プール熱の潜伏期間中にうつる事はある?

うつる

夏に感染する事の多いプール熱。

夏風邪の一つと言われているプール熱なのですが、原因となるアデノウイルスは感染力が強い病気で他の人にうつる事があるんです。

では潜伏期間中でもうつる事はあるのでしょうか?予防法も含め確認していきましょう。

スポンサードリンク

プール熱とは?

プール

プール熱とは、幼稚園や学校などでプールの時期が始まるときに起こる夏かぜの一つです。正式名称は、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいますが、プールの水を介して感染しやすいことからプール熱と呼ばれています。

 

プール熱の主な症状は3つあり、結膜炎、咽頭痛、発熱です。
これら3つの主な症状があらわれるため、 咽頭結膜熱 と呼ばれています。

 

急な発熱で発症し、咽頭痛によるのどの痛み、そして結膜炎に伴い充血や目の痛みなどが現れます。

この3つの症状についてですが、

・まず発熱に関しては、39~40度の熱が3日~1週間続きます。

・のどが真っ赤になり、激しい痛みがあることが多く、3日~5日持続します。この時、激しいのどの痛みにより食欲不振になりがちです。
その為脱水症状には注意するようにしてください。

・また結膜炎には、目の痛みやかゆみがあり、目やにが出たり、涙が止まらなくなったりもします。
目をこすると悪化してしまいます。目薬や清潔なタオルやハンカチで目やにを取ってあげるようにしましょう。



関連記事プール熱の子供の症状について

大人が感染する可能性は?

ではプールへ入る機会がすくない大人は感染することがないかと気になる所ですね。

 

確かに、プール熱を発症するのは幼児~小学生が圧倒的に多く、大人がかかることは稀です。

しかし、原因ウイルスであるアデノウイルスは感染力が非常に強いため、大人でも発症する可能性が無い訳ではありません。

 

プール熱を発症した子供からの二次感染が主です。なので子供が感染した場合は手洗い、うがい、家でもマスクをするなど感染しないように徹底しましょう。

関連記事プール熱の大人の症状について

 

流行時期に関しては、6月から徐々に増加し始め、7~8月頃にピークを形成し、10月頃まで流行が見られます。
但し、アデノウイルスは年中活動しておりますので、夏以外にも流行することがあります。

プール熱の潜伏期間中にうつる事もある?

期間

プール熱の主な原因であるアデノウイルスの潜伏期間は5日~7日程度と言われています。このアデノウイルスは症状を発症するまでの潜伏期間がやや長い傾向にあることも一つの特徴です。

 

またプール熱は潜伏期間中にうつる事はあります。潜伏期間中は症状に出ないのですが、ウイルスを保有している為感染する事があるんです。

 

もし発症をしてから過去1週間の間に、プールの授業や習い事などがあった場合には、集団感染を防ぐためにもプールの管理者へ報告しておくなどすると良いでしょう。

 

感染症を発症したプールに自分の子供が通っていて、我が子は症状が出ていない場合は要注意です。

というのも知らず知らずの内にウイルスをもらってしまう可能性があるんですね。

 

この場合、ウイルスを子供が保有している可能性があり、しかも自分が感染してしまう時もあります。潜伏期間が長い為に防ぐ事が難しい所ではあるのですがマスクなどを着用し、手洗いうがいをして二次感染のリスクを減らしましょう。

スポンサードリンク

プール熱の検査方法。値段はどれぐらいかかる?

疑問

プール熱の検査方法は現在の症状を診察します。

 

プール熱の特徴でもある高熱やのどの炎症、目の充血などの症状が見られた場合、プール熱が疑われます。そういった場合は検査を受けに病院に診察してもらいましょう。

 

既にその地域のドクター自身が流行状況を把握している場合は、その情報を知った上でプール熱かどうかの判断を行います。これらを踏まえた上で、プール熱と判断されることもありますが、さらに迅速検査や血液検査を行う事もあります。

 

迅速検査とは、のどを綿棒でこすり、粘膜に原因菌であるアデノウイルスがいるかどうかを見ます。この検査はすぐに結果が分かるので、現在はこの迅速検査が行われることがほとんどになります。

 

また血液検査は期間をあけて2回行います。1回目より2回目の方で抗体が上がっていればプール熱と判断されます。

 

但し、この検査結果は迅速検査とは異なり時間がかかるため、プール熱かどうかの判断を行うというよりかはそうであったことを事後確認するための検査として使われる事が多いようです。

 

そして気になる検査料金ですが、病院によって若干の違いがありますが平均して、3000円前後の料金がかかります。

 

またこの検査においては保険適用外ですので、事前に検査をしてもらえるかの確認と料金の確認をするようにしましょう。

まとめ

プールの水を介して感染することの多いプール熱。

流行は子供が多い傾向にあると言いつつも、大人でさえも気をつけておかないと感染する恐れがあります。結膜炎、咽頭痛、発熱といった3つの症状は決して軽い症状とは言いにくいものです。

 

周囲で流行した場合や、プールがはじまる時期になると手洗いなど行い清潔に保つようにし、もし近くに感染者がいる場合は、マスクやタオルなどを共有しないようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

 

スポンサードリンク