インフルエンザで熱がでない理由について

発熱

インフルエンザの症状も型式があるというのはご存知でしょうか?

症状としては高熱を発症するイメージがあるのですが中には平熱や微熱程度で治まる事も実際あるんです。
ただ熱以外にも辛い症状が出たりするんです。

高熱がでると思っているなかで発熱しないことへの原因は何なのか気になるところですよね。

ここでは熱が出ないインフルエンザの原因を突き止めとともに対処方法や予防策についても詳しくお伝えいたします。

スポンサードリンク

インフルエンザの主な症状について

まずはインフルエンザの主な症状について確認しておきましょう。

くしゃみ

インフルエンザにもA型、B型、C型がありその中でも色んなタイプがあるのですが、主な症状としては

・38度を超える高熱
・頭がぼーっとする
・寒気
・喉から気管支にかけての炎症による痛み(症状が進行すると肺炎の事も)

といった症状が出ます。

インフルエンザは感染してから症状に出るまでが早く

感染して数日の内に症状が現れ、上記のような症状が2~3日程続きます。
高熱や寒気などの症状が落ち着いたら咳や鼻水といった呼吸器系の症状が1週間続く傾向があります。

高熱がひどい場合は身体の免疫がウイルスに抵抗しています。その際に痛みをもたらす物質を体内で分泌するこ事もあり関節痛や筋肉痛になる事もあります。痛みがひどい場合は身体を冷やすようにしましょう。

インフルエンザなのに熱が出ないのは何が原因?

熱

とは言ったもののインフルエンザに関しても熱が出ない事もあります。特に最近ではその傾向が強くなっています。
その原因についてはいくつか理由があります。

インフルエンザB型

咳

インフルエンザでもA型、B型、C型とありその型の中でも色んな種類があります。

その中でもインフルエンザB型は熱が出ない事がよくあるんです。
(もちろん高熱を出す事もあります。)

ただ熱が出なくても

  • くしゃみが止まらず喉の痛みが続く
  • 頭がずきずきする
  • 倦怠感
  • 下痢がひどい

といった症状が出るので熱が出ないからといって症状としては決して楽ではないという事を覚えておきましょう。

風邪薬の服用

薬

「咳や熱っぽい症状なので風邪薬の服用を行っていた。」

という方の場合に熱が出ないケースがあります。

風邪薬の中には解熱鎮痛剤が含まれている事が多いのでインフルエンザに感染しても”一時的に”熱が出ないというケースもあるんです。

ただそういった場合ウイルス自体を抑えるわけではないので薬の効果が落ちた時に発熱するケースがあります。

予防摂取をしていた

注射

インフルエンザの場合は予防接種を行う方も多いかと思います。

予防接種を行う事でインフルエンザに感染したとしても症状がひどくならずに治癒する事もあるんです。
※予防接種を行っても感染するケースはあるので注意。

もちろん予防接種を打っても症状がひどくなるケースももちろんあるのですが、軽い症状で済む事が多いという事を覚えておきましょう。

高齢者

高齢者

高齢者が感染した際も熱が出ない場合があります。

高齢者の場合は加齢のため免疫力低下により発熱することでウイルスと戦うことが出来ない事があるのです。
つまり高齢者のインフルエンザ感染については特に気をつける必要があります。

熱がでないことでウイルスは増殖しインフルエンザの合併症として肺炎や髄膜炎、脳症などの重症化を招くので注意が必要です。


スポンサードリンク

熱が出ない時の対処法について

チェック

インフルエンザの熱が出ない時についても感染している事にはかわらないのでインフルエンザ同様の対処が必要となってきます。

ひとつずつ確認していきましょう。

抗インフルエンザ薬の服用

薬

抗インフルエンザ薬にはウイルスの増殖を抑制するもので発症から48時間を超えると効果が出にくくなります。早い段階で服用することで症状が軽くすむのです。

インフルエンザは型式により症状が異なることが多いので医師の指示に従い治療を進めることが必要です。

部屋の湿度をキープ

部屋

湿度を保つことで対処できることがあるのです。

湿度を50%~60%にキープすることで喉が乾燥することを防ぎ空気中のウイルスの活性化を抑えることもできます。発熱や下痢症状があるときには脱水症状をおこしやすいので適度に水分補給をしてください。

大人と子供の違い

疑問

大人以上に子供が感染した時には注意が必要です。どのようなことに注意をすることが大切なのかをお伝えします。

まず確認しておきたいのが子供は大人に比べて免疫力が低く重症化しやすいので注意が必要です。

  • 熱があっても子供は訴えることができないことがあります。体が熱っぽい時は様子を見て薄着にして風通しをよくすることです。
  • 逆にもし手足が冷えているときには手袋や靴下で保温してください。症状によって対処を変えていきましょう。
  • 下痢などの消化器系症状が出る場合があります。脱水予防として適度な水分補給を心がけてください。

といったように大人が感染した際もそうですが、子供が感染した際は特に症状に対してすぐ対応出来るようにしましょう。
また症状がひどい場合は再度病院で診察してもらうようにしましょう。

まとめ

インフルエンザで熱がでない時の対策について紹介しました。

熱の症状が出なくても頭痛や倦怠感などインフルエンザ特有の症状が現れます。
感染した際はお薬をしっかり飲んで十分に休息を取るようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク