ヘルパンギーナの大人の症状と治療について

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは夏にかかる感染病で夏風邪といわれる病気の一つです。

主に乳児期に感染しやすく高熱や口内炎が出来てしまう厄介な病気なんです。
ただ乳児期に感染しやすいだけで大人でも感染してしまう事もあるんです。

子供とは感染経路も異なる事が多く一度感染すりと症状が重くなる事もあります。
ヘルパンギーナの大人の症状と治療法について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの大人の症状について

ヘルパンギーナについてあまりご存知でない方にざっと説明すると
コクサッキーウイルスと言われるウイルスによって感染する病気です。

ウイルス感染というと冬に感染するイメージが強いのですがアデノウイルスやコクサッキーウイルスといったものは
夏に感染する事が多く夏風邪の原因はこういったウイルスが原因です。

症状については主に

  • 38度を越える高熱
  • 口の中に出来る口内炎、水疱
  • のどの腫れ

が主な症状で腹痛や下痢、嘔吐も出る事があります。

高熱に関しては40度近く行く事もあり冷やしたタオルや氷枕などで身体を冷やすようにしましょう。

ヘルパンギーナに大人が感染するの?

疑問

ヘルパンギーナについてある程度ご存知の方は
「ヘルパンギーナ」は乳児期に感染しやすい病気だし、大人は感染しないのでは?」

と疑問に思った方もいるでしょう。
実際子供に感染しやすいという事は間違いありません。

感染経路としてはせきやくしゃみによる飛沫感染。
まだ抵抗力の弱い乳児期が保育園でせきやくしゃみでウイルスを拾ってしまい感染してしまうんです。

ただコクサッキーウイルスは感染力が強いウイルスで子供が感染して看病する際にウイルスを貰ってしまい感染するといったケースがあるんです。

大人の感染経路としてはほとんどが子供から貰ってしまうケースです。
特に疲労やストレスが溜まっていると抵抗力が落ちてしまいその際に感染するケースもあります。

感染する際も自分自身の体調を整えて予防する必要があるでしょう。

ヘルパンギーナに大人が感染しても熱が出ない?

熱

ヘルパンギーナに大人が感染した場合、大人は抵抗力が強いので熱が出ない事も
といった話が出ますがそんな事はありません。

潜伏期間中または潜伏期間の間は熱が出ず口内炎や喉の痛みなどの症状が先に出る事がありますが
日が経つにつれて高熱が出る事もあります。

症状が重くなる事も

またあくまで傾向ですが子供に比べて大人は症状が重くなる傾向にあります。
発症期間は2~3日程度ですが39~40度にも及ぶ高熱になってしまった場合体力も落ちてしまい回復も遅くなってしまいます。


スポンサードリンク

ヘルパンギーナの大人の完治までの期間について

今行った通りウイルスの発症期間は2~3日程続きそこから回復していくのですが
ひどい高熱だった場合は体力も落ちて取り戻すまでに時間がかかる可能性が高いです。

体力が回復するまで1週間はかかると想定しておいた方が良いでしょう。
ただこれはあくまで体力だけに限っただけの話、

口の中の口内炎や水疱(口の中の水ぶくれ)が出来た場合は皮膚が治るまでに時間がかかります。
口内炎や口の中やのどに出来た水疱が消えるまで1週間。そこから治るまでの計2週間はかかると思って良いでしょう。

子供の病気ではあっても抵抗力が強い大人でも完治するまでが長く厄介な病気なのがヘルパンギーナなんです。

ヘルパンギーナの大人の治療について

チェック

ヘルパンギーナの大人の治療についてですが、
ヘルパンギーナには特効薬がないので症状に応じて対処する対症療法となります。

ウイルスが発症している2~3日間はずっと症状が続くと思ってください。
ただウイルス性の症状は特に治療をしなくても時期に治ってくるものだと思った上で以下の事をしてください。

水分補給をこまめに行う

水分補給

ヘルパンギーナに限らず夏風邪全般に言えるのですが、熱も高熱で下痢や嘔吐をしてしまう可能性がある為に
水分が急激に失われ脱水症状を起こしてしまう可能性があります。

のどの痛みや口内炎がひどくても水分補給だけはこまめに行うようにしましょう。

食事は極力刺激の少ないものを

ヨーグルト

病気などになってしまった場合は栄養のある食事を取りぐっすりと寝る。
といった事が定番であり抵抗力を高めるといった意味でも正解です。

が、ヘルパンギーナの場合口内炎や口や喉の水ぶくれによってまともに食事を取れない事も多いんです。
おかゆやお茶漬けといったものですら熱さで喉が通らない事もあります。

ポイントとしては

  • のどごしの良いもの
  • 刺激の少ないもの
  • 高温でないもの

といった事が大事になってきます。
ヨーグルトやゼリー、アイスクリーム、冷たいそばやうどん、そうめん
といったのどごしの良いものを中心に食事を取る事をしましょう。

注意

のどや口内の痛みがひどくて食事を取らない方もいますがそれでは栄養不足となりよけいに症状が悪化する事もあります。
出来る限り食事を取りのどの痛みなどが引いてきたら少しずつ栄養価の高いものをとってくるようにしましょう。

ヘルパンギーナの一番の課題は食事をどうやって取るかといった事でしょう。

ヘルパンギーナに大人が感染した場合の薬について

上記で紹介した通りヘルパンギーナに対しての特効薬はないのですが薬に頼りたいという気持ちはあるでしょう。

症状からして解熱剤、口内炎の痛み止め、うがい薬になってくると思います。

解熱剤

まず解熱剤についてですが、むやみに使う事はおすすめ出来ません。

というのも体内のウイルスと戦っている為に熱が出る為に無理に解熱するという事は症状が長引く傾向にあるんです。
とはいえあまりの高熱で危険になっては元も子もありません。

なので市販の解熱剤よりも病院へ行き処方されたものを飲むようにしましょう。
また市販のものを購入する際も医師の相談の元購入するようにしましょう。

口内炎や喉の痛み

原因がウイルスである為にケナログといった口内炎の際に使うものは治すという意味では効果が出ない事が多いです。
ただし痛みを和らげる意味ではあっては効果があるので利用しましょう。

痛みを抑える意味では貼るタイプも使われる方がいますが、口内に数多く出来る事も多く水ぶくれが出来る事もあるので
どちらかといえば塗るタイプがオススメです。

喉の痛みに関しては鎮痛効果のあるうがい薬が有効です。
こちらに関しても治すのではなくあくまで痛みを一時的に抑えるものとして利用しましょう。

鎮痛効果のあるうがい薬としてはアズレンといったものが有効です。
ただどちらにしても根本的には解決は出来ません。

医師の相談の元で利用した方が良いでしょう。

まとめ

ヘルパンギーナの大人の症状と治療。痛みはいつまで続くかについて紹介してきました。
子供にかかりやすいとはいっても大人が感染しても症状がひどく辛い思いをしてしまいます。

子供が感染してしまった場合は
マスクや手洗い、うがいを徹底的に行いましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク