ノロウイルスの際の食事を確認しておこう。

おかゆ

ノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症すると下痢や嘔吐をしてしまう事もあり食事に関しては気にかける必要があります。

 

下痢嘔吐が長引くこともありますが2日~3日目で症状が軽減してくることが多いのですが場合によっては下痢症状を再発することもあるので注意が必要です。

 

ノロウイルスに感染したときの食事の注意点や元の食事に戻すタイミングはいつからなのか?
ここではノロウイルスに感染した時の食事方法や注意点について紹確認していきましょう。

スポンサードリンク

ノロウイルスで下痢が酷い時の注意点について

チェック

下痢・嘔吐が酷い時は本人が思っている以上に体内から水分喪失しています。
しかし下痢を繰り返している時にはウイルスを排出するだけでなく水分も排出されます。

 

なのでノロウイルスのように下痢が頻発になる場合は時期に関係なく脱水症状を起こしてしまう可能性があります。
なのでまずは水分補給をしっかり行う必要があります。

水分補給

水分補給の仕方としては少量をゆっくり飲ませながら様子をみます。

 

水分を補給すると同時に電解質を補えるスポーツドリンクがお勧めです。
飲ませる時には冷たいままではなく常温(人肌に近い温度)に戻して与えると胃腸にかかる負担が軽減されます。

 

脱水症状がひどい場合は水分の吸収速度が早い経口補水液を飲むようにしましょう。
最近ではドラックストアなどで「OS-1」といった手軽に取れる経口補水液を販売しています。

 

水分を小まめに取るのも良いですが、近くに薬局やドラッグストアがある場合はOS-1を飲ませるのも一つの手として有効でしょう。

脱水症状のポイントについて

下痢によって大切な水分や塩分、糖分、ミネラルを排出されてしまします。それにより脱水症状となるのです。

 

口が乾く、肌の乾燥、目がくぼんだり血液検査に必要な肘の内側の血管が細くなったりします。
下痢や嘔吐が止まらず経口摂取ができない時には点滴が必要です。

 

症状がひどい場合は病院に行くようにしましょう。

病院

■脱水症状の特徴としては

  • 脇の下が乾いている
  • 尿量が少ない
  • 口の中が渇いている
  • 微熱がある
  • 皮膚が乾いている
  • めまいや吐き気

といった特徴があります。

 

さらにひどくなると命に関わる事もあるほどです。
脱水症状を起こさないように水分の補給はしっかり行いましょう。

感染時に良い食事とNGの食事について

野菜

また水分補給と大事になってくるのが食事。
食事を気にせずに食べてしまうとよけいに症状が悪化する可能性があるので確認していきましょう。

 

食事に関してはまず刺激が少なく食べやすいものから摂取していきます。

具体的に言えば

    • お腹の調子をみながら温かくてやわらかいうどんやおかゆ、茶碗蒸しがお勧めです。
    • 甘いものであればバナナ、りんご、ゼリーやプリンといったものも胃腸にやさしく刺激する事がないのでノロウイルスの症状がひどい場合はおすすめですね。

逆に

  • 食物繊維の多いもの(ごぼうやレンコン)
  • 脂の多いもの(ラーメン、脂肪分の多い肉類)
  • 刺激の強いもの(炭酸飲料やコーヒー、香辛料の含んだもの)
  • 柑橘類(みかん、グレープフルーツなど)

といった食べ物はNGです。
胃に負担をかけてしまい下痢の症状がよけいにひどくなる可能性があるんですね。

 

ウイルスは排出されるまでは下痢の症状は続くのですが、それまでは胃に負担の少ないものを中心に摂取するようにしましょう。

 

食べないというのも選択肢のひとつ

感染時に症状があるときには食事ができないことがあります。無理して食べなくても大丈夫です。
弱った胃腸を絶食で休ませることも必要です。

 

ただ、水分だけはこまめに取る事だけは忘れないようにしましょう。

 

また調理する際は食材は細かく切りよく煮詰めて柔らかくするとグッドです。
柔らかくすることで胃腸に負担をかけません。

アルコール類は脱水を助長させるので厳禁です。


スポンサードリンク

いつから普通に食事をして良い?

疑問

人にもよりますが、ノロウイルスに感染して2日~3日経つとウイルスが排出され次第に症状が良くなってきます。

 

ただ下痢が治まりだし食欲がでてきても完全回復してないのでおかゆ程度の食事で抑えてください。
いきなり大量の食事や普通食にすることで休憩していた胃腸が驚き不快な吐き気や下痢を再発させてしまいます。

 

普通食に戻すタイミングとしては下痢が治り固形便になってから戻すことがいいタイミングです。
その頃には症状がかなり回復している事でしょう。

 

ただ冷たい食べ物や消化の悪い食品は下痢症状をおこし下痢が止まりにくくなります。
いきなり普通の食事に戻すよりは段階を踏んで戻す方が胃腸に負担をかけずにスムーズに戻せます。

 

なので脂の多いものが好きだから早く食べたい!…といった心をもう少し抑えて少しずつ体をねらしていきましょう。

 

糖分を補給するには飴を舐めることも効果的です。
食事ができることで少し気分転換もできると思います。

感染して症状が現れてから治るまでおおよそ1週間ぐらいかかる事が多いです。
その間は水分をこまめにとり、食事も刺激の少ないものから摂取していくようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク