アデノウイルスの検査について

アデノウイルス 検査

アデノウイルスに感染すると38度を越える高熱が続いたり下痢や嘔吐が出たりと大変ですね。
しかも感染力が強い為検査をして感染されているかどうか確認される方もいます。

でも医者によっては検査をされない方もいます。それにはとある理由があるんですね。
アデノウイルスの検査方法について詳しく解説していこうと思います。

スポンサードリンク

アデノウイルスの検査方法について

アデノウイルスには検査キットというもので検査されます。
綿棒などでのどや鼻の免疫をとって検査する方法で時間としては10分程度で結果が出る簡単な検査方法です。

もし感染しているのであれば陽性と判断されて感染していないのであれば陰性となります。
陰性である事を願いたい所ではあるのですが、陽性と判断された場合はウイルスがいなくなるまで対処していく必要があるでしょう。

アデノウイルスの検査をしない事も

疑問

アデノウイルスの検査キットについてですが、医者によっては検査をしないまたはしてくれない事があります。
「検査にきたのに検査してくれないとは不親切だなぁ」

と感じる方ももしかしたらいるのかもしれませんが、

アデノウイルスには特効薬となるワクチンがありません。
つまり熱が下がったら冷やすなど症状に応じた対症療法なので検査してもしなくても対処法が変わらないからです。

まぁ話せば検査してくれる事がほとんどだとは思いますが、診断した結果アデノウイルスが原因と間違いないと判断したのであれば検査をしてくれない事もあるという事を頭に入れておきましょう。

アデノウイルスの検査の費用は?

アデノウイルスの検査は保険の適応がありますので負担は一部負担になります。
値段は病院によって違うのですが相場としては3000円程度です。

値段は病院によって若干違う事はありますが検査の内容は差はほとんどありません。
相場より明らかに高い病院であれば他で検査してもらった方が良いでしょう。

自由診療のような全額費用だとちょっとした検査だけでも1万円以上かかる事もありますので値段については一安心といった所ですね。

アデノウイルスの検査のタイミングについて

とはいえ検査のタイミングとしてはいつ行えば良いの?

疑問

と疑問に持つ方もいるかと思います。
検査はあくまで検査。感染しているかどうかを確認したいので主なタイミングとしては

  • 学校でアデノウイルスが流行っている
  • アデノウイルスが発症して感染しているか確認したい

この2点かと思います。

学校でアデノウイルスが流行している場合はあくまで予防です。
もし流行っているようであればあらかじめ検査して陰性、つまり感染していない事がわかった事でとりあえず一安心出来るといった感じですね

とはいえ上記でも紹介した通りアデノウイルスは感染力が強いのでしっかり予防をする必要があります。

  • 流行時は夏でもマスク着用
  • 手洗い、うがいは徹底的に
  • ハンカチやタオルは共有しない
  • といった感染源を絶つ事が大事ですね。

    また高熱やのどの痛み、目やにが出るといったアデノウイルスの症状が出ている場合に
    実際に感染しているかを確認する際に検査する事もあります。検査のタイミングとしてはこちらの方が多いです。

    検査して要請、つまりアデノウイルスが感染してしまったのを確認できた際は症状を悪化させないような対処が必要となってきます。
    感染中数日間は症状が治まらないのですが

  • 水分補給をこまめに行う
  • 睡眠や栄養のある食べ物を取り抵抗力を高める
  • 冷やしたタオルや氷枕で熱を冷ます

ウイルスは発症後数日経てば自然治癒して症状が回復していきます。
発症期間中は症状を悪化させないよう看病しましょう。


スポンサードリンク

アデノウイルスの検査の病院はどこへ行けば良い

病院

アデノウイルスの検査についてですが、子供が感染したまたは心配で受けたい場合は小児科で問題ないでしょう。

大人が感染している場合は症状によっても変わってきますが、

目の症状がひどい場合は眼科
発熱や下痢などの症状が出ている場合は内科

といった感じで良いでしょう。

検査自体はどこへ行っても変わらないのですが、症状に応じた病院へ行く事で速やかな対処をしてくれます。
少しでもアデノウイルスの症状かなと思ったら早いうちに診断するようにしましょう。

まとめ

アデノウイルスの検査について詳しく解説してきました。

ワクチン等がない為に検査をしても意味がないと感じる方もいるかもしれません。
実際医者でも検査を行わない方もいるぐらいですしね。

ただ、検査して感染していない事でほっとする部分ともし学校で感染している方が多いのであれば予防を早く行う事が出来ます。
感染していないか少しでも不安を感じるのであれば検査を行ってみてはいかがでしょうか?

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク