りんご病のうつる期間について

りんご病 うつる

幼稚園児や保育園児達、また小学生の間で、頬が赤いと体温高い子供たちは発熱したのか、気候上暑くてほっぺが赤いのか親としても判断がつきにくいと思います。

但し数日赤いほっぺのまま続くともしかすると「りんご病かもしれない」とふと疑いを持つでしょう。
「りんご病」という言葉は聞きますが、実際どんな症状でどんな病気なのか「りんご病」について詳しくご紹介いたします。

スポンサードリンク

りんご病の症状について

りんご病の実際の名称は「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」といいます。

ヒトパルボウィルスB19型というウィルスの感染による感染病です。

感染経路としては

  • 通常は人から人へと感染するつば・咳くしゃみ・などによる空気中に舞っている「飛沫感染」
  • 保育園など園児が一緒に過ごすことにより子供同士から感染する「接触感染」

によりりんご病の発症と言われています。

特に5歳~9歳の子供に一番感染しやすく、次に0歳~4歳の乳児に感染が見られます。

りんご病の流行周期は統計上約5年ごととなっており、年始から7月上旬頃にかけて
発症数が増えており、9月頃か一番少ないといわれています。

ただ周りに感染している方がいれば時期に関係なく注意した方が良いでしょう。

大人にうつる事も

りんご病 大人

大人でも発症するケースが稀にあります。

りんご病の発症ウィルスヒトパルボウィルスB19型への免疫は子供の50%保持しており、
子供のようにほっぺが赤くなることはありません。

大人の症状としては関節が痛くなる、頭痛の症状が多く、りんご病と判断しにくいため
医療機関での検査が必要になります。

時々1~2日間ほど歩けないことも起こりますが、自然に完治していきます。

特に大人で注意が必要なのは妊婦さんです。
妊婦さんがりんご病の免疫が備わっていても、生まれてくる胎児に感染する恐れがあるんですね。その事から妊娠中は特に気をつける必要があります。

特に妊娠20週未満でりんご病に感染すると要注意です。

母子感染によって胎児に影響があれば何らか問題が起こる可能性もあるので、医療機関で血液検査を受けて確認をしましょう。

りんご病のうつる期間は?

疑問

りんご病のうつる期間は感染しても症状が現れない潜伏期間~発症期間にうつります。

りんご病を発症する10日前~20日前の内が潜伏期間となります。

その間、鼻水・咳・のどの痛み・発熱など風邪と似た症状がでる傾向があります。
潜伏期間が終わると、りんご病が発症します。期間は約1週間~2週間続きます。

つまり2週間~1ヶ月と非常に長い期間感染する期間があります。他の感染症に比べても長いのがりんご病の特徴です。

先ず子供の場合、頬に赤い発疹が出始め、鮮やかなりんご色になります。
ちなみにほっぺの発疹は1日~4日位でなくなります。

発疹はぽつぽつ状態ですが、1~2日後には体中、特に腕・おなか・おしり・ふとももに出やすく、
レース状の赤い発疹が発症します。体の発疹は数日から1週間前後でなくなります。

鮮やかな頬の赤身と体に出た赤い発疹の状態からすでにりんご病が発症しています。

医療機関へかかったとしてもりんご病への投薬は特にありません。症状に応じた対症療法となります。

あれば発疹などで掻き毟らないようかゆみ止めを処方してもらうのも良いです。
医師にご相談の上で症状を伝え、症状に応じた合った薬を処方してもらいましょう。

発症後、回復期となるのが一般的ですが、2次感染もあり、発症日から2週間程度とされています。
症状が落ち着いた回復期には、感染力が弱まっており2次感染のおそれはほぼありません。


スポンサードリンク

りんご病に感染した場合の対処法について

チェック

まず保育園児や幼稚園児がりんご病に感染した時は、園内で感染が広がらない様にするため
自宅療養することが一番大切なことです。ですが、感染力も弱く医者からの登園は許可されることが多いです。

但しりんご病が流行ってしまうと乳児や幼児は免疫を持っていないので、
感染を広めてしまう前にりんご病予防をしっかり対応する必要があります。

1.手洗い・うがいをする
2.りんご病感染者の使用するコップやタオルなどは別にする
3.マスクを着用しウィルスを入れさせない
4.りんご病患者には近づない、りんご病の疑いがありそうな症状の人にも近づかない
5.りんご病が流行っているときはできるだけ自宅待機し外出を控える

登園させるにしてもこの点に関しては十分気をつけ他の子に感染させないよう気をつけましょう。

お風呂について

お風呂

ちなみにお風呂についてですが、自宅療養中頬や体に発疹が出ているりんご病の場合、微弱ウィルスで感染力もお風呂にはいっても大丈夫です。

ただお風呂で温まると発疹のかゆみが増し、掻き毟ってしまいさらに傷や発疹が掻き毟った汁でさらに発疹ができ、完治までに時間がかかる可能性あります。

お風呂では高温でなく低めの温度設定で、シャンプーなどの刺激のあるものでなく、
肌にやさしい石鹸またはシャワーのみなど短時間での入浴を心がけるのがベターです。

またかゆみでイライラすることもあるので、軟膏クリームを塗ったりかゆみ止め用の薬を飲むなど医者から処方してもらうこともいいでしょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク