ヘルパンギーナの食事の注意点について

口内炎

ヘルパンギーナに感染してしまうと辛い症状なのが口内炎。や口の中の水ぶくれ

一つだけならまだしも何個も出来てしまい刺激のあるものを食べてしまうと激痛がはしる事もあり非常に辛いんですよね。
子供がかかってしまうとその痛みから食べたくないと駄々こねる事もあるほど。

とはいえ、栄養を取らないと抵抗力が落ちて症状が悪化したり回復が遅れたりします。
なのでヘルパンギーナに感染してしまった際の食事について確認していきましょう。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの食事で気をつける点について

チェック

上記でも紹介した通りヘルパンギーナに感染すると口の中に口内炎や水ぶくれが出来てしまいます。

特に発症してすぐは出来たばかりでつばを飲み込むだけで痛みが生じる事もあります。
その事から普通の食事をしてしまうと大人でも涙が出るぐらい痛いです。

なので気をつけたい点として

  • 刺激のあるものは控える
  • 冷たくて喉越しの良いものを中心に食べる
  • ピーク時は熱いものも控える

といった事が重要になってきます。
具体的にひとつずつ確認していきましょう。

刺激のあるものを控える

刺激のあるものを食べてしまうと口の中の粘膜を刺激してしまい痛みが増します。

具体的には

  • 香辛料の入っている食べ物
  • 辛いもの
  • 炭酸飲料やアルコール
  • 塩気の多いもの
  • 堅いもの、具の多いもの

といったものが該当するでしょう。
出来る限り刺激の少ないものを選び食事を少しでも取るようにしましょう。

喉越しの良いものを中心に食べる
ではどういったものが良いかというと喉越しの良いものを中心に摂取します。

  • おかゆ
  • 雑炊
  • お茶漬け
  • アイスクリーム
  • ゼリー(グレープフルーツなど酸味のあるものは控える)
  • ヨーグルトなどの乳製品
  • そうめん
  • クリームシチュー、コーンスープ

といったようなものです。

特にアイスやゼリー、ヨーグルトといったものはあまり噛む事も必要とせず食べやすいのでおすすめです。

うどんや豆腐などもあまり刺激はないのですが、しょうゆなどで刺激を感じる事があります。
これらを食べる際は出来る限り薄味にするようにしましょう。

またピーク時に関しては様子を見ながらではあるのですがおかゆやお茶漬けに関しても控えた場合が良い事もあります。

ピーク時は熱いものも控える

NG

なぜ症状が出始めてからのピーク時は熱いものを控えるかというと、熱いものを食べるだけで刺激になるんです。
おかゆなどは食べ物自体は刺激になるようなものはありません。ただしその熱さからかなりの痛みを感じる事があるんですよね。

結果口内炎がひどくなって余計に痛みを感じる事があります。これに関しては体験された方もいるのではないでしょうか?
なので特に痛みを感じる際は出来る限り熱いものも控える事。

またよく噛む必要のあるものや具の多いものについても刺激になるので控えましょう。


スポンサードリンク

水分補給についてはしっかりと行う事

水分補給

といった感じでヘルパンギーナの際の食事について紹介してきましたが、
食事と同じぐらい気をつけたい点として水分補給があります。

ヘルパンギーナは夏に感染しやすく高熱も出るので水分が失われてきます。
なのでこまめに水分補給を行う事が大事なのですが、ピーク時は飲み物ですら辛い時もあります。

なので子供は痛みを避けたがり何もとりたがらない事があるのですが、水分補給をせず何も摂取しないと脱水症状を起こしてしまいぐったりして意識がもうろうとなってしまう事があり危険です。

食事に関しては控えたとしても最低限水分補給だけはこまめに行うようにしましょう。

ポイント

こまめに水やお茶、スポーツドリンクを与えても問題ないのですが、
脱水症状気味であれば身体への吸収速度が速い経口補水液を飲むようにしましょう。

経口補水液の飲み物は最近では薬局やドラッグストアで「OS-1」という飲み物が販売されています。
近くにドラックストアがあるようでしたら購入して飲ませましょう。

もし作る場合はクックパッドなどで作り方があるので紹介します。

ただ基本的には家である水やお茶をこまめにあげる事で問題はないかと思います。

まとめ

ヘルパンギーナの際の食事のメニューや気をつける点について紹介しました。
大人でも口内炎が出来ても辛いのに子供がそれを何個も出来てしまったら食事をしたがらないのも無理はありません。

まずはゼリーやヨーグルトといったひんやりとしてのどごしの良いものを与えて
症状が落ち着いてきたらおかゆやスープなど少しずつ栄養のあるものを与えていきましょう!

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク