ノロウィルスは潜伏期間でもうつる?

くしゃみ

ノロウィルスってよく耳にしますね。特に11~2月ごろの冬場に猛威を振るウィルスなんですが、実は1年中発生しているんですよ。

集団感染する事もあることから感染力が強いウイルスという方はご存知の方も多いのですが、潜伏期間でもうつるかどうか心配の方もいるのではないでしょうか?

という事で今回はそんなノロウィルスについて調べてみました。

スポンサードリンク

ノロウィルスの症状について。症状は何日ほど続く?

まずノロウィルスにかかったらどんな症状になるのか見ていきましょう。主な症状としては、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、そして37~38度程度の発熱が挙げられます。

原因は?

牡蠣

原因は主に前日または前日に食べたものと言われています。

よくニュースに出てくる生牡蠣などの二枚貝も感染源の1つです。

その事から冬に感染する事が多いのですが、ノロウイルスに汚染された食品を摂取すれば感染するので冬以外でも感染する事はあります。食品の衛生状況には気をつけたい所です。


ウィルスはかなり強力で、容易に二次感染を引き起こします。そのため集団感染もよく報告されて、世間をにぎわすことになります。特に子供や高齢者など体力の弱い人に集団感染が多くみられる傾向があります。

期間は?

期間

ノロウィルスの期間としては、潜伏期間が1~2日間、その後発症し、2~3日間で症状が和らいでいきます。

意外に超短期スパンなんですね。しかし、これは和らいだだけであって完治ではありません。

体内ではウィルスが生き続けており、二次感染を引き起こす可能性が十分あります。場合によっては1か月ちかく生きることもあるんです。表面的に分かりにくいため、非常にやっかいなウィルスと言えます。

出勤停止等は?

学校

学校等への出席停止や職場等への出勤停止については、同じ感染性であるインフルエンザとは違って停止期間が定められていません。とはいってもこのため無理に出席・出勤すると二次感染を引き起こすことがあるので十分注意が必要です。

学校や職場と相談して慎重に判断された方が良いでしょう。地域の感染状況によっては、園長や校長の判断により緊急措置が取れるようになっています。もちろん感染した場合には、保健所に報告されることになります。

自己対策

薬

社会人の場合はそうそう休んでいるわけにもいかないため出勤せざるを得なくなりますが、二次感染を引き起こす可能性があることを十分自覚して、徹底した自己対策を取る必要があるのです。

ノロウィルスは潜伏期間でもうつる可能性はある?

疑問

ノロウィルスの潜伏期間中の二次感染について見ていきましょう。感染する可能性はあるのでしょうか? 

結論から先に言うと、ないと言えるが厳重注意が必要です。

基本的な感染経路は、発症した人の便や吐しゃ物であって、まだ潜伏中の人の場合にはウィルスが付着していないことが多いため感染率は低いようです。潜伏期間が短いのも潜伏期間中にうつらない理由のひとつでもあります。

とはいえ感染したのに発症しない人もいて、そういうタイプの人からは感染するのです。見た目では分かりにくいため厳重注意が必要です。

周りでノロウイルスが流行っている時は特に注意が必要でしょう。


スポンサードリンク

感染した際の対処法について

チェック

感染した場合の対処法について見ていきましょう。このウィルスは、子供や高齢者の場合には重症化することもあるのですが、通常の場合には9割がた自宅治療が可能です。

大人の場合、1~2日間安静にしていればほぼ大丈夫で、症状は鎮静化していきます。

そもそも現在の医学界には、ノロウィルスを防ぐ薬や完治させる薬はないため、病院でも症状を和らげる薬しか出せないそうです。では、気になる自宅治療について見ていきましょう。

水分補給を行いつつ安静

水分補給

まずは安静にすること。そしてこまめに水分補給をすることです。水分は普通の水よりも塩分が含まれているスポーツドリンクの方が良いとされています。

やってはいけない自己治療法

NG

やってはいけない自己治療としては、下痢止めの服用が挙げられます。

嘔吐や下痢はウィルスを体外に出すために体が戦っている状態で、それを無理に止めるとウィルスがすごい勢いで増殖するのだそうです。イメージするとちょっと怖いですよね。飲むなら整腸剤にとどめておくと良いです。

掃除を徹底しよう

また、ウィルス性の感染症ですから、身の回りを徹底的に掃除することが必要になります。アルコールや水では除菌が難しいため、次亜塩素酸ナトリウムを使うことになります。

簡単な作り方としては、塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)を水で100分の1に薄めて利用すると良いです。これでトイレの蓋やドアノブなどをこまめに拭くのが効果的です。

症状がひどい場合は病院へ。何科へ行けばよい?

病院

ノロウイルスの症状がひどい場合について見ていきましょう。この場合はなんといっても病院に行くことをおススメします。

何科が良いかについては、日本人はすぐに大きな病院に行きたがる傾向がありますが、まずは地域のクリニックに行くと良いです。

主に子供の場合は小児科を受診します。大人の場合は内科を受診します。

感染症は地域状況も大きなファクターですし、クリニックで紹介状をもらって大きな病院に行く方が結果的には効率的です。もしもかかりつけの医師がいるのなら、そこで診てもらうのが一番良いです。誤診を確実に防げる最良の方法と言えるでしょう。

最後に

ノロウイルスの症状や潜伏期間にうつるかどうかについて紹介していきました。

さて、いかがでしたか?最近は患者数も増え名前を知っている方の多いノロウイルスですが対処法についてはまだまだ認知度が低いと感じています。

ちょっとおかしいなと思ったら、自己判断をする前にクリニックに駆け込むとよいでしょう。一番良いのはお抱えクリニックを作っておくことなので、近所の内科医を調べておくと良いです。何事も日頃の準備が肝心です。ぜひ実行してみて下さいね。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^