帯状疱疹の痛みはいつまで続く?

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで発症しますが、発疹や水ぶくれと共に激しい痛みを伴います。

痛みのために眠れなかったりいらいらしたりすると、病気の回復が遅れてしまいます。痛みが続く期間や強くなる時期、痛みへの対処法を知ってできるだけ早期に帯状疱疹の痛みを和らげましょう。

スポンサードリンク

帯状疱疹の痛みはいつまで続く?

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することによって発症する病気で、身体の左右どちらかに、痛みを伴う赤いブツブツ(発疹)や水ぶくれが帯状に現れます。

皮膚

帯状疱疹を引き起こすウイルスは、多くの人が子供の頃にかかった水疱瘡と同じウイルスです。水疱瘡は、発症から1週間程で治りますが、水疱瘡のウイルスは完全に消滅するわけではなく、体の神経節(神経の細胞が集まった部分)に隠れています。普段は特に症状は出ません。

しかし、加齢・病気・ストレス等で免疫力が低下すると、ウイルスは再び活動を始め、帯状疱疹を引き起こします。

帯状疱疹による痛みは、皮膚に発疹が現れる数日~1週間程度前から現れます。水痘・帯状疱疹ウイルスは、神経節から皮膚の表面へと移動し始ますが、その時に神経細胞が傷ついてしまうので、チクチク、ピリピリとした痛みが出ます。

平均して3週間。長くて1カ月程度かかる事も

期間

帯状疱疹の皮膚症状は、まず発疹や水ぶくれが帯状に出ます。やがて水ぶくれは膿を持って破れます。

その後、水ぶくれは次第にかさぶたになって治っていき、ようやく帯状疱疹の痛みはおさまります。

個人差はありますが、痛みが起こり始めてから3週間、長い人で1ヶ月程度かかります。

さらに、人によっては、帯状疱疹の皮膚の症状が治っても、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる痛みが続きますので、帯状疱疹の痛みには長期にわたる対策が必要です。

帯状疱疹の痛みのピークは?

疑問

帯状疱疹の痛みがおさまるまでには少なくとも3週間~1ヶ月がかかりますが、その間ずっと激しく痛むわけではありません。

発疹が出る前の初期の段階での帯状疱疹の痛みは、体の一部分がチクチク、ピリピリする程度なので虫刺されやかぶれと間違えてしまいがちです。そのため、初期の段階では帯状疱疹と判断できない場合が多いです。

身体に赤い発疹が出始めるようになると、発疹が出た部分が痛くなります。多くの人はその頃に帯状疱疹ではないかと気づき、病院に行って診察を受けます。発疹が水ぶくれになって帯状に広がるようになると、さらに痛みがひどくなって来ます。

やがて水ぶくれが膿を持ち、その水ぶくれが破れて皮膚がただれる頃には、皮膚や神経の炎症が強く、痛みもピークに達します。夜も眠れない程の激痛を感じる人もいて、体力も気力も消耗してしまいます。


その後、水ぶくれが次第にかさぶたになり、皮膚の症状が落ち着く頃には帯状疱疹の痛みもおさまります。

後遺症が残る事も

悩む

しかし、帯状疱疹の皮膚の症状が治っても、帯状疱疹による痛みが残ってしまう場合があり、その症状を帯状疱疹後神経痛と言います。帯状疱疹後神経痛は、高齢者や帯状疱疹の症状が重かった場合に起こりやすいです。

帯状疱疹の痛みのピークは、水ぶくれが破れて皮膚の症状がはっきり出る時期ですが、帯状疱疹後神経痛を発症してしまうと、痛みが何年にもわたって長く続く人もいます。


スポンサードリンク

帯状疱疹の痛みを和らげる方法について

チェック

帯状疱疹は、症状がピークに達する頃には激しい痛みに悩まされますが、症状が軽く済めば、それだけ痛みも少なくなります。

皮膚にチクチク、ピリピリとした痛みを感じたら、発疹が出ていなくてもできるだけ早く皮膚科で診察を受けましょう。

帯状疱疹の痛みを和らげる薬としては、ウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス薬、痛みを抑えるための塗り薬や飲み薬があります。早期に薬を使用する事で、皮膚や神経へのダメージが少なくなって痛みを軽減できます。

帯状疱疹の痛みを和らげるために自宅でもできる対策としては、患部を温めて血行を良くすることが挙げられます。

患部を温めるには、ゆっくりお風呂に入ったり、痛い部分をカイロで温めたり、寝るときに湯たんぽを使ったり、といった方法があります。

お風呂について

風呂

帯状疱疹の時にお風呂に入るのは、何となく抵抗を感じる人も多いですが、血行が良くなる上、皮膚を清潔に保てるので、基本的には問題ありません。

ですが、水ぶくれが破れて皮膚がただれている時は、入浴は避けるようにしましょう。また、患部を洗う時にごしごしこすらないように注意しましょう。

ストレスには要注意!

疲労

帯状疱疹の痛みで夜眠れずに体力を消耗したりイライラしたりすると、免疫力の低下につながり回復が遅れます。

そもそも帯状疱疹の原因はストレスである事も多いほど影響を及ぼしやすいんです。

普段からストレスをため込まないように出来る事を考え、治療や家でのケアで痛みを和らげるようにしましょう。

関連記事帯状疱疹の原因について

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク