プール熱の症状についてチェック。

プール熱 症状

夏に感染する事の多いプール熱。

夏風邪といわれている感染症の一つで子供に感染する事が多いのですが、
結膜炎。つまり結膜の充血や痛み目やになども伴うんです。

子供の目の充血や痛みが何度も続くとなると心配になってしまいますよね。
プール熱の症状について、また対処法なども含め確認していきましょう!

スポンサードリンク

プール熱の症状について

まずはプール熱の症状について確認しておきましょう。

プール熱について

・潜伏期間 4~7日
・発症期間 平均 3~5日 1週間以上続く事も
・症状   高熱、吐き気、下痢、のどの痛み、結膜炎による目の充血や痛み、食欲不振など 
・原因   アデノウイルスによる感染。


といった事がプール熱の主な症状となります。

風邪といえば高熱やのどの痛みなどが起こる事はご存知の方も多いとは思うのですが、
それに加えて下痢や結膜炎による目の痛みや目やにが出るのもプール熱の特徴です。

全ての症状が出るわけではない。

アデノウイルスは人によって症状が異なる事があり上記の事を全て発症する事もあれば
目の充血、目やにがひどいといった単体だけ発症する事もあります。

なので

  • 38度を超える高熱の症状
  • 目やにや目の充血が数日続いている
  • 高熱はないが、のどの腫れや痛みが出て辛い

といった症状が出てしまったのであれば子供が元気であっても一度病院に連れていった方が良いでしょう。

感染した場合は出席停止となる

NG

もし子供が感染してしまった場合、学校保険法により「出席停止」となります。
つまり幼稚園や保育園、学校には登校してはいけないという事になります。

プール熱に関しては症状が回復した後2日を経過するまで
登校してかいいかは医師の判断を受けてからの登校となります。

詳しい事については別の記事でまとめているのでそちらを参考にしてください。

関連記事プール熱の出席停止の期間や登校までの流れについて

子供からうつり大人も感染する事がある

プール熱 大人

連れていってしまった方が良い理由として感染力の強さがあります。
プール熱は子供に感染する事が多い病気ですが、咳やくしゃみ、感染者との接触で大人にも感染する事があります。

つまり子供からうつる可能性があるという事なんです。

もしプール熱と知らずそのままほっておいてしまったら家族全員にも感染が…
といったケースもあるほどです。

なのでプール熱と疑われる場合拡大感染を防ぐ為にも一度病院に行った方が良いというわけです。
大人がプール熱に感染してしまった場合は子供とは少し違う対処法となります。

こちらについても別記事でまとめましたので、もし感染してしまった場合は一度確認される事をオススメします。

関連記事プール熱の大人の症状や出勤の有無について


スポンサードリンク

プール熱の子供の対処法について

チェック

プール熱に感染してしまった場合の対処法については気をつけなければならない点があります
ひとつずつ確認していきましょう。

対症療法での看病

対症療法とは何?という方もいると思いますのでざっと説明すると

ウイルスを退治するのではなく症状に応じて対処する方法です。

・熱が出てしまったのであれば濡らしたタオルで身体を冷やし
・目の充血や目やにがひどい場合は目薬などをさす

などといった感じです。

ウイルスを退治すれば良いんじゃないの?
と思ってしまいがちなのですが

原因となるアデノウイルスにはワクチンが存在しません。つまりインフルエンザのような予防接種といったものも無いんです。

ウイルス

夏風邪が治りにくいといわれる所以です。

よく目薬を差して目の充血や目やにがなくならないといった事が起きるのは
ウイルスが存在しているのであくまで緩和しているに過ぎない。

といったわけなんです。根本的に治しているわけではないんですね。
上記でも説明した通り3~5日間はこのような状況が続きます。

ただ何もしないよりは当然した方が良いですし、ウイルスがいなくなるにつれて回復していきます。
症状に応じて看病していきましょう。

では主な症状の対症療法について確認しておきましょう。

高熱に対して

涼しい部屋で冷やしたタオルや氷枕で熱を下げるのが一般的です。
その際気をつけるのが水分補給。高熱と下痢を起こしている場合脱水症状を起こす原因となりかねません。

脱水症状気味であれば経口補水液が水分の吸収速度が速いのでおすすめです。
なくても水分をこまめに取る事よう気をつけましょう。

のどの痛みに対して

のどの痛みがひどいと子供は食事もしたがらない事も多いですね。
痛みが続く場合はのどごしの良い刺激の少ないものを取らせるのが良いでしょう。

おかゆやお茶づけも良いのですが、夏で熱い時期なのでヨーグルトやゼリー、野菜ジュースといったものがおすすめです。
のどの痛みが引いてきたら少しずつしっかり栄養のあるものを食べさせるようにしましょう。

目の充血、目やにに対して

目の充血や目やにに関しては先ほど紹介した通り目薬や清潔なタオルやハンカチで取ってあげるのが良いでしょう。
指などで触らないように注意。

また接触感染の恐れがあるので使用したタオルや目薬や家族の間で共有しないよう気をつけましょう。

まとめ

プール熱の子供の症状について紹介してきました。

プール熱は数日間続きその間は目やにや高熱といった症状が続く子供にとっては辛い症状になる可能性がある病気です。
症状に応じた看病はしつつも二次感染しないように気をつけましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク