ノロウイルスの検査はいくらかかる?

疑問

今ではすっかり名前が知れわたったノロウイルスですが、いったいどのようなウイルスなのでしょうか?
また、どうやって診断されて、費用はどのくらいかかるのだろうか…

 

と、疑問に思う方もいるかと思います。

 

今回は「ノロウイルスかな?」と思って病院に行ったときに、どのような流れで検査をするのか?
といった事について紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ノロウイルスってどんなウイルス?

マイコプラズマ

ノロウイルスは冬に感染する事が多く、ノロウイルスに汚染された食品や牡蠣などの二枚貝を食べる事によって感染します。

 

ではこれらの食品を避ければ問題ないのでは?と良いたい所ではあるのですが、
ノロウイルスは感染力が強く体内に数十個~数百個のノロウイルスを体内にいれるだけで症状が出ます。

 

主に人から人へうつる方法として

  • 感染者のせきやくしゃみなどによる飛沫感染
  • 下痢など汚物に含まれるウイルスを落としきれずに感染

といった感じで感染する事もあります。

集団感染する事もあるので特に周りでノロウイルスに感染している場合は手洗い、うがいの徹底やマスクを着用など予防をする必要があるでしょう。

ノロウイルスの症状について

食中毒 症状

ノロウイルスに感染すると1~3日で症状が現れます(潜伏期間)。ノロウイルスの症状は「ひどい吐き気やおう吐と下痢」「腹痛」「37~38℃程度の発熱」です。

 

吐き気や下痢などのお腹の症状が強いわりに、それほど高熱が出ないことが多いのがノロウイルスの特徴です。

 

また、日ごろ健康な人であれば1~2日で症状が改善することが多く、重症化することは少ないと言われています。
しかし、下痢やおう吐が続くと赤ちゃんや小さな子ども、お年寄りは脱水症状を起こすことがあるので、注意が必要です。


スポンサードリンク

ノロウイルスの検査方法について

チェック

まずノロウイルスの検査についてですが、最寄の保健所や保健所で検査をする事が出来ます。
病院としては内科に行けば問題ないでしょう。

 

主な検査方法としては検査キットで行います。

綿棒を入れて便を採取する方法や直接採取する方法などがあるのですが、
実際検査する場合はあらかじめ準備などが必要か確認しておきましょう。

便を採取するのに少しとまどいを感じる方もいます。が、ここはノロウイルスに感染していないか知らず後で辛い症状に比べれば…
と思ってぐっと我慢しましょう

検査は30分~1時間程度で終わります。

検査の費用について

財布

まずノロウイルスの検査には保険適用になる場合と適用にならない場合があります。

 

保険適用が認められているのは

  • 3歳未満か65歳以上
  • 医学的に医師が必要であると認めた人(がんや臓器移植後の人、抗がん剤・免疫抑制剤などの薬を投与中の人)
  • のみ保険適用が認められているのです。
保険が適用される場合は1000~1500円程度で済みますが、
適用外の場合は5000円程度はかかります。

ただ検査費用は医療機関によって違うので検査する場合はどれぐらいかかるのか確認しておいた方が良いかもしれませんね。
値段に関してはあくまで相場はこれぐらいと思ってもらえばと思います。

検査の精密検査というのもある。

 

実は検査キットでの診断は100%判断出来る検査ではありません。とはいってもかなりの確率で判定は出来るので
一般に受けるだけであれば検査キットで十分ではあります。

 

ただ学校で給食などを作っている方などの飲食業の従事者は特にノロウイルスなどのウイルスには気をつける必要がある方ように研究機関や行政機関による検査があります。

 

検査は点滴や血液検査、レントゲン検査など検査きっととは違い様々な診断を受ける事になります。
保険適用外でもあるので費用としては1~2万円とけっこう良い値段がかかります。

 

食品関係に携わる方は精密検査を受けておいた方が良い事もあるのでこういった検査があるという事も覚えておきましょう。

まとめ

  • ノロウイルスは食品の不衛生やノロウイルスが含まれた牡蠣などから感染する
  • また感染力が高く人から人へと感染する
  • 検査は検査キットで行われ、費用は保険適用であれば1000~1500円、適用外であれば5000円程度
  • 精密に検査をするのであれば1~2万円程度