RSウィルスの熱の期間について

くしゃみ

RSウイルスってご存知ですか?あまり聞きなれないウイルスかと思われるのですが、実は2歳くらいまでの子供がほぼ100%かかる病気と言われているウイルスなんです。

RSウイルスの症状の一つに発熱があるのですが、出たり出なかったりします。ただそれだけでなく肺炎の症状も出たりと幼児期から乳児期にかけて注意しておきたいウイルス感染症の一つです。

発熱の事も含めてRSウイルスの症状から対処法まで確認していきましょう!

スポンサードリンク

RSウィルスの症状について

赤ちゃん 泣く

RSウィルスの流行は冬から春にかけてが一般的。潜伏期は2~8日間程度で、その後、鼻水や、咳、発熱など、風邪によく似た症状が現れ、おおむね1~2週間程度で治る事が多いです。

ただし、重症になるケースもあるため注意が必要です。基本的には乳幼児の病気ですが、その他に高齢者もかかることがあります。具体的な症状について見ていきましょう。

鼻水

RSウィルスに感染した際の初期症状として、鼻水が挙げられます。鼻水が出るということは、ウィルスが侵入し、それを体が追い出そうとして行動を開始したということです。

すすってしまうとウイルスが体内に入ってしまい長引く事もあります。鼻水が出たらすするのではなく、ちゃんとかんで体外に出すようにしましょう。

こちらも侵入したウィルスを追い出すために、体が行動を開始しています。

多くは軽度で済むようですが、場合によっては咳がひどくなり長引くこともあるという事を覚えておきましょう。

発熱

これはついに体内にウィルスが入り込み、体が戦いを開始した状態と言えます。2~8日間程度の潜伏後、発熱が数日間続きます。

ただRSウイルスの発熱は高熱が出る事は少なく熱自体出ない事もあります。詳しい事は後ほど説明します。

のどの痛み・腫れ

RSウィルスは呼吸器系ウィルスのため、鼻やのどの粘膜に定着して、痛みなどを生じます。

のどの痛みも咳同様長引く事があります。

喘鳴(ぜんめい)

悪化すると喘鳴の症状がでてきます。これは呼吸の際に、ゼーゼーヒーヒーと音がする状態です。

RSウイルスはこのように呼吸器系に影響を与える事があります。

気管支炎・肺炎

RSウィルスは子供のうち2歳児までがほぼ100%が感染しますが、なんとそのうちの約30%が気管支炎・肺炎にかかる事があります。

初めてRSウイルスに感染した時ほど肺炎など気管支炎に影響を与える事が多く先ほど説明した喘鳴や呼吸困難といった症状になります。

感染の原因は飛沫感染と接触感染となります。

特に生後3ヶ月以内に感染してしまうと重症化していまう傾向が多いので流行時期でなくても大人がマスクを着用するなどうつさないようにしたい所ですね。

呼吸困難

さらに悪化すると呼吸困難になります。なかなか危険な病気と言えるでしょう。乳児期に感染してしまうと呼吸がしづらくなりこのような症状が出てしまう恐れがあるんです。

呼吸が浅く苦しそうにしていると感じたら至急病院に連れて行くようにしましょう。

結論として、最初は風邪によく似た症状のため、風邪と間違えてしまいそうですが、実は悪化すると大変危険な病気のようです。次は初期症状の発熱について詳しく見ていきましょう。

RSウィルスの熱の期間について。熱が出ないことやぶり返しはある?

疑問

RSウィルスに感染した場合、初期症状はほとんど同じなのですが、実際に発熱するのは感染者のうちのおよそ1/3程とあまり熱の症状は出ません。

またぶり返しについてですが、ぶり返すというより上がったり下がったり続く事はあります。ただ高熱になったりする事はあまりありません。

という事で残りの2/3は発熱しないのですね。つまり60%以上が発熱しないんです。

小児科のドクターが一番恐れる病気という理由がここにあるそうで、熱が出ないことも多いので、この病気にかかっているのかどうかが非常に分かりにくいのだそうです。

ただ、発熱がなくても症状はどんどん悪化し、重症化していくという特徴もあります。

熱が出なかったとしても

  • 鼻水やくしゃみが止まらない
  • 咳が続く
  • 呼吸がしにくい

といったような症状が見られる場合は一度病院で診察してもらった方が良いでしょう。

熱の期間はどのくらい?

期間

もし発熱が起きた際でも、何日もずっと連続して発熱するというものではなく、熱が出たり下がったりがタラタラと続く特徴的な状態になるようです。

その状態は数日で鎮静化することが多いですが場合によっては1週間ぐらい続く事もあります。が熱に関して言えばそこまでひどくならない事が多いでしょう。


スポンサードリンク

熱が下がらない時の対処法は?

何日も熱が下がらないというのはおかしいので、かかりつけの医師に相談するのが良いです。

また、熱が下がらないときの対処法としては以下のようなものがあります。

水分補給

水分補給

まずは水分です。熱が出ている場合脱水症状を起こす事もあるからです。塩分も同時に体外に出ていくので、水よりもポカリスエットや経口保水液が効果が高いです。

また、水分を与えても、飲むことが困難という場合もあります。この場合はすぐに病院に連れていき、状況をしっかりと伝えると良いでしょう。

飲む際も一気に飲むのではなく小まめに摂取するようにしましょう。

体を温める

子供 高熱

お布団をかけてしっかり保温を心がけましょう。寒がっている時は保温に努め、身体が汗ばむ状態であれば冷たいタオルで首の回りやわきの下、足の付け根にあて解熱に努めると良いでしょう。

完治する薬やワクチンはない?

注射

現在RSウイルスに有効な薬やワクチンはありません。未然にワクチンを接種して防ぐ方法という事は出来ないんです。

なので先ほど説明した症状に応じた対処法をして、症状が改善されない、または悪化した場合は早いうちに病院に連れていくようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク