手足口病の初期症状や感染経路をチェック

口内炎

夏に感染する事の多い手足口病。

名前の通り手や足、口などに発疹や水ぶくれの症状などが発生し、痛みを伴う辛い感染症の一つなんですよね。
初期症状や予防、治療法などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

手足口病について

マイコプラズマ

手足口病は、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る病で、ウイルス感染によって起こる感染症です。

主に子供が中心的にかかりやすく、夏の時期に流行ります。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71です。その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることがあります。

夏風邪のひとつと言われており冬だけでなく夏にもウイルスに感染する事が実は多いんです。
特に周りが感染している場合は予防などをしっかり気をつけたい所ですね。

大人が感染する事も

りんご病

子供が感染しやすい病気ではあるのですが、感染力が強い為に子供からのウイルスをひろってしまい大人が感染する事もあります。

出産直前の妊婦の方が感染した場合、生まれてくる新生児に感染する恐れもあります。
感染した場合は、軽い症状で済むことが多いですが、肝臓や心臓などの臓器に感染し、最悪死に至る場合もある為、手足口病・・・?と思ったら直ちに病院で受診してもらうことをお勧めします。

関連記事手足口病の大人の症状はいつまで続く?

手足口病の初期症状について

りんご病 うつる

最初に出る症状としてまず口の中の痛みになります。口内には、白いぽつぽつとした発疹が出てくる事が多く手足口病に感染しているかを確認するサインとなります。

子供の場合、熱が出たとしても38度以下が大半で、手・足・口に水疱ができ、頭痛や筋肉痛、悪寒などの症状も見られます。

初めは口内炎かな?と感じるのが手足口病の初期症状なのですが、手や足、口を中心に水ぶくれや口内炎がひどくなってきたら手足口病で間違いないでしょう。

厄介なのは大人の場合で3割の人が40度近い高熱になり、さらに指先へ発疹やかゆみが生じることで、1~2か月後に爪が剥がれてしまうこともあるのです。

このように、子供の手足口病とは比較にならないほど、重症化する例があるのです。
感染しないように気をつけたい所ですね。


スポンサードリンク

手足口病の感染経路は?

疑問

手足口病は、夏をピークに保育園・幼稚園・学童を中心に流行る病気といわれています。実際、手足口病患者の約90%は5歳以下の乳幼児です。しかし、大人が手足口病にかかる可能性もありこ友の場合と違って重篤化する傾向にあるということがわかっており、、「子供の病気」と安心していてはいけません。

感染には主に、「飛沫感染」「接触感染」「糞口感染」の3つがあります。

「飛沫感染」

くしゃみや咳によって病原体が飛散し、周囲の人の粘膜に付着し感染することがあります。風邪などと同じでマスクを着用し、感染を防ぐことが大切です。

「接触感染」

感染者が触ったものを触り、その手で目や口などの粘膜をこすることで感染します。患者と直接接触しなくても感染する危険性があります。

「糞口感染」

感染者の排泄物に含まれていたウイルスが、他の人の口に入ることで感染することがあります。
トイレのあと、手洗いが不十分なままで食べ物を扱うことで感染します。

特に多いとされる例としておむつ交換があります。
※子供のおむつを替えることは日常茶飯事ですが、いつも以上に清潔に心がける事が必要になります。

といったような事が感染経路としてあげられます。
飛沫感染や接触感染はご存知の方も多いのですが、糞口感染に対しても気をつけるようにしましょう。

手足口病の予防・治療法について

チェック

手足口病の症状や予防について表にしてまとめました。

 

症状 予防 治療法
手足の水疱や発疹 水疱はかゆみや痛みを生じますが、掻きむしって潰さないように保護します。

潰れてしまうと、接触感染を起こす恐れがあります。

強い痒みの場合、抗ヒスタミン剤を含む薬で炎症を鎮めることが一般的な方法です。

軽い痒みの場合、市販薬のムヒなどの痒み止めも効果的です。

発熱や頭痛 マスクを着用します。 微熱の場合、経過観察、または市販薬です。

高熱の場合、病院に行くことをお勧めしますが、いけないという方は、解熱鎮痛剤で対応できます。

水枕や冷えピタなどで頭部を冷やすことも忘れずに

口内炎   口内炎の症状は、塩うがいをお勧めします。

塩水を口に含み、幹部に当てるようにぶくぶくうがいを行います。し終わったら、普通の水で口の中を洗い流します。

目安は1日5回。起床時・朝昼晩の食事の後・就寝時が効果的です。

喉の痛み キンキンに冷えた飲み物はNG。

毎日のうがい、手洗い。

喉を温める。マスクをする。肩を回し、血行を良くする。塩水or緑茶or紅茶orオイルでうがいをする。
下痢   できるだけ、そのまま出すことをお勧めします。体に溜まった濁毒を流してくれます。しかし、どうしてもという方は、「調整剤」の使用をお勧めします。

といった対処法になってきます。
手足口病はウイルス感染が原因なのでウイルスが体内からいなくなり抗体が出来るまでは症状が続くんですね。

また有効なワクチンがない為に症状に応じた対処法になってきます。
予防や手洗いやうがい、マスクなどを着用。対処法は症状に応じた対症療法でのりきりましょう。

手足口病かもと感じたら、何科に受診するべき?

病院

手足口病かもと思い、初めての経験に戸惑うことも多々あります。

そこで、病院に行きたいけど、何科に行くべきなのか・・・?と考えたことはあるかと思います。

手足口病は、内科・皮膚科・小児科に受診します。
症状の出方は個人差なのでどこに行けば悩む所ではあるのですが、もし悩む際は大人は内科、子供は小児科に行くようにしましょう。

最後に

自宅でできる対処法を紹介しましたが、なにかおかしいかも・・・?と感じたらまず、病院に行くことをお勧めします。

病院で受診してもらうことで、正しい治療法のもとで早期発見となる場合もあり、早く治る可能性はかなり高いと思われます。

また、手足口病は、ヘルパンギーナや突発性発疹と区別がつきにくいので、なるべく早めの受診を心がけましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク