りんご病に感染した場合保育園に登園しても良いの?

保育園

働くお母さんにとって、お子さんが病気で保育園をお休みしなければならないのは、大問題ですよね。

 春先から初夏にかけて流行する「りんご病」は子どもの病気として有名ですが、
りんご病に感染してしまったら保育園に登園しても良いの?気をつける点は?という疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

りんご病ってどんな病気なの?

症状

 感染するとほっぺたがリンゴのように真っ赤になる「りんご病」は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスが原因の感染症です。正式には「伝染性紅斑」という病気です。

4~6年ごとの周期で流行し、春先から初夏にかけてよくみられる病気ではあるのですが、1年中感染する可能性を持った感染症です。
保育園や幼稚園、学校または家族内で感染している方がいるのであれば要注意です。

飛沫感染といって、りんご病に感染している人のくしゃみや咳から人に感染します。

りんご病の症状としては頭痛や発熱など風邪のような症状が特徴。
それに加えて数日で治まりますが、一週間ほど過ぎたころに、ほっぺたが真っ赤になったり、体や手足に網目のような発疹が出るのがりんご病特有の症状です。

りんご病は特徴的な症状の発疹が出る前の、症状に表れる前の潜伏期間から風邪のような頭痛や発熱などの症状が現れている時が、一番感染力が強いのです。
特にりんご病や潜伏期間が長い事が特徴で感染してから症状に表れるまで20日程度かかる時もあります。要は周りが感染していたら実は自分も感染していたというパターンがあるんです。

なのであらかじめ予防しておく事が大事でしょう。その事については後で紹介します。

大人もりんご病に感染するの?

妊娠中

子どもの病気というイメージが強いりんご病ですが、実は、大人が感染すると症状が重くなることもあるので注意が必要です。

大人の場合は、ほっぺたが赤くなることは少なく、体や手足に網目状やまだらな発疹が現れることがあります。

また、発疹が現れる頃に、関節の腫れや痛みが出ることがあります。関節の腫れや痛みは1~2週間で治まりますが、数ヶ月続く場合もあります。

さらに妊娠中の方がりんご病に感染すると、胎盤を通してお腹の赤ちゃんがヒトパルボウイルスB19に感染し、ひどい貧血になることも。
胎児にまで影響を及ぼす事があるので子供が感染した場合は特に気をつける必要があるんです。

妊娠20週を過ぎてからりんご病に感染しても、胎児水腫はほとんど起こらないと言われているので、妊娠20週までの方は特に注意が必要です。

大人がりんご病に感染するのは、お子さんが保育園などでりんご病に感染し、家族の間で感染する…というケースが多いようです。お母さんが妊娠20週までの間は特に、保育園などでりんご病が流行したら教えてもらえるように、お願いしておくと良いかも知れませんね。
関連記事りんご病の大人の症状について詳しく


スポンサードリンク

りんご病に感染した場合保育園へ登園してよい?

疑問

りんご病はウイルスによる感染症。
もし感染してしまった場合は保育園に登園してしても大丈夫なんだろうか…

と気になる所ですよね?

結論からいうと登園停止が義務付けられているわけではないが、保育園によっては症状が回復するまで登園停止となる事もあります。

りんご病は学校保健法によって第3種指定。園長や校長が必要であると感じれば登園停止または出席停止となります。

なので独自の登園基準を定めている所もあり登園停止を義務付けている所もあれば登園しても良い場所もあるんです。

なので病院に行き診断を受けた際は登園して良いかどうかあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

またこういった基準であるからこそ予防についてしっかり頭にいれておいた方が良いでしょう。

りんご病の予防法はないの?

チェック

りんご病は、頭痛や発熱など風邪のような症状の現れた時に一番感染力が強く潜伏期間なども長いので完全に予防する事は極めて難しいと言えます。
ただ、予防をしておく事で感染をある程度防ぐ事が出来るます。

りんご病の主な予防についてはうがい・手洗い・マスクの使用です。

マスク

りんご病の感染経路や主にせきやくしゃみなどによる飛沫感染。
つまり飛沫でウイルスがつくのを防ぐ為にマスクや手洗い、うがいが大事になってくるんです。

手洗いやうがいに関してはりんご病だけでなくインフルエンザなどのウイルスにも非常に大事です。

正しい手洗いを学び普段から習慣づけておきましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク