マイコプラズマ肺炎の大人の症状について

くしゃみ

マイコプラズマ肺炎は子供にかかりやすいというのはご存知の方もいると思いますが、
大人でも感染する事があります。

子供とはまた違った感染経路や症状なども子供よりも重い症状になる事も多いです。
出勤しても大丈夫かどうか確認していきましょう。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎の大人の症状について

マイコプラズマ肺炎の症状といえば主に「熱」や「咳」といった症状が出ます。

初期症状では軽い発熱やちょっとした咳の症状が現れ病院に行っても風邪と間違われる事もあるぐらい風邪の症状に似た感じなのですが、
ただ日が経つにつれて38度を越える高熱や咳もひどくなっていきます。

子供に比べて重症化する事が多い

熱

マイコプラズマは子供に感染するのに比べて大人が感染すると重症化しやすい事が多いです。

大人が感染した時の症状として

  • 痰を含む湿った咳が続く(1ヶ月以上かかる事も)
  • 38度を越える発熱。40度を越える事も
  • 関節の痛み
  • 全身の疲労感
  • 鼻水、鼻づまり

といった症状が出ます。

マイコプラズマ肺炎は症状が長く続く事が特徴で
期間としては高熱が5日~1週間程度。咳に関しては平均して1~2週間ほどかかり場合によっては1ヶ月以上かかる事もあります。

咳は抗菌薬を飲み続ければ症状が落ち着いてはきますが、それでも長い間しんどい状況が続くと思って良いでしょう。

また咳は特に夜にひどくなる事が多く眠れない事もあります。元々気管支喘息などを持っている場合発作を起こす事も。
高熱や咳があまりにひどい場合は病院へ行き点滴などを受けるようにしましょう。

マイコプラズマ肺炎の大人の感染経路について

マイコプラズマ肺炎の感染経路に関してはほとんどが感染した子供からうつる事によるものです。

子供は保育園や幼稚園、または学校にて感染してしまい、それが家庭内に持ち込まれた際に感染してしまうのですが、

マイコプラズマは潜伏期間(感染しているが症状が現れない期間)が長く知らず知らずのうちに感染してしまう事があります。
それに加えて症状が出て看病している間にせきやくしゃみによる飛沫や体に付着したウイルスを食事などの際に口や鼻に持っていった結果感染してしまう例があります。

もし子供が感染してしまった際は家の中でもマスクの着用、また手洗いやうがいをしっかりしておきたいところです。

マイコプラズマ肺炎の大人の治療について

チェック

マイコプラズマ肺炎の大人の治療については処方された抗菌薬を飲みつつ自宅で安静するのが基本となります。

処方されたお薬を飲み続ける事で高熱も解熱していき、咳も次第に落ち着いてきます。
ただ最近ではマイコプラズマに有効な抗生物質が効かない事があり、薬を飲んでも一向によくならないといったケースを聞きます。

薬を数日のみ続けても症状がよくならない場合は再度病院に行き薬を飲んでも症状が一向に治らない事を伝えましょう。

薬を飲む事以外については症状に応じた対症療法となってきます。

  • 咳がひどい場合はのどを温める、のど飴をなめるなど極力痛めないようにする
  • 鼻水や鼻づまりがひどい時は鼻水などを抑える薬を飲む事

といったような感じです。

また高熱により水分が失われてしまうので水分をこまめに取る事と
咳がしんどくてもなるべく睡眠を取るようにして体力の回復に努めましょう。


スポンサードリンク

マイコプラズマに感染した場合の会社の出勤について

子供が感染した場合、学校保健法によって出席停止の措置が取られます。
回復するまでは登園、登校してはいけないという事で平均して1~2週間ほど家での療養をする事になります。

関連記事マイコプラズマ肺炎の子供の症状について

大人の場合は法律で定められているわけではないので会社に出勤しても問題はありません。
ただし、他の方に感染しないよう以下の点について気をつける必要があります。

咳が出ている間は常にマスク着用

マスク

大人は抵抗力が高いからか職場内での感染はあまりありませんが、うつす可能性がある以上マスクの着用は必須です。
上記で紹介した通り解熱しても咳は長く続く事が多いです。

咳が出ている間や体調がよくなるまでは普段マスクをつけない方も常に着用するようにしましょう。

手洗い、うがいを徹底的に

手洗い

他の方にウイルスをうつさない為にも手洗い、うがいは必須です。
手洗い、うがいに関してはマイコプラズマ感染に限らずですが、付着しているウイルスを相手にうつしてしまい二次感染を引き起こしてしまいます。

手洗い、うがいをこまめに行いウイルスを取り除きましょう。

また無理して会社を出られる方もいますが、高熱や咳は症状が落ち着いたりひどくなったりと繰り返すこともあります。
症状がひどい場合は無理をせず自宅で療養するようにしましょう。

まとめ

マイコプラズマ肺炎の大人の症状や会社の出勤について紹介してきました。

会社に無理をして出勤される方も多いのですが、無理をすると症状が悪化して回復が遅れる結果となります。
解熱しても関節の痛みや疲労感がひどい場合は休むようにして、出勤するにしてもマスクの着用などをするようにしましょう。

また咳で夜も眠れないほどひどい場合は再度病院に行き点滴などを受けるようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク