おたふく風邪の症状について

おたふく風邪

子供に感染しやすいおたふく風邪。

感染してしまうとアゴの部分が腫れておたふくのような顔になるから名づけられた病気なのですが
ウイルスが原因という事もあり周りにも感染させてしまう恐れがあります。

また最近になっておたふく風邪に感染してしまった場合出席停止措置が取られるようになりました。
症状とともにチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

おたふく風邪の症状。子供が感染した場合について

おたふく風邪というのは「ムンブスウイルス」というウイルスによって感染するウイルス感染症です。
春から夏にかけて感染する事が多いのですが最近では年中に感染する報告があります。

冒頭でも説明した通り子供に感染しやすく特に4~5歳時は感染しやすいので注意が必要です。

症状についてざっとまとめると

おたふく風邪について

・潜伏期間 2~3週間
・発症期間 5日~1週間。その後回復していく
・症状   発熱や鼻水、耳の下の部分の腫れや炎症

といった感じです。潜伏期間が非常に長くどこで感染したのかわからない事が多いですね。
もし学校などで感染している事があれば要注意。

非常に感染力が強く一部の人が感染しているのであれば実は他の人も感染している可能性が十分にあります。
症状が出ていなくても予防接種を打っておくべきでしょう。

潜伏期間を経て症状を現れてくるのですが、熱に関しては数日で落ち着いてきますが、
発熱や鼻水、耳の下の部分の腫れや炎症は1週間ぐらい続きます。

痛みがひどい場合は冷却シートなどで患部を冷やして痛みを軽減させましょう。

一度感染すると再発はほぼない。

チェック

一度おたふく風邪に感染した場合抗体が出来るので再発する事はほぼありません。
「抗体を作ってもインフルエンザみたいにまた感染する事はないの?」

と疑問に思う方もいると思うのですが、インフルエンザは年によってウイルスの型が変わるので
抗体が出来でもそれはインフルエンザの中のひとつの型であって別の型には対応していません。
その事から何度も感染する事があるんです。

おたふく風邪に関しては抗体が出来れば抗体が変わる事は低いので再発する事はほぼないんですね。
…と、「ほぼ」という言葉を繰り返し使用したのですが、再発するケースが報告されているんですね。

原因は不明な事が多いのですが睡眠不足やストレスなど抵抗力が落ちた際にかかるケースが例にあります。
とはいえほとんどないものと思って問題ないでしょう。

おたふく風邪の症状はうつる事も

上記でも説明しましたがおたふく風邪の原因となるムンブスウイルスは感染力が強いです。

感染経路については接触感染や飛沫感染などがあります。

・接触感染については

  • 感染者のタオルを使用する
  • 感染者の触ったドアノブやスイッチにウイルスが付着してそこを触って口元に持っていく
  • 看病していた際に付着

といった事があります。
家庭内で感染者が出てしまった場合には消毒や手洗いうがいを徹底的に行う必要gああります。

飛沫感染についてはせきやくしゃみによりウイルスが付着するケースです。
会話中でも唾液が飛んで感染する事があるので注意が必要です。

感染者が出てしまった際はマスクをとりつけ飛沫感染を防ぎましょう。

大人が感染する事もある

くしゃみ

といった感じで感染経路について説明しましたが、大人が感染するケースもあります。

子供などが感染した時に上記のような接触感染や飛沫感染によって感染してしまうケースがあるんです。
さらに感染してしまうと子供以上にひどい症状になるケースがあり熱が40度近くなる事もあるんです。

家族内で感染してしまった際は予防をしっかり行うようにしましょう。

関連記事予防接種の大人の症状について


スポンサードリンク

おたふく風邪の症状による子供の予防接種について

おたふく風邪にはワクチンがあり予防接種を受ける事が出来ます。

予防接種の効果としては接種をする事で

・90%感染を防ぐ事が出来る
・もし感染してしまったとしても症状は軽くすむ

といった事でかなりの効果があるんですよね。
ただおたふく風邪は保険が適応にならない自費接種なのでそれなりの値段がします。

値段については病院によってばらつきがあるのですが4~5千円程度が相場となっています。
ただ安い所ですは2000円程度の所もあれば1万円近くする所もあります。

値段を自由に決める事が出来る為人件費など病院内の経費によって大きく異なってくるんです。
値段が高いからといって効果が特にある…というわけではないのであまりに高い場合は他の病院にあたってみても良いでしょう。

おたふく風邪に子供が感染した場合出席停止に

学校

もしおたふく風邪に子供が感染してしまった場合は出席停止扱いとなります。
要は感染中は学校に出席してはいけませんよって事です。

おたふく風邪の出席停止期間については割と最近に改定されて
「耳や顎の下、口内の下の部分が腫れて5日を経過した上で全身の状態が良くなっている事。」

以前は確か耳の下の部分の腫れが消えるまでだったと思うのですが、改定されて少し厳しくなりました。
という事で少なくても5日は幼稚園や保育園学校に出席してはいけません。

また治った際も「出席許可証」「治癒証明書」といったものが必要になってくる事が多いです。
学校に連絡してもし必要であるのなら回復した後病院で診察してもらい完治した事を証明する為に記載してもらいましょう。

まとめ

おたふく風邪の症状について紹介しました。

おたふく風邪は誰かが感染するとあっという間に広がりやすいです。
もし周りに感染してしまった場合は手洗い、うがいを徹底的に行い場合によっては予防接種も受けるようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク