子供の尿路感染症の症状について

尿路感染症 症状

大人だけでなく子供、または赤ちゃんにも感染する事のある尿路感染症。

大人であれば排尿痛や頻尿で異変に気付くこともあるのですが、
特に小さい子供の場合訴える事も出来ないので気付きにくい事もあるんです。

ただ治療が遅くなると腎臓などに障害を起こしてしまうという怖い危険も
子供の尿路感染症の症状や原因について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

尿路感染症の症状による発熱について

まず尿路感染症について確認しておきましょう。

尿路感染症とは文字通り尿の通り道に感染を起こしてしまう症状で
何かの原因で尿道口から細菌が進入して炎症を起こしてしまう病気です。

主な症状としては

  • 発熱
  • 膀胱炎による排尿痛、残尿感
  • 下腹部痛、下痢

といった症状があります。

発熱は38度近くまでなる事があります。
感染している間は高熱が続く事もあるので水分をこまめに与える事が大事です。

また尿路感染症に長く感染していると腎臓へのダメージに繋がります。
感染した場合早く治療する事が重要になってきます。

尿路感染症の症状で赤ちゃん(1歳)時の見極め方について

疑問

とはいえ、1歳時の赤ちゃんなどは排尿痛や下腹部痛になったとしても上手に訴える事が出来ず、
「今日は不機嫌なのかな?」

で終わってしまう事もあります。
ただ以下のような症状、または様子があれば尿路感染症の可能性があるので確認しましょう。

風邪っぽくもないのに高熱が続く

せきや鼻水をたらしている様子もないのに高熱が続く。
といった様子は尿路感染症の特徴です。

赤ちゃんは抵抗力が弱いので色んな病気に感染する可能性を持っているのですが、
風邪っぽくなくないのに熱が止まらないといった病気はあまり多くありません。

逆を言えば尿路感染症の可能性があるでしょう。

嘔吐や下痢をする

これは風邪の症状でも起こす事もあるので見分けがつきにくいのですが、
尿路感染症による腎臓などの負担によって嘔吐や下痢をする事があります。

熱とセットで嘔吐や下痢をしている際は要注意です。

排泄時に不機嫌になる

排尿痛の症状が出ている場合赤ちゃんは排泄時に不機嫌になる事があります。
日頃の様子を見ている事も大事なのですが、排泄時に何か不機嫌になっている?

と感じたのであれば感染している可能性があります。
排泄時は赤ちゃんが便秘になっている事が原因で不機嫌になる事もありますが、おしっこの際に不機嫌になっているのであれば尿路感染症の可能性があるでしょう。

といったように上記のような症状または様子が出ている場合は尿路感染症の疑いを持った方が良いでしょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんの尿路感染症の原因は大腸菌

細菌

尿路感染症の原因についてですが、ほとどんが大腸菌などの細菌によって感染してしまいます。
夏場であるとアデノウイルスの進入による感染もありますが、基本は細菌による感染が主な原因です。

そもそも赤ちゃんが大腸菌による感染してしまう原因なのですが、先天的に尿路に異常がある事です。
赤ちゃんの場合尿路に異常がある事は多く3才以下の尿路感染症の半数以上の原因はこの事が原因。

尿が尿管へ逆流してしまいその結果大腸菌に進入を許してしまうんです。
なのでいくら毎回清潔に拭いたとしても感染してしまう可能性があります。

尿路の異常については成長すれば改善していきます。ですがもし赤ちゃんが感染した場合は治った後に検査もした方が良いでしょう。

尿路感染症には薬の服用や抗生物質を投与

病院

もし子供が感染してしまった場合は小児科や泌尿器科へ行きましょう。
診断としてはまず尿に細菌がいるかを確認する事で診断してもらい、大腸菌などの菌がいた場合尿路感染症と診断されます。

原因は細菌による感染なのでもし尿の中に細菌が見つかった場合は抗生物質を投与になります。
投与して菌が死滅して炎症が治まるまで続ける事で回復を目指す形になります。

数日で熱が下がる事が多く1週間程度かけて治療する事で治っていく事が多いです。
高熱が続く場合は点滴治療にもなってくる事があります。

が基本的には抗生物質の投与で回復していくでしょう。
入院する事もありますが、完全に回復するまでしっかり治していきましょう。

まとめ

子供の尿路感染症の症状について解説してきました。

子供、特に赤ちゃんの場合は普段の様子を見ている事が早期発見に繋がります。
少しでもいつもと違う、または異変を感じるのであれば早いうちに病院に行くようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク