水で冷やしたタオルなどで熱を冷ます

といったような事です。基本的には免疫力を高めて回復力を高めるといった事を重要視する必要がありますね。

ただ抵抗力が落ちて夏バテもしやすい状況で食事を取りたがらない事もあります。

取り過ぎはいけないですが、その際は冷たいゼリーやヨーグルトなどのどごしが良いものを上げたり
そうめんなど食べやすく消化率の高い物を食べさせるようにしましょう。

まとめ

子供の夏風邪の原因や長引く風邪を治す方法について紹介していきました。

夏は風邪だけでなく熱中症など体調を崩しやすい時期です。
睡眠や栄養の高いものをしっかりとって免疫力をしっかり高めるようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク