夏風邪の下痢、腹痛の原因は?治し方や対処法をチェック

夏風邪 下痢

夏風邪の症状のひとつである腹痛や下痢。
ただでさえ高熱や頭痛だけでも辛いのに腹痛や下痢にもなってしまうと辛いものです。

夏風邪の腹痛や下痢の原因や治し方についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

夏風邪の腹痛や下痢の原因について

冬の風邪とは違いなぜ夏風邪には腹痛や下痢の症状が起きてしまうかというとその原因はウイルス

夏に感染しやすいウイルスは「アデノウイルス」や「カンピロバクター」といったものがあるのですが、

感染して発症してしまうと

  • 発熱(38度を越える高熱)
  • 発熱に伴う筋肉痛
  • 腹痛や下痢
  • 炎症によるのどの痛み
  • 頭痛

といった症状が出ます。

関連記事夏風邪の症状について

原因は抵抗力の低下と二次感染

このように感染してしまうのは抵抗力の低下や感染者や食物からの二次感染が原因です。

抵抗力の低下

抵抗力の低下

夏になると暑い時期が続くのでクーラーや冷たいものを飲む事が多いと思うのですが、

  • クーラーの効かせ過ぎ
  • 冷たいものの摂取の取り過ぎ
  • 暑さからくる睡眠不足または睡眠の質の低下

といった事は自律神経が乱れ身体の抵抗力や免疫力が下がりウイルスに感染しやすくなってしまうんです。
かといってクーラーをつけなかったり飲み物をあまり摂取しないのもNG

真夏の時期は35度を越える猛暑日を越える事も多く夜も熱帯夜になる事もあり
水分が多く失われます。暑い事により寝苦しい日もあり扇風機だけでは対応出来ない時もあり最悪熱中症になってしまう事もあります。

二次感染

ウイルス

二次感染については人からの感染と食物からの感染があります。
特に最近カンピロバクター食中毒が増加傾向にありますね。

人からの感染としては

  • くしゃみやせきなどによる飛沫感染
  • 患者が触れたタオルやドアノブなどにさわりウイルスを拾ってしまう
  • 看病している方のふん便処理の際に手洗いが不十分による感染
  • といったような事があげられます。
    夏のウイルスは感染力が強いので抵抗力が弱まっていると夏のプールなどでも感染してしまう事があります。

    夏でも周りに風邪を引き始めたり欠席者が多くなった場合は要注意でしょう。
    また家族で誰かが感染してしまった場合も予防をしっかり行わないと二次感染を起こす可能性が高いので要注意です。

    食物からの食中毒が原因としては

  • 加熱処理が甘かった
  • 汚染された調理器具などを使用して食べてしまった場合

などが上げられます。
原因となる食品としては鶏肉などやレバーなどが上げられますが
それ以外の食物に関してもしっかり加熱していないとウイルスが付着して食中毒を引き起こしてしまう可能性があります。

夏の時期はキャンプなど生の食品を扱う機会も多いでしょう。
その分扱いには十分気をつける必要があります。

夏風邪の腹痛や下痢の予防について

チェック

夏風邪の腹痛や下痢の予防、対処法については感染経路を断つ事や免疫力を下げない事が重要になってきます。

■人からの感染経路に関しては

  • 感染者がいる際は夏でもマスクを着用する事。
  • 手洗い、うがいをしっかり行う事。プールなどに入った際はシャワーの使用、洗顔もしっかりと行う事
  • タオルは別のものを使用する事
  • といったように感染源を断つ事やウイルスの付着を防ぐ事が大事になってきます。
    暑い時期なので毎日マスクを着用するのは難しいとは思います。

    ただ感染している方が家庭内や学校などで流行っている場合はウイルスが蔓延している可能性があります。
    その際はマスクを着用して二次感染を防ぎましょう。

    手洗い、うがいについてもしっかり行いウイルスを体内に入れないようにしましょう。

    ■食物からの予防に関しては

  • 十分に加熱を行う事(75℃、1分以上が目安)
  • 特に肉類は中まで日が通っている事を確認を行う事
  • 肉類と他の調理器具や容器を分けて調理、保存を行う事
  • 調理後の手洗いをしっかり行う事

といった事が上げられます。
鶏肉などを使用する際はしっかり加熱しないと中が生だった。
という事があり、実際によくある話です。

中までしっかり熱が通っている事を確認した上で料理を行うようにしましょう。


スポンサードリンク

夏風邪の腹痛や下痢の対処法について

夏風邪の腹痛や下痢にもしなってしまった場合の対処法についても確認しておきましょう。

下痢止めを控える事

いきなりですが、プール熱やカンピロバクターに感染している場合は下痢止めは控えましょう。

下痢なんだから下痢止めを使用するのは当たり前なのでは?
と思うのはごもっともな意見ではあるのですが、

感染症の下痢には細菌やウイルスを吐き出す行為も含まれています。
つまり下痢止めを使用してしまった場合は体内からウイルスを排出するのが遅くなり回復が遅れる可能性が高くなるんです。

どうしても下痢をとめる必要がある機会に関しては使用しても良いかと思いますが、
基本的には下痢止めの使用を控えましょう。

無理して食べない

食事

勘違いしないでおきたいのは栄養のある食事を食べるのは大事です。
栄養のある食べ物は免疫力の向上にも繋がりますし食べるべきではあるのは間違いないんです。

ただし腹痛や下痢がひどい場合はすぐに吐き出してしまい体力消耗に繋がってしまいます。
ゼリーやおかゆ、アイスクリームなど紹介の良いものから少しずつ食べて行き、症状が治まってから栄養価のある食事を食べていきましょう。

間違っても刺激のある食事はNG。胃に負担をかけないようにしましょう。

こまめに水分補給を

水分補給

高熱に加えて下痢をしていると水分が休息に失われてしまいます。
特にまだ年齢の低い子供や高齢者の方は抵抗力が弱く脱水症状を引き起こす事も十分にあります。

なので水分補給に関してはこまめにしっかりとるようにしましょう。

病院に行く

病院

あまりにも腹痛や下痢がひどい場合は無理をせず病院に向かった方が良いでしょう。

腹痛や下痢に関しては大人に関しては内科に受診しましょう。胃腸科などでも対処してもらえるとは思いますが、
基本的には内科で診察してもらう形で問題ないでしょう。

もし子供が感染してしまった場合は小児科です。

・どういった痛みがするか
・腹痛や下痢以外の症状はあるか

といった事を聞かれると思うのでどういった状況を詳しく医師に伝えた上で診察してもらいましょう。

まとめ

夏風邪の下痢、腹痛の原因は?治し方や対処法について紹介してきました。

夏風邪特有の下痢や腹痛の症状は何日も続くので辛いものです。
感染する確率を少しでも減らすよう免疫力を上げたり感染力を断つようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク