インフルエンザの予防接種が持続する期間について

期間

毎年冬から春にかけて大流行するインフルエンザ。学校などは集団感染で学級閉鎖やひどい時は学校閉鎖になることも珍しくないです。

そんな事もあり予防接種を受けている人も多いと思いますが、予防接種を受ける最適な時期は知っていますか?

今回は予防接種を受ける時期、ワクチンの持続期間、料金、注意点を詳しく説明します。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を受ける時期について

インフルエンザは12月下旬から3月初旬にかけて大流行します。
そのため11月中に受けておくのが好ましいです。

というのも注意しなければならないのが効果が出るまでの期間で、予防接種を受けたからといってすぐに効果が現れるわけではありません。

インフルエンザの予防接種は効果が現れるまでに2週間かかると言われています。予防接種を受ける時期がずれてしまうと効果が現れる前にインフルエンザにかかってしまい意味がなくなってしまうことも。

そのために遅くても11月の半ばに受けておけば12月に入る頃には効果が出始めます。よく学生の入試前ぎりぎりになって受けられるという方がいるのですが、それでは遅いんです。

なお、生後6ヶ月から12歳までの子供は2回受ける必要があるとされています。1回だけだと免疫の効果が持続せず2回うつ事により免疫が増幅し効果が長く続くんです。その為2回摂取するんですね。

ちなみにですが、1回目と2回目の間隔は4週間がベストです。

小児科では毎年10月から予防接種が開始されるので、12歳までの子供は予防接種が始まってすぐに受けると予防接種のスケジュールがスムーズに進みます。

ざっとですが

  • 1回目・・・11月頭~中旬(接種後おおよそ4週間空ける。)
  • 2回目・・・12月頭~12中旬

といった感じになります。これはあくまで1例であり受けた日によって2回目の期間も変わってくるという事を覚えておいてください。

例年10月中旬~末から予防接種が始まりますが、12月頃になると予防接種を受ける方で非常に混雑します。その事からも11月末までには受けておいた方が良いでしょう。

インフルエンザの予防接種が持続する期間

個人差がありますが、一般的に予防接種の効果が持続する期間はおおよそ5ヶ月間です。

大人は子供と違い予防接種は1回で済みます。

予防接種が開始されるのは大体10月頃からですが、効果が現れるまでに2週間かかり大人が10月に予防接種を受けると2月、3月頃には効果が切れてしまいます。

ピークは1~2月とはいえ念を押すのであれば11月からの摂取の方が良いでしょう。

そのため、子供か大人かで予防接種を受ける時期を変えなければなりません。

流行の時期をおさえて効果が出る時期を逆算してしっかりとスケジュールを立てましょう。かかりつけの医師がいる場合は接種時期について相談してみるのも良いでしょう。

チェック

注意
インフルエンザウイルスには沢山の種類があります。

昨年予防接種を受けたからと予防接種を受けない人も多いですが、流行するウイルスは毎年変わる上に効果は5ヶ月間しか持続しません。

なので去年受けたからと安心せずに毎年予防接種を受けるようにしましょう。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の料金

お金

ではインフルエンザの予防接種の料金について確認しておきましょう。
予防接種は自由診療で保険適用外の診療であり診療所によって値段が異なるのですが平均として

12歳以下…2800円
13歳以上…3500円

になります。

予防接種の料金はメーカーや成分、仕入れ価格に応じて病院が自由に定めることができます。
自由診療のため予防接種の料金は基本的には全額自己負担になります。

あくまで傾向ではありますが大病院よりもクリニックなどの個人病院の方が比較的料金が安い傾向にあります。

予防接種を受ける際は近辺の病院の料金を調べておくと事前に料金を把握でき、どこの病院が安いのかがわかりますので事前に確認しておきましょう。

なお子供は2回接種する必要がありますが、2回目は1回目の半額、もしくは無料になる病院もあるので事前に1回目と2回目の料金を確認しておく良いです。

予防接種を受けるときの注意点について

チェック

インフルエンザのワクチンには感染を抑える働きはありませんが発症を抑える働き、重症化を防ぐ働きがあります。

ただ予防接種で免疫をつけることで発症を抑えますが副反応を起こすことがあります。

■ ワクチンを打った患部が赤みを帯びたり腫れる、熱を持つ、痛みを伴うことがあります。
これらの症状は3日ほどでなくなります。

5日以上経っても症状が消えない場合は予防接種を受けた病院で診てもらいましょう。

■ 発熱、頭痛、嘔吐などの症状も同じく3日ほどで良くなりますが症状が消えない、あまりにひどい場合は病院を受診しましょう。

■ ごくまれですが、アナフィラキシー症状や喘息発作、を起こすことがあります。命にかかわる危険もあるため、それらの症状が出た場合はすぐに病院へ連絡し医師の指示に従いましょう。

なお、予防接種を受けられない人もいます。

  • 37度5分以上の発熱がある
  • 重篤な急性疾患を患っている
  • 過去に医薬品の投与や予防接種が原因でアナフィラキシー症状を引き起こしたことがある
  • 医師の診察でワクチンの接種を認められない

これらの項目が一つでも当てはまる人は予防接種が受けられないので注意しましょう。

最後に

インフルエンザの予防接種の期間や注意点などについて紹介してきました。

例年インフルエンザの予防接種は非常に多くの方が受けられるのでピークの時期に近づくほど非常に混雑するのが予想されます。

出来る限り早いうちに摂取して混雑を回避される事をおすすめします。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^