プール熱の大人の症状をチェック。

プール熱 大人

プール熱は子供に感染しやすい症状で大人は子供に比べたら感染するケースは少ないです。
ただ、まったく感染しないというわけではなく大人も感染する事もあるんですね。

もし子供が感染してしまった場合は出席停止措置が取られますが大人は会社に出勤しても良いか?
この点も含めて確認しておきましょう。

スポンサードリンク

プール熱について

プール

プール熱はウイルスによる感染症の一つで名前の通りウイルスがプールを経由して感染する事が多い事からプール熱と呼ばれます。

プール熱の原因はアデノウイルス。毎年感染される方が多くインフルエンザの次に検出されやすいウイルスです。
主に夏に猛威を奮うウイルスで夏であってもウイルスに感染する事はあるんです。

主な感染は冒頭でも説明した通り子供に感染しやすい病気で主に9割が子供による感染です。
ただ逆を言えば1割は大人も感染するケースがあります。

また大人が感染する場合はプールではないケースが多いです。

感染経路について

プール熱は主にプールで感染する事が多いのだから入る機会の少ない大人にはほとんど関係ないのでは?

と思う方もいるのですが大人の感染経路は子供を経由した二次感染にあります。
アデノウイルスは感染力が強く

  • せきやくしゃみによる飛沫感染
  • 感染者のタオルやハンカチを共有したり嘔吐などの処理のウイルスを拾う接触感染

といった事で感染してしまうケースがあるんです。

家庭内のタオルを目やにや唾液が付着したタオルを共有する事によって感染する事もあります。

もし家族内の誰かが感染してしまった場合は
  • タオルやハンカチなど感染者と別々にする
  • 部屋の中でもマスクを着用する事。
  • 手洗い、うがいをしっかり行う
  • 出来る事なら感染者が触れたものは殺菌、洗浄を行う事

といった感じで対処した方が良いでしょう。
いくらなんでもやりすぎでは?と思う方もいるとは思うのですが、それほど二次感染する可能性があると思っていただければと思います。


スポンサードリンク

感染した場合会社に出勤しても良いかどうか

子供がプール熱に感染してしまった場合は学校保険法によって出席停止となります。
つまり保育園や幼稚園、学校に行く子供は登校する事が出来ません。

関連記事プール熱の出席停止の期間について

ただ感染時の出勤停止期間は特に定められているわけではありません。
つまり仮に感染していても出勤する事は可能です。

ただし以下の点については配慮しておいた方が良いでしょう。

少しでも症状が悪い場合は安静にする

睡眠

プール熱の症状については

  • 38度を越える発熱
  • 炎症によるのどの痛み
  • 目が充血したり痛み、目やにが出る
  • 嘔吐や下痢
  • 身体のだるさ
  • 頭痛

といった症状があります。ただこれは子供の症状であり抵抗力が強い大人は症状がそこまで出ない事もあります。

とはいえまったく症状が出ないわけではなく特に発症した当日や翌日は喉の痛みや発熱が出やすいです。
感染していても会社に出勤停止というわけではありませんが、少しでも症状が出ている場合は休んで安静にしておいた方が良いでしょう。

周囲の人に配慮をする事

マスク

子供に比べて抵抗力も高い為症状が出にくい為ただの風邪程度で済む事もありますが、ウイルスを持っている以上二次感染を起こす可能性は十分にあります。

なのでどうしても出勤しなければならない際は周囲の人に配慮をして拡大感染を防ぎましょう。

具体的には

・マスクを常時着用する事
・石鹸によりしっかりとした手洗いをする事(アデノウイルスはアルコールは効果が薄い)

といった事をしっかり行うようにしましょう。

感染した際の対処法について

チェック

もしプール熱に感染した場合の対処法についてですが、原因となるアデノウイルスには特効薬などはありません。
なのでもし感染してしまった場合は症状に応じた対症療法になります。

何か症状が悪くなった際は薬で対処しておきたい所なのですがそういった事が出来ないのが辛い所です。
夏風邪が治りにくいと言われる所以ですね。

  • 高熱が出た際は冷やしたタオルなどを使用して身体を冷やす
  • 下痢などの症状が出た場合はこまめに水分補給を行う事
  • 睡眠をしっかり取り抵抗力を上げる事

といった事を行いウイルスが身体から抜けるまで症状に応じた対処法を行いましょう。
症状がひどく出る場合は早めに再度病院に受診するようにしましょう。

まとめ

プール熱の大人の症状について紹介してきました。

大人だからあまり気にしなくても良い…というわけではないんですね。
特に周りで感染してしまった際は注意が必要です。

しっかりと予防や対処を行い拡大感染するのを防ぎましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク