インフルエンザの検査について

注射

インフルエンザの予防接種を行う方は多いかと思われますが、検査もある事はご存じでしょうか?

 

主に感染してから検査を行う事になると思いますが、検査を行いインフルエンザがを早急にわかる事で治療薬が効果的に効くんです。その事から検査をされる方も多いんです。

 

ただいつ検査しに言ってもいいというわけではありません。今回の記事では検査はいつから行うのが良いかまた検査時間や金額について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの検査とは?

疑問

まずインフルエンザの検査について確認しておきましょう。

 

インフルエンザで行われる検査とは主に「検査キット」というもので行われます。

 

インフルエンザウイルスは鼻奥の粘膜についているので鼻吸引した液や鼻奥や喉の奥を綿棒で拭って着いた液を医師が採取し検査します。

 

多種類のメーカーが検査用のキットを出しているのですが、その内のほとんどインフルエンザのA,B型の判定が約15分前後でできます。

 

インフルエンザに感染してすぐではウイルスが増殖してなく検査に十分のウイルスがないと感染していても陰性で判定がでるので検査を受ける時期に注意が必要です。

インフルエンザの検査を行うのはいつからするのが良い?

時間

検査を行うタイミングについてですが、タイミングとしては症状が発症して12時間以上48時間以内がいいと考えられます。

 

まず症状が現れてから12時間経過しないと例えインフルエンザに感染していても陽性結果は出ません。その事から症状が現れてすぐに検査しても意味がないんです。

 

かといってインフルエンザに感染していることがわかった時点で抗インフルエンザウイルス薬の内服を始めるのですが、

 

抗インフルエンザウイルス薬は発症から48時間以内に開始しなければ効果がないと言われているので検査を受けるのが遅すぎるのも問題なのです。

 

その事から12時間から48時間以内に検査をする事が良いというわけなんです。

検査を行う事によるメリットは?

検査を行う事で早いうちにインフルエンザに感染した事がわかる事で治療薬を早いうちに投与する事が出来ます。症状が悪化する前に早いうちに治療を行う事が重症化しない上で重要ですね。

 

検査キット自体は小さくどこでも検査できるのでどこの医療機関でも常備できる検査キットとなります。

 

自身の馴染みの病院で検査を受けることができます。検査結果も10分から15分で結果が判定され再度病院に行く必要がありません。

 

他にも学校や保育園、また家族の二次感染を防ぐ役割も持っています。感染する事で家庭内でのマスクをつけるなど予防をいち早くする事が出来ます。その事から検査を行う人もいますね。

検査を行う事によるデメリットについて?

まぁ当然ではあるのですが、検査をしにいく過程でインフルエンザウイルスを拾ってしまう可能性があります。

 

なので病因に行く際は手洗いうがいをしっかり行いマスクを着用していから行くようにしましょう。

 

あと、当然ですが検査にお金がかかります。まぁこれは診察してもらい検査キットを行うので当然ではありますが、仮に感染していなくてもかかるという事を頭に入れておきましょう。

 

まぁデメリットに関しては当たり前の事であってデメリットというニュアンスは合っていないかもしれませんが、検査をするまでの過程にでも感染する可能性があるという事だけ覚えておきましょう。

インフルエンザの検査って痛いの?

泣く

たまにインフルエンザの検査は痛かった…という声を聞くことがあるかもしれません。

 

主な方法は簡易検査キットによる綿棒みたいなもので鼻の粘膜から細い綿棒の様なもので菌がいるか調べるのですが、鼻の奥まで入れて検査を行うので痛みを伴う事があります。

 

大人であれば我慢出来るとは思いますが、子供の場合は痛みで泣いてしまう事も…なんて事もあるほどです。

 

痛みに関しては人それぞれで痛いという事もあればあまり痛くなかったという意見もありますし、お医者さんの仕方によって変わったりします。

 

ただ検査キットで行う際は痛みを感じる事もあるという事を頭に入れておいて検査を行うようにしましょう。


スポンサードリンク

インフルエンザの検査の費用は?

費用

インフルエンザの検査にかかる費用についてですが、まず基本的には保険が適用されます。

 

検査のみの費用の場合はおおよそ6000円程度でそこから保険がかかりますので金額としては約2000円程度で済みます。

ただし保険が適用されない場合がありまして、

  • まだ症状に出ておらず検査をする必要がないと医師が判断したにも関わらず検査を希望した場合
  • 検査キットが保険に適用されていないものだった場合

に限っては保険が適用される事はありません。まぁ検査キットについてはまず検査キットが適用されているものが使用されているので心配はないかと思いますが、症状に現れていない場合の検査は保険が適用されない事を覚えておきましょう。

感染していた場合は別途お金がかかる

薬

そして検査を行い感染している事がわかった場合は抗インフルエンザ薬が処方されます。

 

インフルエンザの症状を抑える為に検査を行うわけで感染した場合の対処法として抗インフルエンザ薬を貰うわけではありますが、2000~3000円ほどかかります。

 

つまり感染していた場合は合計4000~5000円ほどかかると思っておきましょう。

 

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^