マイコプラズマの薬の服用期間などについて

薬

マイコプラズマ肺炎は以前はオリンピック肺炎といわれるほど毎年ピークがあるわけではなかったのですが、ここ数年は毎年感染者が出ています。

マイコプラズマの対処法としては抗生物質による薬の服用が一つにあげられるのですが、副作用はないのだろうか…?

と心配になられる方もいるかと思います。

ここではマイコプラズマ肺炎に感染した時の服薬期間と気になる副作用について紹介していきます。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎に感染したときの症状とは

ではまず主な症状について確認しておきましょう。

マイコプラズマは気管支などに症状が主に現れる感染症の一つで咳は必発症状です。乾いた咳から湿った咳が頑固に長期間続きます。

特徴として発作のように夜間や早朝に強くなる傾向があります。

発熱、痰、咽頭痛、鼻症状、胸痛、頭痛などを併発もありますが肺炎の中でも元気で状態も比較的良く診断が遅れることがあります。

マイコプラズマ肺炎は14歳以下の子供が8割を占めていますが大人も感染します。
子供と大人で発症する症状はほぼ同じですが大人の感染では子供の症例にない特徴もあります。子供と大人の症状を詳しく説明します。

子供が感染した時の症状

くしゃみ

長い潜伏期間を経てその後の初期症状は38度以上の発熱や頭痛、倦怠感をあらわします。

マイコプラズマ肺炎の症状は個人差があり特に発熱もせず頭痛と倦怠感だけの子もいます。

通常は2日~3日で解熱しますが中には1週間続く子もいて子供により症状が異なり軽症の場合は風邪と間違えることがあります。
(咳や痰、口臭症状)

子供の場合マイコプラズマ肺炎の病原体が消化器や気管支に入り嘔吐下痢や咽頭痛、声枯症状をおこすことがあり、中には口臭が強くなる子もいます。

咳が続き胸痛や耳の痛みを訴え、胸痛症状は肺炎症状ですが耳の痛みは中耳炎の可能性があります。

大人が感染した時の症状

くしゃみ

微熱や咳、倦怠感が続いた後に38度~39度の高熱を発症します。

熱は1日高くなく決まった時間に上昇し、しばらくすると下がります。
(湿りのある咳)
マイコプラズマ肺炎の特徴で痰を絡まない乾いた咳があり解熱した後でも長引くことが多いです。

大人の場合、長引く乾いた咳から気道炎症がおき分泌物が増え湿った咳に変わることが特徴です。

子供に比べ大人は重症化しやすいです。特に免疫力の低下している高齢者は重症化リスクが高くなります。

胸水貯留や呼吸不全をおこす危険のある時は入院治療が必要です。

薬の服用期間はどれくらい?

薬

症状が子供と異なると治療薬や期間も違います。ここでも大人と子供でわけて説明します。

大人の治療と期間

今までマクロイド系やテトラサイクリン系の抗生物質が効果を示し治療薬でしたが最近では耐久菌がでて有効性が疑われています。

大人の場合LAMP法、イムノクロマトグラフィー法で確定診断後、第1選択薬はマクロライド系を7日~10日投与します。

薬の効果を48時間~72時間で評価し効果がなければテトラサイクリン系やキノロン系に変えます。重症化した時はステロイド全身投与を併用して治療することも考慮します。

子供の治療と期間

マイコプラズマはウイルスと細菌の中間の大きさでどちらの性質も持っています。

治療薬は抗生物質を使用するが細菌やウイルスに効果的な抗生物質を使用してもマイコプラズマには効果がありません。

そのためマクロライド系、ニューキノロン系、テトラサイクリン系の抗生物質を使用します。

テトラサイクリン系抗生物質は副作用の関係で8歳未満には使用してはいけません。
子供の治療期間は薬を服薬して10日~14日は必要です。

ほとんど外来で治療が可能ですが、他の肺炎を合併またマイコプラズマ耐久菌による肺炎では重症化すると1週間程度入院治療が必要になります。


スポンサードリンク

治療のために服用した薬でも副作用があるの?

疑問

マイコプラズマ肺炎に使用する薬は3種類あります。

マクロライド系(クラリスロマイシン、ロキタマイシン、エリスロマイシン、アジスロマイシン)と、効果がないときはテトラサイクリン系(テトラサイクリン塩酸塩)、ニューキノロン系(ストフロキサシントシル塩酸塩)の抗生物質を使用します。

薬の種類別に副作用を紹介します。

マクロライド系

(クラリスロマイシン)
クラリスロマイシン単体の副作用は少ないが吐き気、胃痛、下痢が副作用としてでることがあります。

抗生物質の特徴で薬の分解を遅らせ血中濃度を上げます。飲み合わせに対する副作用にも注意してください。

(エリスロマイシン)

よく風邪の時にも処方される薬です。

副作用として吐き気、胃痛、下痢症状やかゆみなどがありますがリスクは少ないです。ただしかゆみや発疹などが続く場合は使用を中止して再度病院に連れていきましょう。

(アジスロマイシン)

副作用が少なめの薬ですが下痢や腹痛、悪心、嘔吐、服部不快感の消化器症状や目眩、発熱、発疹などの副作用をおこすことがあります。

また肝機能障害や全身倦怠感症状では医師の指示で服薬を中止することがあります。高齢者では生理機能が低下する可能性もあるので慎重に服用します。

テトラサイクリン系

ニューキロノン系

(トスフロキサシントシル)
小児向けの薬で処方されます。副作用は少ないが発疹や下痢になることもあります。肘や膝関節の痛みや腫れが現れることもあります。

薬には効果を現すメリットがはる反面、医師の指示通り服用する限り確率は少ないですが副作用をおこすデメリットもあります。服用の際は自己判断で服用や中止をせず医師の指示通りにし安静にすることが病気を早く治すことになります。

といったように抗生物質には副作用の症状が出る事があります。

もし服用によって副作用の症状が出た場合でひどく出る場合は服用を中止して再度病院で症状などを説明して診断してもらうようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク