アデノウイルスの熱は何日続く?

子供 高熱

アデノウイルスに感染してしまうと38度~40度近い高熱に加え、様々な合併症を引き起こします。

アデノウイルスの症状は普通の風邪によく似ていますが普通の風邪とは違います。特に子供やお年寄りが感染し発症すると肺炎などの合併症を引き起こし、重篤な状態に陥ることもある危険なウイルスなのです。

今回はアデノウイルスに感染した時の症状、アデノウイルスの熱は何日続くか、そしてその熱がなかなか下がらない時の対処法について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

アデノウイルスの症状について

アデノウイルスの代表的な症状は以下の3つです。

  • 高熱
  • 咽頭炎
  • 結膜炎

まずはこの症状について確認しましょう。

高熱

寝込む

上記でも説明したようにアデノウイルスに感染すると38度~40度近い熱が出ます。

普通の風邪は2日~3日で熱が下がるのに対し、アデノウイルスの場合は熱が下がるのに5日~7日程の時間がかかる事があります。

こまめに水分補給をし、暑い場合は冷却シートはあまり使わず涼しい部屋で安静に過ごしてください。
涼しい部屋で過ごす場合は身体が冷えすぎないように注意する必要があります。逆に寒気がする場合は温かいものを食べたり靴下などを履いて身体を温めましょう。

チェック

解熱剤も効果がありますが、そもそも熱が出ている原因はウイルスと戦っている為に起きる事で解熱剤を使用する事で症状が長引く可能性があります。
とはいえ、あまりの高熱の場合は体力の消耗が激しいです。解熱剤の使用は極力控え、高熱が続く場合は再度病院へ行くようにしましょう

咽頭炎

のどの痛み

咽頭炎は喉や身体の節々が痛くなったり、食欲不振や腹痛などの症状を引き起こします。

栄養が足りないと体力がつかず抵抗力が弱まり、いつまでたっても治らず症状が長引いてしまうのですが、
ひどい場合はのどの痛みで食事がまともに食べられない事もあります。なので栄養と同様食べやすいものから摂取していく事が大事になってきます。

お粥や雑炊など喉を通りやすい食事にすると食べやすくなりますし、ウイダーゼリーなどの栄養補助食品も食べやすく手軽に多くの栄養を摂取できるのでおすすめです。

果物は水分が多くビタミンも豊富で、水分を摂取しつつ栄養も摂ることができます。アイスクリームもカロリーが高いため効果的です。

逆に肉類や魚類、油物や乳製品などの消化が悪いものの飲食は控えましょう。消化が悪いものを食べると消化にエネルギーが使われてしまうので、ヨーグルトよりもゼリーやプリンの方が適しています。

といった点が食事を取る際の注意点です。症状が落ち着いたら栄養の高いものを食べていき抵抗力を上げていきましょう。

結膜炎

結膜炎

結膜炎は目の結膜が炎症を起こすことで起こります。目が充血し涙が止まらない、目やにが出るといった症状が現れます。
結膜炎は悪化すると視力低下などの障害を引き起こすことがあります。なので

  • 目やにや目の痛みがひどい場合は病院で処方された目薬を使用する
  • 目をこすらないようにする

といった感じで症状が悪化させないようにする事が大事になってきます。

ですがアデノウイルスによって発症する流行性結膜炎や咽頭結膜熱のウイルス性結膜炎は特効薬がないため、点眼剤などで治療しながら体内で抗体が作られるのを待ちます。

アデノウイルスには特効薬がないためまずは感染しないように気をつけることが大切です。

アデノウイルスは市販の消毒薬で殺菌できるので、こまめに手洗いとうがいをして消毒スプレーなどでしっかり殺菌することを心がけてください。
熱が高く発汗量が多いため脱水症状に気を付けましょう。


スポンサードリンク

アデノウイルスの熱は何日続く?

疑問

アデノウイルスの症状についてでも説明したようにアデノウイルスの高熱は5日~7日続きます。長いと1週間以上続く場合もあります。

基本的には3日程で下がり始め5日~7日で熱が治まりますが3日以上経っても熱が下がる気配がない、熱は下がり始めたが1週間以上経過しても熱が治まらない場合はもう一度病院を受診しましょう。

熱が下がらない場合の対処法について

高熱が出た時は身体の太い血管が通っている部分を冷やすのが効果的です。太い血管が通っている部分を冷やすと冷たい血液が身体を巡り体温を下げてくれます。

保冷剤や氷枕などを使用して冷やす際は直接当てると凍傷を起こす可能性があるため、薄手のタオルなどで包み肌に直接当てないように気を付けましょう。

ですが身体を冷やすのはあくまで一時的に体温を下げるだけなので弱まっている免疫力を上げるためには安静にしてきちんと睡眠を取り、消化がよく栄養の多い食事を心がけてください。
また、完治するまでは外出を控えるように心がけましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク