食中毒予防の三原則について

食中毒 予防

食中毒で大事になってくるのが予防。

食中毒にならない為に正しい知識を見につけ予防をする事が一番重要です。
食中毒にならない為の三原則と実際食べ物や飲み物を保存する際の注意点など重要なポイントを抑えておきましょう。

スポンサードリンク

食中毒予防の三原則について

食中毒を予防する原則としては「付けない」「増やさない」「やっつける」
といった事が食中毒予防の三原則と言われています。

ひとつずつ確認していきましょう。

付けない、もちこまない

これは細菌やウイルスをつけない、もちこまないといった事です。

細菌やウイルスは生の食品に付着していたり、すでに感染している方との接触などでもちこんでしまう事が多いんです。
で、そのまま食事などにする事によって感染。食中毒になってしまうんです。

ここで大事になってくる予防としては

  • 調理の前に生魚や肉、卵などを使用した手を洗う事
  • まな板などの調理器具についてもしっかり洗う事
  • 食事前に手洗い、うがいをしっかり行う事

といった事が大事になってきます。

食事の前に細菌を口に入れないよう清潔な環境を整えましょう。

増やさない

細菌は10~60℃で増殖し、35度前後が特に増殖しやすいと言われています。
つまり夏場のじめっとした暑い時期は非常に活発的で増殖する時期なんです。

  • 10度以下の低音保存は基本。米などの常温保存のものでも日のあたらない出来る限り涼しい場所におく
  • 生鮮食品やお惣菜は冷蔵庫で保存。常温での放置はNG
  • 作り置きは早いうちに食べてしまう事

といった事が大事です。

冷蔵庫に入れておけば大丈夫!

と考えられている方もいるんですが、細菌は冷蔵庫内でも増殖してしまいます。
作り置きするにしても冷蔵庫で何日も保存せず翌日には食べきってしまいましょう。

やっつける

食中毒の原因となる細菌やウイルスのほとんどは一部を除いて加熱する事で死滅します。

逆を言えばしっかりと加熱しない事で食中毒になってしまうといった事がよくあるんです。

一般的に

  • 細菌は調理食品の中心部温度を75℃1分以上加熱
  • ウイルス(ノロウイルスが大半)は中心部温度を85~90℃で90秒間以上加熱

を基本としていますが、中心部温度はわからない事が多いです。
鶏肉など中心部に火が通りにくいものを調理する際は
「中までしっかり焼けている事を確認する事」

これが大事です。食事をする際にもちゃんと火が通っているか確認するようにしましょう。


スポンサードリンク

食中毒予防のポイント

食中毒予防の三原則を守る事がかからない為に大事になってきますが他にもポイントがあります。
ひとつずつチェックしていきましょう。

新鮮な食品を選ぶ

野菜

品質の劣化は細菌を増やす原因となります。
特に品質の劣化がはやい商品「消費期限」の商品については販売日が早いものを選ぶようにしましょう。

新鮮な食品を選ぶポイントとして

  • 肉類→肉の色が鮮やかでハリがあり脂身はツヤのあるものが新鮮
  • 魚類→目が濁ってないものやハリのあるもの。トレーなどに汁がたまっているものは鮮度が落ちている証拠
  • 卵→賞味期限が長いものを選ぶ
  • 野菜類→色が鮮やかで乾燥していないものを洗濯。へたがしなっているものや芯が変色しているものは鮮度が落ちている。

といった選び方があります。

ざっくりとした説明ですが、新鮮度を見極めるポイントを紹介しました。
旬の素材などは新鮮度も高く栄養価の高いものが多いです。
もちろんその中でも見極める必要がありますが、取り入れていくようにしましょう。

保存方法について

保存

三原則の時でも説明しましたが保存方法は重要な項目の一つです。

細菌は10度以下で活動が鈍りマイナス15度で活動停止します。
購入した商品などはすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れ鮮度を保つようにしましょう。

ただ上記でも説明した通り冷蔵庫内は活動が鈍るだけで繁殖はしていくので
作り置きをする場合は翌日には食べきってしまう事。
どうしても食べきれない場合は冷凍庫での保存をするようにしましょう。

手洗いで消毒をしっかり行う

食中毒 予防

食中毒に限らず何にでも言える事ですが、手洗いでの消毒は大事です。

いくら新鮮な食品を取り扱っても細菌が付着している事もありますし、外出中にも付着する事もあります。

手を洗うタイミングとしては

  • 調理前
  • 生魚や肉、卵などを使用する際
  • 食事をする前
  • トイレに行った際

といった事が主なタイミングで他にも食事前に何か触って汚れてしまった際にもしっかり洗った方が良いでしょう。

正しい手洗いを身につけよう。

手洗いをする時は子供もさる事ながら大人も手洗いを適当にすましがちです。
適当な手洗いは細菌やウイルスが付着したままの事が多いので結果的に体内に入れてしまう事が多いんです。

細菌では動画で正しい手の洗い方などもあります。
確認して最近やウイルスを付着したまま食事をしないようにしましょう。

まとめ

食中毒予防の三原則。手洗い以外にも重要なポイントについて紹介してきました。

食中毒の予防は加熱処理と手洗いについてはご存知の方も多いとは思うのですが、
保存方法など抑えるべき重要なポイントがあります。

予防をしっかり行い食中毒に感染しないよう気をつけましょう!

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク