ノロウイルスの熱はいつまで続く?

熱

ノロウイルスに感染してしまうと、24~48時間の潜伏期間は感染症や食中毒を伴う症状があると言われています。

特にノロウイルスは寒い時期に発生する率は高くなる事は今となってはご存知の方も多いかもしれませんが、年中を通して発生する場合もあります。

「ノロウイルス感染」は、人の手や食品などから潜入し、腸の中で増殖する為、おう吐、下痢、腹痛、熱といった症状が出るのですが、熱は出ない事があったりします。

一般的に知られている症状が出ないと不安になる事もありますよね。なのでノロウイルスの症状や熱がいつまで続くかなどについてしっかり確認していきましょう。

スポンサードリンク

ノロウイルスの熱は何度ぐらい?高熱になる事はある?

子供 高熱

「ノロウイルス」の症状としては、「吐き気や、嘔吐、腹痛、下痢、高熱」などが上げられています。

熱は発症直後から、37~38度の発熱がみられますが、小さなお子様の場合には、40度近くなる事もあります。

症状が出て直ぐに病院に行っても、明確な病名は分かりませんが、季節とか、流行っているなどの状況で病名がきめられます。

病名が決められ、ノロウイルスでは無く、「他のウイルス性胃腸炎」と診断された場合でも、同じ様な対応が必要になります。

例えば…、

  • 下痢をしていても…下痢止めは飲まない(腸内にあるウイルスを出す為に下痢をしているから)
  • 高熱が出ていても…解熱剤は使って熱を上げる事はしない(緊急時は別)
  • おう吐していても…吐き気止めは使用しない(おう吐が激しく脱水症が心配な時には点滴をしてもらう)