疑問

カンピロバクターは食中毒になる細菌のひとつで年々増加傾向にあります。

病院で診断を受けた時はドクターに聞き返すことさえあるのではないでしょうか?聞いたことがない病名だからこそ何から感染したのか他人にうつす心配があるのか不安になります。

すこしでも不安解消の手助けができるようカンピロバクターのうつる危険性や症状、感染しないための予防法を詳しく説明します。

スポンサードリンク

カンピロバクターの症状について

腹痛

潜伏期間は約1日~7日間です。(平均で2日~3日)ほかの食中毒と比較しも潜伏期間が長いのが特徴です。

主な症状は水様便や血便、粘液弁のような下痢、腹痛、37.5度~39.5度の発熱をあらわします。

汚染食品内ではあまり菌が増殖しませんがごく少量の菌数でも発症することで潜伏期間が長くなる原因は摂取する菌の数の差が関係しています。1日の最高便回数が多く血便を伴う可能性が高いことも特徴です。

その他にも頭痛や悪寒、倦怠感、筋肉痛を併発することもあります。

初期症状は風邪に似た症状で間違えることもありますが2日~5日程度で回復するのがほとんどです。症状が長引きギランバレー症候群やフィッシャー症候群を発症することもあります。

また胃腸炎の合併症として胆嚢炎や膵炎腹膜炎があり稀ですが腸管外感染をおこし敗血症や髄膜炎を引き起こすことがあるので注意してください。

カンピロバクターのうつる心配と感染経路を確認しておこう

生レバー

カンピロバクター食中毒発生では肉類が最も多く大半は鶏肉及びその内臓肉による感染がほとんどを占めています。中には牛レバーの生食で感染した例もあります。

少しの菌数で感染が成立し潜伏期間が比較的長いこと、通常は大気中では死滅しやすい特徴から感染源の特定は極めて困難です。

カンピロバクター菌は乾燥に弱く室温では長く生存はできません逆に室温が低く湿潤しており酸素にさらされることがなければ生存日数が長くなります。

つまり冷蔵庫の中はカンピロバクターが生き続けるためには絶好の場所となります。他にはペットボトルや井戸水、湧水及び簡易水道水を感染源として水系感染例もあります。

人から人への感染の心配

カンピロバクターの感染力は非常に強く100個程度の菌でも感染します。

しかし乾燥に非常に弱く大気中で生存できないことから空気感染の心配はありません。人から人に伝染することは滅多にないと言えます。

小児や高齢者は免疫力が弱く人との接触により直接感染することが稀にあります。成人に関しても便を介して感染の可能性はありますが特殊なケースなので人から人の感染はないと考えて問題ありません。

犬や猫のようなペットのお腹にもカンピロバクターは生存し排泄物を介して人に感染することがあります。排泄物の処理には十分気をつけてください。

なので基本的には食事による感染が多いと思っていただければと思います。


スポンサードリンク

感染しないための予防対策は?

チェック

カンピロバクターに感染しても免疫力が高ければ発症せず自然治癒します。ただ免疫力が低い高齢者や乳幼児は重篤な症状を引き起こす可能性があるので注意してください。

主な予防については

  • 予防法として調理時に食品を十分に加熱する、生肉を調理した時は台所用品(包丁やまな板など)の消毒をして生野菜などへの二次感染がないように注意をします。
  • 生レバーや鳥刺しはおつまみに最適でとても美味しいのですが十分加熱することが大切で生で摂取することは極力避けたほうがいいです。
  • カンピロバクター菌は低温に強く冷蔵庫内で長期生存するため冷蔵庫保管は安心と思う人もいますが間違いです。お肉はしっかり火を通して食べるようにしてください。
  • 台所の衛生面はもちろん手洗いやうがいをして規則正しい生活を心がけてください。