突発性発疹の外出について

外出

突発性発疹にかかってしまうと発熱の上に赤い発疹が出てきます。

1歳前後の赤ちゃんにかかりやすく初めての病気の事もあるのでお母さんは驚いて心配になる事も多いでしょう。
外出して買い物をするにも症状がどの程度まで回復してから外出していいかわからないと思います。

今回の記事では突発性発疹になってしまった場合の外出はいつからしても良いかについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

突発性発疹について

突発性発疹

まずは突発性発疹について軽く確認しておきましょう。

突発性発疹とはヒトヘルペスウイルスというウイルスに感染する事で症状に表れる感染症です。

主な症状としては

  • 38度を越える高熱
  • 赤い発疹

などがあげられます。感染した場合まず症状として現れるのは高熱
高熱は2~3日間の間38~40度ぐらいの高熱を出してしまいます。

ウイルスに免疫が出来れば少しずつ回復していくのですが、それまでは濡れたタオルなどで首の付け根やワキの下を冷やすようにしましょう。

注意
ただし赤ちゃんは体温調節機能がまだ発達してしない為に冷やしすぎも注意。体温を下げてしまう原因となります。
汗が出始めたら冷やしすぎない程度に汗をふきとりタオルなどで冷やすようにしましょう。

熱が3~4日程度で治まってきたら今度は赤い発疹が現れます。
症状の出方は人によって異なる事もあるのですが、全身に発疹が出る事も。

熱も落ち着いてくるので元気になる子もいるのですが、発疹の不快感や体力の消耗で不機嫌になる事も多いです。
実は熱がおさまった時点で病気自体は治っているのですが発疹は消えるまで3~1週間ぐらいかかります。

その間看病する親御さんも大変ですが、自然に治っていくのでぐっとこらえて看病していきましょう

突発性発疹の外出はいつから?

看病はしていなければならないけれど、買い物など外出しなければいけない。
…けど他に見てあげられる人もいないし突発性発疹にかかってしまった場合いつから外出して良いのだろう…

と困るお母さんもいらっしゃるのではないかと思います。

疑問

という事で外出はいつからしても良いかについてですが、
上記でも紹介した通り熱が下がった時点で病気としては治っています。

なので仮に発疹が出ていても元気になっていれば多少は外出しても良いでしょう。
とはいっても熱が下がってすぐは体力を消耗してぐったりする事もありますし、赤い発疹で不機嫌で泣き止まない事もあります。

そんな中で外出をしようとしてもなかなか出来る状態ではないでしょう。免疫力が落ちている状態ですしね。
理想としてはやはり元気になって発疹が消えて見た目的にも元どおりになった時が良いと言えますね。

人によって違いますが、完全に完治するまで熱が出てから1週間~10日程
外出しなくても良い状況であればこの間は外出せず看病してあげた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

突発性発疹の外出時の買い物ははやめに終わらせる

買い物

赤い発疹が出ており完全に治りきっていない時の外出なのですが、なるべく早く終わらせておいた方が良いです。

スーパーなどに買い物をしに外出されるお母さんもいらっしゃると思いますが、発疹の不快感などで

「泣き止んだと思ったらすぐにまた大泣きしはじめた」
なんて事もあるんです。

買い物などの外出に関しては完治するまではなるべく短時間で終わらせるようにしましょう。

突発性発疹の対処法について

チェック

突発性発疹の対処法についてですが原因となるヒトヘルペスウイルスにはワクチンがありません。
なので症状に応じた対症療法となります。

具体的にいえば

  • 高熱が出たら冷やしたタオルで汗を拭き取り首やワキを冷やしすぎない程度にあてる
  • 逆に手足などが冷たい場合や震えている場合は靴下を履かせたり毛布をかける
  • こまめに水分補給を行う(一気に上げすぎない事。下痢や嘔吐などをしてしまい症状が悪化する事も)

とこの3点が大事です。
乳児期は脱水症状を起こしやすいので水分補給は大事なのですが、一気に上げすぎても症状が悪化する原因となります。
水分補給には水以外であればミルク、薄めの麦茶などが良いでしょう。

スポーツドリンクは赤ちゃんには糖分や塩分が多すぎるので控えましょう。
水分をこまめに上げた方が良いのですが、上げ方にも気を配る必要があります。

熱に関して言えば病院に行った際解熱剤などが処方されるかと思うのですが、
もしそれでもぐったりしている際は突発性発疹以外に併発している可能性があります。

熱が引かない場合やぐったりしている際はもう一度小児科へ行き医師に診察するようにしましょう。

お風呂について

赤ちゃんのお風呂に入れるタイミングですが、まだ高熱が出ている場合は体力が消耗する上に水分も失われます。

ポイントとしては

  • 高熱時はお風呂を控える
  • 熱が下がっている際はお風呂に入れても良い、ただし機嫌が悪い場合は他の病気にかかっている可能性もあるので控えた方が良い。

といった感じです。

またお風呂に入った後にも水分補給を行うようにしましょう。

ちなみにですが、ウイルスに感染したり発疹がうつるのでは?
と心配になられる方もいますが、ヒトヘルペスウイルスは大人に感染する事はほぼなく(逆に大人から子供にかかる事がほとんど)
発疹がうつる事もないのでお風呂でうつる…といった事は考えなくて良いでしょう。

関連記事赤ちゃんの突発性発疹のうつる期間はいつまで?
関連記事突発性発疹時のお風呂はいつから?入れる際の注意点について

まとめ

突発性発疹の外出について紹介していきました。

外出に関しては熱がひいて元気になればしても構いませんが、赤ちゃんの症状や状態をよく確認した上で
まだ完治していない場合は外出するにも短時間にするようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク