水疱瘡の予防接種にかかる費用について

注射

ご存知の方もいるかもしれませんが、今までは任意接種だった水疱瘡の予防接種が2014年の10月に定期接種へ変更になりました。

 

水疱瘡は感染力がとても高く、発症している間は保育園や幼稚園、学校に通わせることができなくなってしまいます。ですが水疱瘡はワクチンを接種することで感染を予防するだけでなく、重症化を防ぐことができます。

 

今回は水疱瘡の予防接種の時期、予防接種を受けるにあたっての料金、接種2回目の時期、副反応について詳しく説明します。

スポンサードリンク

水疱瘡の予防接種の時期はいつから?

チェック

水疱瘡の予防接種は生後12ヶ月から接種が可能になり、大人でも受けることができます。

 

ですが大人が水疱瘡の予防接種を受けることがあまりないため、予約をせずに病院に行くと大人用のワクチンの備蓄がなく予防接種が受けられないこともあります。

 

予防接種をする際は必ずワクチンの備蓄があるか病院に確認し、予約をしてから行くことをおすすめします。

 

乳幼児が予防接種を受ける場合、保育園や幼稚園への入園を希望している人は生後12ヶ月を過ぎたら早めに受けるようにしましょう。

水疱瘡の予防接種の料金はかかるの?

お金

生後12ヶ月から生後36ヶ月(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日)の乳幼児は定期接種の対象年齢内のため無料で予防接種を受けることができます。

ここが以前との変更点ですね。予防接種はなにかとお金がかかるのですが、水疱瘡に関しては気にする必要はありません。

注意点

入園などの関係で早く打ちたい場合は1歳前でも予防接種を打つことができますが、生後12ヶ月にならないうちは定期接種の対象年齢外のため全額自己負担となります。

 

3歳の誕生日を過ぎてしまった場合も同様で対象年齢外となり、予防接種の料金は自己負担となってしまうので注意が必要です。

なお、1回目は3歳前に受けたが2回目を受ける頃には3歳を過ぎてしまった場合も2回目の料金は全額自己負担になります。そのため接種回数と接種間隔を正しく理解しておく必要があります。

 

定期接種の対象期間内に一度も水疱瘡の予防接種を受けていない場合、特例措置として5歳の誕生日の前日までなら1回だけ無料で受けることができます。

ですが2回目は全額自己負担になるのでなるべく定期接種の対象期間内に受けておくようにしましょう。

 

全額自己負担の場合の料金は市町村によって若干の違いがあります。さらに予防接種は保険対象外の診療のため、料金は病院側が自由に決めることができます。

同じ市町村でも病院によって料金も違うので定期接種期間を過ぎた子供や大人が接種する場合、病院へ料金を確認すると良いでしょう。

大体の相場としては子供も大人も同じく5000円から10000円ほどかかります。


スポンサードリンク

水疱瘡の予防接種の2回目はいつ受ければ良い?

疑問

水疱瘡のワクチンは1回だけではあまり強い免疫を獲得できません。水疱瘡を予防し強い免疫を獲得するためには2回打つことが大切です。

 

水疱瘡のワクチンは生ワクチンと呼ばれ、ウイルスが生きたまま入っているワクチンのことです。

 

ウイルスが生きたまま入っていると聞くと不安に思う方も多いですが、身体に害を及ぼさない程度まで薄めつつ免疫を獲得できるように加工されているため健康に害はありません。

生ワクチンの場合は前回接種した日から4週間以上空けなくてはなりません。

なお、水疱瘡のワクチンを接種した日から4週間は他の予防接種を受けることもできません。

幼児期は何かと予防接種を打つ事が多いです。受けられないのは水疱瘡の予防接種だけではなく全ての予防接種を受けられないため、しっかりと予防接種スケジュールを立てて受けることが大切です。

 

予防接種による副反応について

チェック

水疱瘡の予防接種は副反応がもっとも少ないと言われていますが全く起こらないわけではありません。

 

体調や体質によっては副反応が起きることも十分に考えられます。

  • 肝臓、腎臓、心臓、血液の病気で現在治療中
  • 発育障害がある
  • 痙攣を起こしたことがある
  • アレルギーを持っている
  • 免疫不全である

上記の項目が一つでも当てはまる人は副反応を起こしやすいです。

 

また、副反応は体調が悪いときに起こりやすいです。
体調が悪い日は予防接種を先送りにし、先送りにしても期間内に予防接種を受けられるように予防接種のスケジュールは早めに立てましょう。

 

水疱瘡の予防接種の副反応は発疹や蕁麻疹、腫れや発熱、アナフィラキシーなどの症状が出る恐れがあります。

予防接種を受けた後30分は病院で安静にして様子を見るようにし、帰宅後に異常があらわれた場合はすぐに病院に連絡し必要があれば受診しましょう。

 

最後に

水疱瘡の予防接種について紹介してきました。

スポンサードリンク

乳児期から幼児期にかけて予防接種はいくつもあります。あらかじめしっかりとスケジュールを組んだ上で予防接種を受けるようにしましょう。