アデノウイルスの結膜炎が完治するまでどれぐらいかかる?

はやり目

アデノウイルスの症状のひとつである結膜炎

感染してしまうと目の充血や目やにが大量に出てしまいひどい場合は目があけられなくなるぐらい出る事があるんです。
また完治までの期間も他のウイルスに比べて長く対処も辛抱強く必要があります。

アデノウイルスの結膜炎の完治までの期間と対処法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

アデノウイルスの結膜炎の症状について

アデノウイルスの結膜炎の症状についてですが、
見た目としてはまず白目の部分が真っ赤になり目やになど出る傾向にあります。

初期の頃は片目だけ目が充血する事もありますが、後になって両方とも症状があらわれます。

主な症状としては
  • 白目が充血する
  • 目やにが大量に出る
  • 目に痛みが生じる事も
  • 光がまぶしく感じる
  • 異物感がある
  • まぶたがはれる
  • 涙がとまれない
  • 白目がブヨブヨする事も

といった症状が出ます。
全ての症状が出るわけではないですが、目の充血や目やにに関しては症状として表れやすいと思ってください。

目やにに関しては本当にビックリするほど出る事があり最悪目が開けられないほどです。
目に少しでも異常を感じられるのであれば一度病院で診察してもらった方が良いでしょう。

アデノウイルスが原因となる感染症で「はやり目」と「プール熱」が結膜炎になるのですが、
特にはやり目の方が結膜炎に関しては症状がひどく表れる事が多いです。

アデノウイルスの結膜炎の完治までの期間について

期間

ウイルス感染といえば発症してから1週間以内で症状が治まり完治する事も多いのですが、
アデノウイルスが原因となる結膜炎に関しては完治までの期間は長いです。

アデノウイルスの結膜炎に関しては抗体が出来るまでに1~2週間はかかります。
つまりその間は結膜炎の症状が続く事になります。

平均して10日間ぐらいといわれていますが、角膜にまで炎症を起こしてしまうと
完治するまでに1ヶ月以上かかる事もあります。

病院でもらう目薬やしっかりと休息をそればそれほど角膜までの炎症はそこまで心配する必要はありません。

ただ症状としては完治するまでに1週間以上続くという事を覚えておきましょう。


スポンサードリンク

アデノウイルスの結膜炎が治るまで登園や登校が出来ない

学校

アデノウイルスに関する病気に感染してしまった場合治るまで保育園や幼稚園、学校に登園、登校する事が出来ません。
プール熱やはやり目といったアデノウイルスが原因となる感染病は学校伝染病に指定されている為に

完治して病院に許可をもらうまでは休む必要があるんです。
完治までの期間でも説明しましたが、出席出来るまでは平均して10日ほど。長い場合は2週間以上かかる事があります。

その間は完治するまでしっかり休息を取るようにしましょう。

関連記事アデノウイルスの学校の出席停止の期間から登校までの流れについて

アデノウイルスの結膜炎の治療について

チェック

アデノウイルスには残念ながら有効なワクチンがない為に
ウイルスがいなくなるまで症状を抑える対症療法となってきます。

具体的には病院で処方される点眼薬を使用してしっかり休養を取り体力を落とさない事が重要になります。

過剰に点眼するのはNG

NG

点眼薬には主に細菌感染を防ぐ抗菌剤と炎症を抑える抗炎症剤が含まれています。
点眼薬をすれば症状が治まりますがそれは一時的。

繰り返しになりますが抗体が出来るまでは症状が出続けるんです。
なので点眼薬はあくまで補助的な役割なのですが、過剰に使用してしまうとかえって増殖してしまう事があります。

医師から使用についてしっかりと聞いて用法用量を守って使用するようにしましょう。

まとめ

アデノウイルスの結膜炎について紹介してきました。

完治するまでの期間も長く目があけられないほど辛い時もあります。
病院で処方された点眼薬などを使用しつつ抵抗力を下げないようしっかり休養を取るようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク