突発性発疹時の保育園の事について

保育園

突発性発疹は1歳前後の乳児期にかかる事が多い病気で保育園に預けている際にかかってしまう事もあります。

働くお母さんにとってはもしかかってしまった場合は

「保育園に預ける事が出来るんだろうか…?」
「登園はいつから出来るのだろうか?」

と不安を感じる方もいるかと思います。

ということで突発性発疹にかかってしまった場合の保育園の登園と家でのケア方法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

突発性発疹時の保育園の登園はいつから?

疑問

まず突発性発疹に感染してしまった場合の登園の有無についてですが、

厚生労働省のガイドラインによると

「解熱後解熱後1日以上経過し、全身状態が良いこと」
とされています。

具体的に赤ちゃんのどういった状態になれば良いかというのを説明すると

まず突発性発疹に感染してしまうと38度を超える発熱になります。

突発性発疹

この時点で赤ちゃんの様子がおかしい事に気づき小児科に行かれる方も多いとは思うのですが、
発熱は3~4日ほど続き、その後解熱していきます。

解熱した後赤い発疹が身体にぶつぶつと出てきます。
症状の出方は人によって違うのですが、全身に赤い発疹が出る事もあります。

発疹は3日~1週間程度で自然治癒で治っていきます。なので完治するまでにはおおよそ1週間程度はかかります。

全身状態が良いという基準はあいまいではあり

・熱が下がって発疹がある程度出ていても元気であれば良い
・登園するには最後に医師の判断が必要

といった感じで保育園の方針によってけっこう違っています。

ただ「基本的には熱もおさまり体力が回復して赤い発疹がほとんど消えてから」
といった状態になってから登園した方が良いでしょう。

なので症状が出てから登園するまで1週間~10日間ほどかかると見積もっておきましょう。

感染した場合の保育園の連絡について

電話

小児科にいき突発性発疹と診断された場合まず保育園に電話をかけましょう。

具体的に話す事といえば

  • 突発性発疹にかかってしまったので休む事
  • 登園は熱が下がってからで良いか、発疹が完全に消えてからか
  • 登園証明書や治癒証明書が必要かどうか

といった感じですね。

登園証明書または治癒証明書というのは
感染症にかかってしまった場合に医師に登園して良いという証明書のようなものです。

突発性発疹に関して登園証明書が必要かどうかは保育園によって違うのですが、周りの話を聞く限りでは書く事が多いですね。
ただ実際は不要な事もあるので、保育園に連絡する際に確認しておきましょう。

必要な場合は登園をする際にもう一度病院へ行き診察してもらった後にサインを貰いましょう。
そして保育園に行く前日に電話連絡しておいた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

突発性発疹時のケアについて

チェック

突発性発疹にかかってしまった際の対処は有効なワクチン等もない為
症状に応じた対症療法となります。

突発性発疹に関していえば主に高熱になった際の対処になってくるのですが、

  • 冷やしたタオルで汗をふきとり首やワキをふき取る
  • 手足や身体が震える際は靴下を履かせたり毛布をかける
  • こまめに水分補給を行う

といった感じになりますね。
特に重要なのがこまめに水分補給を行うことです。

水分補給

乳児期は脱水症状を起こしやすく高熱が出ている際はこまめな水分補給が大事となってきます。
とはいっても一度に上げすぎても吐いてしまい体力を消耗させる事がありますので、こまめに水分補給をするようにしましょう。

水分補給には水以外であればミルク、薄めの麦茶などをあげるようにしましょう。
また解熱してお風呂を入れてあげた際も水分補給はするようにしましょう。

発疹に関して

赤い発疹が全身に出た場合はどうにかしてあげたいと思うお母さんもいらっしゃるかと思いますが、
発疹は塗り薬などでは効果がありません。ただ上記でも説明したとおり3日~1週間程度で自然治癒していきます。

発疹が出ている間は赤ちゃんが不快に感じ泣き出してしまう事がありますが、自然に治っていくものだという事を覚えておきましょう。

まとめ

突発性発疹時の保育園の対応について紹介してきました。

突然の高熱や赤い発疹にあたふたしてしまう事もありますが、きちんとケアすれば1週間程度でよくなります。
もしかかってしまった際は保育園に連絡して登園の際に必要な事をしっかり確認しておきましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク