溶連菌の抗生物質の種類について

薬

溶連菌は5歳~15歳までの子供がよく感染する事の多い溶連菌感染症。溶連菌の対処法の為に体内に侵入した細菌を死滅させるため抗生物質が処方されます。

 

ただ病院で処方される抗生物質にも色々と種類がありまた正しい飲み方を知っておかないと再発する可能性もあります。

 

ここでは溶連菌治療で使用される抗生物質の種類と服薬期間や正しい飲み方について詳細に説明します。

スポンサードリンク

溶連菌の症状について

まず溶連菌の症状について確認しておきましょう。

発熱

風邪

発熱は初期症状としてあらわれる事が多く38~39度の高熱になる事もあります。

 

抗生物質を飲む事で熱は数日の間に引いてきますが、そこで抗生物質を飲むのをやめてしまうと再発する恐れがあります。再度までしっかり飲みきるようにしましょう。

のどの痛み

のど

溶連菌に感染するとのどの痛みを生じる事が多く食事に支障をきたす事もあるほど痛みを伴う事があります。

 

のどちんこなどが赤くなり腫れる事もあるので水分を取る事すら傷みを伴う事があります。

イチゴ舌

主に子供が感染した時に症状が現れる事の多いイチゴ舌。

 

イチゴ舌はしたに苺のようなブツブツが出来る事からイチゴ舌と呼ばれておりこちらも痛みを伴う事が多いです。

 

抗生物質を処方する事で腫れが収まりそれに応じて痛みを収まっていくでしょう。

発疹

発疹

溶連菌に感染してしまうと赤い発疹を伴う事があります。

 

脇の下や下腹部を中心に小さい赤い発疹があらわれ全身に出る事も。かゆみも出るのでついつい身体を掻いてしまいがちですが、余計にひどくなるだけなので爪を切るなど出来る限り皮膚を傷つけないようにしましょう。

 

熱が下がった後に皮膚がむけて発疹はなくなっていきます。

 

といったような症状が主な症状です。他にも熱に伴い倦怠感や食欲不振、吐き気や嘔吐といった症状が出ます。これらはどれも抗生物質を飲み始めて数日~1週間程度で治まってきます。


スポンサードリンク

溶連菌の抗生物質の種類について

薬

溶連菌に感染した際の対処法については抗生物質を服用する事で溶連菌を体内で死滅させる事です。

 

とはいえ抗生物質にも種類があり副作用なども出る事があります。ひとつずつ確認していきましょう。

ペニシリン系(サワシリン)

サワシリンというペニシリン系の薬を処方することが多くあります。ブドウ球菌や肺炎球菌にも効果があり気管支炎や中耳炎の時にも処方され幅広く使用されています。

 

副作用としては下痢や出血、身体のだるさなどが出る事があります。
他にもアレルギーとして蕁麻疹や呼吸器症状、顔や口周りの腫れなどを起こす事があります。

 

重度アレルギーではアナフィラキシーやショック状態になる危険性もあるため蕁麻疹がでた段階で受診するようにしましょう。

マクロライド系(エリスロマイシン)

この抗生物質も色々な細菌に効果的ですが日本ではマクロライド系に対する耐性菌が増えているので注意が必要です。

 

この薬単独の副作用は少ないですが市販の解熱鎮痛剤や処方薬の精神安定剤、心臓の薬の併用服用は痙攣をおこす危険があります。

 

普段から服用している薬があれば医師に伝え飲み合わせについても相談が必要です。また飲み続けても症状が治まらない場合も早いうちに再度病院に行くようにしましょう。

セフェム系(メイアクト、フロモックス)

ペニシリン系に比べ副作用やアレルギーはでにくいとされています。

 

小さい子供の服用で腸内細菌バランスを崩し下痢や軟便になりやすくなります。

 

とはいえ乳幼児が服用すると低カルチニン血症を引き起こし低血糖症状がでる事もありますので身体の症状に異変が出た場合は病院に行くようにしましょう。

抗生物質の服用期間は?正しい飲み方もチェック

チェック

薬の服用期間

溶連菌治療で抗生物質の服用期間は約10日間とされています。

 

服用始めて24時間以内で急速に感染力が弱まり2日~3日すると解熱もします。解熱後5日経過すると手足の皮が剥がれ咽頭痛もなくなります。

 
重要

約1週間で症状が和らぐのですが処方された抗生物質は処方量を医師の指示通りの分量ずつ飲み最後まで飲み切ります。途中、自己判断で薬を中止するのは厳禁です。

飲み忘れた時の対処法

薬の飲み残しで体内の細菌が残留し症状の再発や溶連菌による合併症をおこし重症化することもあります。

 

忙しくて飲み忘れた時はどうすればいいのでしょうか?

 

飲み忘れで抗生物質の体内濃度が上がらず細菌と戦うことができません。そのため症状が長引き抗生物質が効きにくくなることもあります。

 

飲み忘れにより2日分をまとめて服用することは厳禁です。

 

血中濃度が上がりすぎ副作用がでる危険があるので避けます。忘れずに飲むことが前提ですがもし忘れた時は次から忘れず飲むようにしてください。

飲み合わせに注意

飲み物により薬の効果を消したり血中濃度を高くし体内に循環したりします。

 

避けるべき飲み物はアルコール、炭酸飲料、コーヒーなどには注意をしましょう。

 

ただ抗生物質を服用するのが苦手の人もいます。

 

その時は食べ物と一緒に服用やカプセルに問題がなければカプセルに入れて服用します。人によりカプセルに含まれている成分によりアレルギー反応を起こすことがあります。

 

もしアレルギーがある人はカプセルの成分についても確認しておきましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク