ヘルパンギーナの感染期間について

赤ちゃん 泣く

ヘルパンギーナって耳慣れない方も多いですよね。実はこれ、乳幼児がかかりやすい夏風邪の一つです。

実際にお子さんがかかってしまったことを想定して事前に準備することは大切です。
そこで今記事では、ヘルパンギーナについてわかりやすく説明していきます。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの症状について

ヘルパンギーナとは夏風邪といわれる感染症の一つです。ただし、普通の発熱に加えて口腔内に発疹が見られることが特徴で風邪だけでなく口内炎や発疹などの対処も必要になってきます。。

お子さんの口の中に、部分的に赤くなっている水泡が見られたら、ヘルパンギーナにかかっている恐れがあります。

ヘルパンギーナの主な症状としては
  • 38度を越える高熱
  • 口の中の口内炎や水泡といわれる水ぶくれ
  • のどの痛み

といった症状が現れます。

こういった症状が現れた場合は一度病院で見てもらった方が良いでしょう

また、ヘルパンギーナの厄介な事として感染力が強くお子さんを看病しているうちに親御さんがヘルパンギーナにかかっていることも多いです。
その事もあり二次感染を防ぐ為に感染経路についても確認しておく必要があります。

感染経路について

主な感染経路としては糞口感染をはじめとする接触感染と、飛沫感染の二つが挙げられます。

接触感染

お子さんを抱っこするだけでは感染しません。ですが排便を処理する際は、必ず手袋をしてください。

下痢気味になるので、オムツを変える回数が多くて大変だと思いますが絶対に素手で触ってはいけません。
処理の際にウイルスがつく事が多くその際に二次感染をおこす可能性を持っているからです。

またオムツ替えの後は、必ず手を石鹸で洗ってください。アルコール消毒をオムツ替えしたところにするとなお良いです。

飛沫感染

飛沫感染というのは簡単にいえばせきやくしゃみなどの際にウイルスも飛んで口内に入ってしまうといった状況ですね。

お子さんの咳やくしゃみを吸わないように、マスクを着用してください。(また、キスしたり、スプーンを共用することももちろんだめです。)

症状はいつまで続く?

疑問

ヘルパンギーナは感染して症状が出た場合上記のような症状が3~4日続きます。
有効なワクチンなどはないので症状に応じた対症療法をして回復するのを待ちましょう。

対処法については後で紹介していきます。

二次感染を起こす期間としては主に症状として現れない潜伏期間~症状が落ち着く回復期で2週間ほど感染する可能性があります。

感染力が強く症状が落ち着いても二次感染をする可能性があるという事を頭に入れておきましょう。


スポンサードリンク

ヘルパンギーナの対処法について

チェック

ヘルパンギーナは子供だけがかかる病気ではありません。むしろ大人がかかると重症化しやい厄介な病気です。
小さいときに感染しやすいのですが、大人が感染した際の対処法についても確認しておきましょう。

乳幼児

赤ちゃん

ヘルパンギーナの特効薬はありません。ですが医者に処方された薬をきちんと飲ませてあげれば必ず治ります。

お子さんが発熱したりぐずったりして具合が悪そうだと気づいたら、親御さんは焦らずすぐに医者に見せましょう。

自宅では、下痢気味で脱水しやすいので水分補給をうまくさせてあげることも大切です。

水分補給

2~4日で回復することが多い病気です。しかし回復後にも、体内にウイルスが数週間存在しています。ですから、オムツ替えの際には素手で排便をは触らないようしばらく気をつけてください。

大人

りんご病 大人

乳幼児動揺、ヘルパンギーナの特効薬はありませんので基本的な対処法は同じです。
ところが大人の場合、はじめは熱があまり高くでないのでヘルパンギーナとは気づかず、ただの夏風邪だと思ってしまう人が多いです。

第一の対処法は、ヘルパンギーナにかかっていると気がつくことです。咳が出る、口腔内に水泡がある、喉が痛いなどの症状が見られたら熱がなくても医者に診てもらいましょう。

ただしばらくすると高熱がでます。また、嚥下することが苦痛に感じられますので、食事は流動食(栄養ドリンク、ゼリー、おかゆ、点滴)にすると良いです。
乳児期同様下痢気味になるので水分補給も忘れないでください。

1週間程度で回復しますが、ウイルスは数週間体内に存在するので他人に移さないよう注意が必要です。
妊婦や授乳中の方がヘルパンギーナにかかった際は、医者に相談してください。胎児への影響は今現在では考えられませんが、服用する薬の組み合わせによっては体に負担がかかる恐れがあります。

もし妊娠中に感染してしまった際は服用する薬の胎児の影響など病院に行った際にしっかり確認しておきましょう。

ヘルパンギーナの対処法をざっとまとめると

  • 水分をこまめに補給する。
  • 有効なワクチンがない為に症状に応じた対症療法で症状の回復を待つ
  • 熱などでうなされる際は冷えたタオルなどで身体を冷やし汗をふきとる
  • ただし下痢止めに関しては出来る限り控える

といった感じとなります。下痢がひどい場合は下痢止めを使いたくなるのですが、下痢はウイルスを排出する役割を持っているので
下痢を止めてしまうと症状を長引かせる原因となりかねないんですね。

なので出来る限り下痢止めは控えるようにしましょう。
あまりにひどいようだった場合は再度病院に行き診察してもらいましょう。

まとめ

上記のように基本的にヘルパンギーナは完治しますが、のどが痛く食事を飲み込むが苦しい点や回復後も周囲の人への感染に気をつける必要がある点など、普通の風邪とは異なり注意すべき点が多い病気です。

ヘルパンギーナに感染しないこと、感染させないことが1番大切です。
二次感染しないよう手洗いうがい、マスクをつけつつ上記の事を気をつけて感染しないよう気をつけましょう!

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク