子供が熱中症になった際の症状や対処法について

熱中症

熱中症は多くの人が異常に気温の上がる8月の真夏に発症すると思われています。

実は6月の中旬から7月にかけて高温多湿となる梅雨にも熱中症に注意が必要です。気温上昇だけでなく湿度が高くなることでも熱中症になります。

炎天下の外出や運動は勿論リスクが高くなるのですが最近はニュースでも室内での熱中症に注意を呼びかけています。

ここでは子どもの熱中症を中心に症状や万が一なってしまった場合の応急対処処置、そして熱中症にかからないための予防方法を詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

子供の熱中症の症状

暑い

大人に比べると子供は汗を発散させることが上手くできない子供が多いです。

体内に熱を篭らせやすいことから熱中症にかかりやすいのですが、上手く発散できない原因として

  • 冷房の使用により汗をかかない環境や過ごしやすい環境の中で気づかないうちに脱水症状をおこし体内の水分不足により汗をかかなくなる
  • 炎天下での運動などであまりの暑さに汗が追いつかない状況となり発汗することができず熱を篭らせてしまう

体内水分が足りているかの判断は子供の汗がどれぐらい出ているかで判断します。
いつもは汗ビッショリになるのだがあまり出ていない、皮膚の乾燥や唇の乾きが気になりしきりに舐める時には水分補給が必要です。

体温のコントロールが上手くいかないことから汗をかいての発散ができずに体温が上がります。高熱により筋肉が破壊され赤茶色の尿が出ることがあるので注意してください。

その時は病院で適切な処置をしなければなりません。放置することで腎臓機能まで奪われてしまいます。

一般的には熱中症の症状は3段階に分けられます。

  • 軽度 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
  • 中度 頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感
  • 重度 意識障害、痙攣、高い体温、呼びかけに反応が薄い

この症状から考えても熱中症とひとことで言いましても軽い頭痛から意識障害までの命にかかわる重症まであるので安易に考えての自己判断は危険です。

もし熱中症になってしまった場合の対処法

症状として激しい頭痛や高熱、脱水症状や嘔吐がある場合を説明します。

体温を冷やす

まず日陰や涼しい場所に移動し衣服を体が楽になるように緩めます。
必ず衣服の上から太い血管がある両脇、両首筋、両鼠径部を水で濡らしたハンカチやタオル、また常備してあればハンカチなどで包んだ保冷剤で血液の温度を下げて体温を下げます。

水分補給を行う

水分補給

熱中症での脱水症状は喉の渇きにより血液中の電解質を失うことでの脱水とは違うので見た目ではわかりにくい脱水です。判断の元となるのは頭を軽く傾けるだけで激しい頭痛があり日頃のベタつきのある汗とは違い今までにないようなサラサラな汗をかきます。

熱中症での頭痛はまずは周囲あり徐々に痛みが強くなると同時に眼が熱く押される感じがします。

この頭痛が中心に移動した時に嘔吐します。嘔吐する時は横向きに寝してください。その時には嘔吐物が気管に侵入しないように気道の確保が必要です。(例えば丸めたタオルを首のしたに置くなど)自宅では常備しておくと便利なのはドラックストアーなどで販売している飲む点滴としてコマーシャルしている「OS1」です。

飲むことで脱水や高熱を応急的に回復させてくれる方法の一つです。しかし意識障害や混濁を起こしているときには経口による水分補給は気管に入り呼吸困難の恐れがあるので危険ですのでやめてください。

まずは救急車を呼ぶと同時に風通しの良い場所で深部体温の上昇を防ぐ冷却、飲めるようであれば水分補給の応急処置をとりながら救急隊員の到着を待ちます。応急処置内容と患者の症状を記録して救急隊員に確実に伝えることも大切です。

スポンサードリンク

子供が熱中症にかからないようにするための予防方法を確認

チェック

熱中症にかからないように猛暑の日などの際の予防について確認しておきましょう。

  • 睡眠不足や風邪気味で体調が思わしくない時には暑い日中の外出や運動は控えてください。
  • 服装は薄い服装であれば風通しがいいとはかぎりません。通気性のいい素材の服装で直射日光を避ける服装。外出すると気には必ず帽子を被ることも必要です。
  • 喉が渇いたと自覚した時には体の水分が不足がちになっています。定期的に少しずつ水分補給ができるように持ち歩きます。
  • 暑い夏は汗と一緒に塩分も失うのでスポーツドリンクでの水分補給がベストです。汗だけで無く排出される尿便からも水分塩分が排出されるのでコマメに補給が必要です。
  • 体内機能が発育途中の子供は熱中症にかかりやすいので夏のレジャーに出かけるときには冷やした濡れタオルを保冷バックに入れて保冷剤とスポーツドリンクも一緒に持参することで万が一熱中症になった時の深部冷却や水分補給はできます。パラソルで日陰をつくることも必要です。
  • 筋肉が痙攣しているときは痙攣箇所を軽くマッサージします。
    その時に体で冷えている場所があればそこも一緒にマッサージをしてください。皮膚が青白く体温が正常なときには心臓より高い位置に足を上げて仰向けに寝かせる。経口で水分が摂れるようなら少量で何回にもわけてゆっくり補給します。
  • 逆に皮膚が赤く熱があれば上半身を高くして座っているに近い状態で休ませて深部冷却に努めます。その時に注意することは体の表面だけを冷やして震える状態にしないことです。
  • 太い血管が通っている場所を重点的に冷やして血液を冷やし体温を下げることが目的です。意識がしっかりしていない時は救急車を呼び同時進行で応急処置をします。
  • 意識がはっきりしない時の水分補給は先程もお伝えしましたがとても危険なのでしないでください。症状が軽度の状態や回復しても熱中症は再発することがあります。回復しても必ず医療機関での受信はしてください。

といった事が予防や熱中症を起こした場合の対処法となります。
出来る限りならないよう35度を越える暑い日の外出は控えましょう。

まとめ

スポンサードリンク

熱中症は決して珍しいことではありませんが軽度の症状の場合や応急処置で短時間に回復した時には安易に考えられてしまいがちです。

しかし状態によっては脳に損傷を与え最悪命の危険にさらされる大変な病気です。これからの真夏の異常に暑い時期だけでなく梅雨の高温多湿にも注意が必要です。エアコンも急激に冷やすと高温の外に出た時に体が対応できずに症状がでたりするので適度な温度(28℃設定など)で上手に使用してください。

室内での熱中症も最重視が必要です。子供は体内機能が発育途中なので特に熱中症になりやすいので大人の観察や必要な最低限の知識を備えることで熱中症から守ることができると信じています。必ず熱中症を安易に捉えず回復しても医療機関での受診はしてください。