マイコプラズマ肺炎の子供の症状について

マイコプラズマ 子供

子供がかかる事の多いマイコプラズマ肺炎。

熱や咳といった症状から風邪と勘違いする事も多いのですが、

「咳がなかなか止まらない」
「熱はないのに乾いた咳が出続ける」

といった症状の場合マイコプラズマ肺炎にかかっている恐れがあります。
症状や対処法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎の子供の症状について

マイコプラズマ肺炎はマイコプラズマという細菌に感染する事によって起きる感染症です。
以前は4年おきに流行していた事が多かったのでオリンピック熱なんて言われていた事もありましたが、現在では毎年感染が確認されています。

秋から春先にかけて感染する方が多いのですが、1年中感染する可能性があります。
マイコプラズマは症状に表れない潜伏期間が長く、気づかない内に感染している事もあります。

なので最低限の予防をしておきたい所ですね。

マイコプラズマ肺炎の子供の症状は主に「熱」「咳」

初期症状では軽い発熱と咳なので風邪と勘違いしてしまいがちです。(実際病院でも風邪と診断される事があります。)

ただ症状としては非常に長く咳に関しては1ヶ月以上も続く事があります。
熱が収まっても咳がなかなか止まらないのであれば再度病院で診察してもらった方が良いでしょう。

熱と咳について詳しく解説していきます。

マイコプラズマ肺炎の子供の熱について

寝込む

マイコプラズマ肺炎の際の子供の熱についてですが、症状としてはまず熱から出始める事が多いです。
症状が出始めた初期段階では軽い発熱程度な事が多いのですが、

時が経つにつれて38~40度近い高熱が出てしまう事があります。

ただ熱に関しては病院で処方される抗菌薬を飲む事で症状が落ち着き3日~1週間以内で解熱していきます。

高熱が出ている際は水分や電解質が失われていくので水やスポーツドリンク
脱水症状気味になっている場合、水分の吸収率が高い経口補水液を摂取するようにしましょう。

(経口補水液は作る事も可能ですが最近ではOS-1という商品がドラッグストアなどで販売されています。)

また発熱をする事で頭痛や倦怠感といった症状が出る事もあります。


スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎の子供の咳について

咳

熱以上に厄介なのが咳です。
マイコプラズマ肺炎の咳はコホンコホンといった乾いた咳なのですが風邪などと違い症状として長く続きます。

平均としては1~2週間程度ではあるのですが、場合によっては1ヶ月以上も咳が治らない事もあります。
咳が長期間続くと喉を痛めたりとなかなか辛い状況になってくる事が多いです。

早期治療が症状を早く治す為にも大事です。咳がなかなかとまらないのであれば早いうちに病院に行くようにしましょう。

また乾燥しないよう対処する事がのどをよけいに悪化させない為が大事となってきます。

マイコプラズマの子供の治療は自然治癒が基本

チェック

といった感じでマイコプラズマの対処法について紹介してきました。
では感染してしまった際の治療法についてですが、
処方されたお薬を飲んで自然治癒が基本となります。

病院でマイコプラズマ肺炎と診断されるとマイコプラズマに有効な抗菌薬が処方されます。
抗菌薬を飲む事でまず解熱していき、その後に咳が落ち着いてきます。

チェック

ただ、気をつけたい点としてマイコプラズマ細菌には抗菌薬の種類によっては耐性がある事もあって
飲んでも症状が一向に治らない事があります。それほど薬の選択は昨今難しいされています。

落ち着く気配がなければ再度病院へ行き事情を説明した上で抗菌薬を再度もらいましょう。

薬を飲みつつ治るまでは症状に応じた対症療法としていきましょう。

具体的に言えば

  • 熱が出ているのであれば汗をふいたり冷えたタオルで熱を抑えたりする
  • 高熱が出ている際は水分をこまめに補給する
  • 咳が出ている間はうがいや、のどを暖める、マスクをするなどでのどを痛めないようにする
  • 安静にして体力の回復に努める

といった感じです。
うがいに関しては緑茶やうがいカテキンなどが効果的なので痛みがひどい場合は実践しましょう。

完治するまでは長いですがしっかり抗菌薬を飲み続け対処していく事で症状が治まってきますのでそれまではしっかり安静にしておきましょう。

マイコプラズマ肺炎に子供が感染した際の登園(登校)について

学校

また子供がマイコプラズマ肺炎にかかってしまった場合は学校保健法により出席停止扱いとなり
登園(登校)が出来なくなります。

期間としては「学校医またはその他の医師が感染の恐れがないと認めるまで」
と症状が回復するまでと症状が長く続く事もあり長い期間登園出来ない事となります。

登園、登校までの流れについては別記事にまとめているのでそちらを参考にしてみてください。

関連記事マイコプラズマ肺炎の出席停止の期間や対処法について

マイコプラズマ肺炎の予防について

マイコプラズマ肺炎は上記でも紹介した通り潜伏期間が長い事で気づかないうちに感染している事があります。
感染力自体は強くはないのですが、この潜伏期間の長さから集団感染する可能性があります。

①家族内にマイコプラズマ感染症の人がいる場合
②保育園や幼稚園でマイコプラズマ感染症が流行している場合

の際は特に気をつけた方が良いですね。

予防については普段からの「手洗い、うがい」「マスクの着用」

感染経路がせきやくしゃみ、また付着したウイルスを手や口に持っていく事での感染なので、ウイルスを取り込まない為にも手洗いうがいは必須です。
せっけんをつけて隅々まで洗いましょう。

またくしゃみなどの飛沫を受けない為にもマスクの着用をしましょう。
特に家族や学校で感染している人がいる場合はどの時期においても着用する事を心がける事で感染する可能性を下げる事が出来ます。
しらないうちに感染する可能性はありますが、出来る限り感染しないよう心がけましょう。

まとめ

マイコプラズマ肺炎の子供の症状について紹介してきました。

マイコプラズマはなかなか治らずしんどい日が続きます。
治るまではお薬を飲み続け、症状に応じた対処をしつつ体力回復に努めましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク