ヘルパンギーナの症状について

腹痛

夏に感染しやすいヘルパンギーナ。
夏風邪のひとつとされておりウイルスに感染する事で発症する病気です。

毎年感染する方が多く年によってはニュースになるほど流行してしまう可能性があるほどなんです。
ヘルパンギーナの症状について確認していきましょう。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナについて

ヘルパンギーナはコクサッキーウイルスと言われるウイルスによって感染する病気です。

主に子供が感染しやすく熱やのどの痛みだけでなく腹痛や下痢なども起こしてしまう事もあります。

潜伏期間としては2~5日。発症してから2~3日ほど症状が続いた後次第に回復してきます。
主な症状についてひとつずつ確認していきましょう。

ヘルパンギーナの症状は腹痛や下痢になる事も

腹痛

風邪といえば熱やのどの痛みといった事が主な症状ではあるのですが
腹痛や下痢を起こしてしまう事があります。

ヘルパンギーナそのものに腹痛や下痢を起こすような症状は少ないのですが
下痢はウイルスそのものを排出するために起こる事もあるのでどんなウイルスや細菌であっても起こる可能性を持っています。

症状としてはそこまでひどくならず軽い症状で治まる事が多いのですが、
発熱も起こして消化器官の機能が弱くなり無理に食事するとひどくなり場合もあります。

腹痛や下痢はいつまで続く

もし下痢の症状が続いたとしてもウイルスが排出すれば症状が回復してきます。
ただ2~3日間は続く事があると思って良いでしょう。


スポンサードリンク

ヘルパンギーナの症状で熱なしでも注意

寝込む

ヘルパンギーナの症状のひとつとして高熱があります。
潜伏期間が過ぎ発症すると38~40度近い高熱を出してしまう可能性を伴っています。

小さい子供に38度を越える熱は体力を大きく消耗させ40度近くなると危険になる事もあります。
もし熱を出した場合は冷やしたタオルや氷枕で熱を冷ましこまめに水分補給を行いましょう。

感染してものどに水疱ができたり口内炎が出来たけど熱が出ないといった声も聞いた事があります。
ただそれは初期症状のうちが出ないだけで後から発熱も伴ってくる事もあります。

ヘルパンギーナはかなりの確率で高熱を出す可能性を持っています。
病院に行きヘルパンギーナと診断された場合身体を冷やすように心がけましょう。

ヘルパンギーナの症状は口内炎や水疱が出やすくよだれが出る事も

高熱と同じように出やすい症状として口内炎や水疱のような症状が現れます。
症状がひどい場合ばつばを飲むこむ事も出来ずよだれを出してしまう事もあります。

高熱に関してはウイルスがいなくなると同時に回復するので2~3日程度で回復するのですが
口内炎や水疱は口の中の粘膜を修復する時間がかかるので完治するまで1~2週間ぐらいかかる事があります。

食事は刺激の控えたものを

おかゆ

口内炎や水疱が出来てしまうと食事をするのも辛く子供が食べたがらない事もあります。
ただ何も食べずにいると栄養不足となり抵抗力が下がり余計に症状が悪化する可能性があります。

食事は極力刺激を抑えたものを中心に取っていきましょう。

具体的にはおかゆやスープ。暑いものを取るのも辛いのであればゼリーやアイスクリーム、野菜ジュースなど
少しずつ摂取していくようにしましょう。

口内炎や水疱が落ち着いてきたら少しずつ栄養価の高い食事を取っていく事で回復していくでしょう。

ヘルパンギーナの症状で嘔吐をする事も

ヘルパンギーナの症状であるコクサッキーウイルスは型によって胃腸炎を起こしてしまう事もあり
その結果嘔吐を引きこしてしまう可能性も持っています。

ウイルス性の嘔吐は大半は安静にしていれば2~3日ぐらいで治まります。
ただ1日に何度も嘔吐をしてしまうようであれば体力の消耗に繋がります。

あまりにひどい場合は再度病院へ行き対処しましょう。

ヘルパンギーナの症状が出た場合登園停止となる

保育園

もしヘルパンギーナに感染してしまった場合幼稚園や保育園や小学校は出席停止となります。
ヘルパンギーナは感染力が高く他の子に感染してしまう可能性を持っているんです。

その事からもしお子さんが感染してしまった場合は登園停止となります。

期間としては症状が完全になくなり回復した事が確認出来てから
つまり出席停止期間を決まっていません。

家で安静にして症状が完全に治まり医者の診断を受けて問題ないという事を受けてから登園する事が出来ます。
登園までの流れについては別記事でまとめているので参考にしてみてください。

関連記事プール熱の出席停止の期間は?幼稚園や学校に登校までの流れについて

まとめ

  • ヘルパンギーナの主な症状は高熱や口内炎、水疱といった症状
  • 口内炎、水疱がひどい場合はよだれを出してしまうことも
  • 食事は極力刺激の少ないものにする事
  • 腹痛や下痢といった症状が出る事もある
  • 嘔吐は安静していれば治る事も多いがひどい場合は再度病院へ
  • 感染した場合は回復するまで出席停止

子供が感染してしまった場合高熱や嘔吐などで水分が急速に失われる事もあります。
水分もこまめに取る事も心がけましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク