手足口病の症状についてチェック

口内炎

夏の時期になると子供を中心にかかる事の多い手足口病
夏風邪のひとつとされておりウイルスに感染する事で発症する病気です。

その中でも手足口病は熱だけでなく口内炎やのどの痛みなどもあり辛い症状なんです。
治癒方法も含めて確認していきましょう。

スポンサードリンク

手足口病の子供の症状について

手足口病はその名前の通り手や足の裏、口などに発疹や口内炎、水ぶくれなどが出るウイルス性の感染症です。

ウイルスというと冬に感染しやすいと思われる方も多いのですが、夏にも感染する事も多く
夏風邪といわれている病気のほとんどはウイルスに感染によるものなんです。

子供が感染する主な症状としては

  • 口や手のひら、足の裏などに水ぶくれ状の発疹、口内炎
  • くしゃみや咳、鼻水が出る
  • 寒気がする
  • 発熱

が主な症状です。発熱に関しては他の夏風邪に比べると高熱になる事も少なく熱を出さない事もありますが、
手や足のぶつぶつや口内炎は一つや二つではなくかなりの数が出る事もあり腕全体やおしりなどにも出てしまう事もあります。

ひどい時はあまりのぶつぶつに大丈夫だろうかと心配になってしまう程発疹が出る事もあります。
口内炎も何個も出来る事もあったり、喉の奥にも水ぶくれになったりと辛い症状になりやすいのは手足口病の特徴です。

実際私の周りに感染した人では

・水を飲むのもしんどい
・足の裏に出来た時は歩くのも辛かった
・食事をまともに食べられない

子供 高熱

といった体験をしていました。実際手足口病は普段の生活に支障が出る程痛みがある病気なんです。

大人が感染する事も

手足口病の大半は抵抗力の弱い乳児期にかかります。

・ただ感染している子供のせきやくしゃみによる飛沫
・便の処理(おむつ交換など)の際にウイルスが付着してしまった

といった感染経路を経由して大人でも感染する事があります。

症状としては子供と同じような症状が出るのですが、大人は重症化する傾向があり
子供の場合あまり熱が出なくても大人では40度近くになる事もあります。


普段の生活がままならない程辛い事もあるのでもし家族が感染した場合予防を徹底的に行った方が良いでしょう。

手足口病の症状で子供が口内炎になった時の対処法

口内炎

手足口病で子供が口内炎に出来ると何個も出来る事があります。
口内炎がひとつ出来るだけで辛いのに何個も出来てしまうと子供が泣いてしまう程の痛みで何も口にしたがらない程です。

手足口病はウイルスが原因。インフルエンザのようにワクチンが効く薬ではない為に根本的に治す事は出来ず、
ウイルスがいなくなるのを待つしかありません。

期間としては症状が出てから1~2週間。ウイルスがいなくれば回復していきますのでその間は症状を和らげつつしのぎましょう。

病院に行くと炎症を抑える薬や洗口液、ビタミン剤、熱とかがひどいときは解熱鎮痛剤
といったものが処方されるかと思います。

根本的な解決になる事はありませんがこれらを飲む事で痛みは多少は緩和されるでしょう。

とはいえピーク時は口内炎が何個も出来ている事もありこれらでは痛みが治まる事がありません。
なので極力刺激の少ない食事が重要となってきます。

基本的には処方されたものを症状が治まるまで使う事になりますが劇的に効果のあるものはないと思って良いでしょう。
口内炎パッチなどは水分が触れない分痛みが緩和されます。

小さいものであればパッチで対応するのもありでしょう。


スポンサードリンク

手足口病の症状の子供の治癒の方法について

口内炎でも説明しましたが手足口病の原因となるウイルスには特効薬がありません。

なので症状に応じて対処する対症療法となり。ウイルスが治まるまで待つしかありません。
発症してから1週間ほどで症状が回復してきますが完治するまで2週間ぐらいはかかると思って良いでしょう。

発疹がかゆい場合

かゆみ

発疹が起きるとかゆみを伴う事が多くなってきます。
ただここでかいてしまうと水ぶくれが破れてしまい後に残ってしまう事もあります。
その事からもかゆくても出来る限りかかないようにしなくてはなりません。

対策としてはまずは冷やす事
冷やす事で感覚が鈍りかゆみが一時的に治まります。

氷袋や保冷剤などをまいたタオルを使用して患部を冷やしましょう。
抗ヒスタミン剤の塗り薬なども効果があると言われていますがどれが良いのか判断に困る事が多いので
実際に購入する際は医者や薬剤師に相談してみましょう。

発熱した場合

発熱を起こしてしまった場合は解熱剤を使われる方も多いのですが、
発熱はウイルスと戦っている証拠。

無理矢理熱を下げるとウイルスが長く居座り症状を長引かせる結果となるんです。
なので解熱剤は極力控えましょう。

とはいっても高熱が続くのは体力を消耗させてしまいます。

氷枕やタオルで身体を冷やしつつ身体の熱を抑えましょう。
高熱で症状がひどい場合は再度病院に行き点滴などを受けるようにしましょう。

手足口病の症状で子供はどこに受診すれば良い?

病院

もし手足口病の症状が出てしまった場合は早いうちに病院へ受診するようにしましょう。
子供が受診する場合は小児科が主で皮膚がひどい場合は皮膚科になります。

小児科では子供が感染する病気などを専門に取り扱っており手足口病に関しても対応してくれます。
症状がひどくなる前に早いうちに行くようにしましょう。

まとめ

手足口病の症状について紹介していきました。

手足口病は夏風邪の中でも特につらい症状です。
感染者の看病をすると共にうつらないようマスクや手袋を着用する、手洗いうがいを徹底的に行うようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク