アデノウイルスの下痢について

下痢

アデノウイルスの症状のひとつに下痢が起こる事があります。

アデノウイルスは小さい子供がかかりやすく特に乳児期に感染してしまうと重症になってしまう事もあるんです。
下痢はいつまで続くか、また対処法などについても確認していきましょう。

スポンサードリンク

アデノウイルスの下痢の期間はいつまで?

アデノウイルスは5日~1週間(はやり目の場合は1~2週間)の潜伏期間を経た後に発症。
下痢や腹痛どの症状として現れます。

症状としてはおおよそ3~5日ほど続き、その後少しずつ治まってきます。
なので下痢が完治するまではおおよそ1週間ぐらいはかかると見積もっておいた方が良いでしょう。

下痢以外の症状については他にも

  • 38度近くなる高熱
  • 関節痛
  • 吐き気
  • 結膜炎による目の痛み、目やに
  • のどの痛み

といった症状が出ます。

アデノウイルスにも色んな型があり上記の症状が全て出るわけではありません。
ただこのような症状が見られる場合は一度病院に行って診察してもらった方が良いでしょう。

アデノウイルスの下痢。赤ちゃんや子供の症状について

アデノウイルスの下痢の特徴としては

  • 下痢とともに腹痛
  • 水っぽい下痢
  • のどの痛みを同時に伴う事も
  • 嘔吐についてはそこまで起こらない

といった特徴があります。

乳児期や小さい子供の弁については柔らかくてゆるい事が多いのですが、下痢になってしまうとさらに水っぽくなり水分が失われてしまいます。
アデノウイルスは1年中感染する可能性がありますが、特に夏の時期に感染しやすいウイルス。

脱水症状を起こしてしまう可能性があるのでこまめに水分補給を行うようにしましょう。
またウイルスに感染してしまうと下痢とともに嘔吐もよく起こりやすいのですが、アデノウイルスに関しては軽度である事が多いです。

アデノウイルスの下痢は食中毒などに比べれば軽度である事が多いですが、熱などの症状も出してしまうと体力が急激に失われてしまいます。
顔色が悪くぐったりしたり、便に血液などが混じっている場合は症状がひどくなっている事が多いので早いうちに病院に行くようにしましょう。


スポンサードリンク

アデノウイルスの下痢の際の対処法について

チェック

下痢の症状が出ている場合は食事や水分補給を特に気をつける必要があります。
ひとつずつ確認していきましょう。

食事について

おかゆ

食事に関しては栄養素の高いものを食べさせるのが良い

…と体調が悪い時によく聞く話ではあるのですが、栄養の良い牛乳や肉、魚類は腸に負担をかけてしまいます。
なので下痢の症状がひどい場合は栄養のあるものよりもこまめな水分補給と腸を休ませる事を大事にしましょう。

食物繊維の多い食材(ゴボウなど)も胃に負担をかけてしまうのでNG

といった感じでざっとまとめると

下痢がひどい場合

  • リンゴのすりおろし汁
  • お粥
  • お茶漬け
  • 食物繊維の少ない野菜スープ
  • 白湯など
  • 少しずつ回復してきた時

  • うどん
  • 薄めの味噌汁
  • リンゴ、バナナ
  • 柔らかく煮た野菜など
  • 控えた方が良いもの

  • 刺激の強いもの(カフェイン飲料、香辛料、炭酸飲料)
  • 繊維の多いもの(ごぼう、タケノコ、レンコンなど)
  • 消化の悪いもの(肉類、菓子全般)
  • 油分の多いもの全般

といった感じです。
まずは食べる量を少なくして調子を取り戻したら少しずつ回復させていきましょう。

水分補給

水分補給

下痢を起こしてしまうと水分が失われるとともにナトリウムやカリウムといったイオンが失われてしまいます。
この状態が続く事により脱水症状が起こりやすくなってしまいます。

なのでこまめに水分補給するとともにイオンが補給出来る経口補水液を飲ませると症状が改善されやすくなります。
以前であれば水に砂糖や食塩を入れて自分で作る事も多かったのですが

参考:クックパッド 経口補水液の作り方

最近ではOS-1というコンビニでも販売されている経口補水液があります。
主に調剤薬局やドラックストアなどで販売されているのでもし近くにあるのであればそこでお買い求めするのも一つの手段でしょう。

もしないのであれば参考で紹介した作り方で飲ませましょう。

アデノウイルスの下痢の際の洗濯も注意が必要

注意

下痢の症状が出てしまうと下着が汚れてしまい何度も洗濯する事になると思います。
なので普段よりも洗濯が大変になるのですが洗濯時に注意したいのが感染者と別々に洗う事。

下痢にはウイルスが付着しているのでもし一緒に洗ってしまうとウイルスが付着する恐れがあるんです。
洗濯をすればウイルスも洗い流される事もあるのですが、絶対ではありません。

おう吐物がついた衣服については塩素系のハイター消毒が一般的とされています。
色あせてしまう可能性もあるのですが、嘔吐がべったりとついてしまった場合はしっかりと除菌するようにしましょう。

手間ではあるのですが、感染のリスクを考えるのであれば別々にする事をオススメします。

まとめ

アデノウイルスの下痢の症状について紹介していきました。

下痢の対処をしっかりしないとウイルスが付着してしまい二次感染する恐れがあります。
オムツなどを捨てた際はすぐに手洗いなどを徹底的に行いましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク