帯状疱疹を自然治癒で治す事について

NG

帯状疱疹という病気をご存じですか?

帯状疱疹はストレスによって発症すると言われています。

ストレスによって免疫力が低下した時、体の中にあるヘルペスウイルスの一種である水疱瘡(みずぼうそう)ウイルスが活性化して発生する病気です。

50歳代から70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引金になると言われていることから、若い人にも発症することがあります。

帯状疱疹の治し方についてですが、自然治癒で治そうとする方がいるのですが、自然治癒で我慢して治そうとすると後遺症が残る可能性が高まります。

忙しいストレス社会…
決して他人事ではないかもしれない、帯状疱疹という病気についてみていきましょう。

スポンサードリンク

帯状疱疹の症状について

かゆみ

帯状疱疹は、体の左右どちらかに、ピリピリと刺すような痛みを伴う赤い斑点と小さな水ぶくれが、帯状に現れる病気です。

帯状疱疹の原因となる水疱瘡ウイルスですが、水疱瘡と聞けば、子どもの病気として有名ですよね。小さなころに罹った方も多いのではないでしょうか?

水疱瘡ウイルスは、水疱瘡が治った後も、顔面を支配する三叉神経や顔以外の皮膚を支配する脊髄神経の知覚神経節に、遺伝子の形で潜伏しています。

そしてそれが長い期間を経て、ストレスや過労などで体の免疫力が落ちた時、遺伝子の形からウイルス粒子に変わって再び変化を始め、神経を伝わって皮膚に炎症を起こすのです。

症状が現れる部位について

症状が現れる場所は様々で、体のすべての場所に現れると言われていますが、一番多いのは背中や胸部など動態の一部で、続いて腹部など半数以上は上半身に起こると言われています。

また、免疫力が極端に弱っている時は、発疹が複数の場所に現れたり、酷ければ全身に現れることもあります。

神経を伝わって起きる炎症ですので、最初に神経痛のような痛みが起こります。ピリピリとした痛みや違和感、かゆみなどの症状を感じます。

その後、やや盛り上がった赤い斑点(発疹)が帯状に発生し、強い痛みを伴う事もあります。この時、微熱が出たり、リンパ腺が晴れることもあります。

皮膚

4、5日後には、この発疹が水泡に変わり、痛みもピークを迎えます。

痛みの度合いも様々で、全く痛みを感じないものもあれば、夜も眠れないような激しい痛みを伴うものもあると言われています。また、顔に現れたときは、片則だけの目の痛みや頭痛として現れるなど、部位によって痛みの感じ方も異なるようです。

帯状疱疹は自然治癒では後遺症が残る事も

悩む

帯状疱疹が治るまでの流れを見てみましょう。

水疱瘡ウイルスによって発症した帯状疱疹は、発疹から水泡に変わった後、水泡が化膿して膿を持つ膿胞に変わり、そこからかさぶた(痂皮)となって、自然治癒でも3~4週間ほどで治ると言われています。

しかし、免疫力が著しく落ちている場合、全身に水疱瘡のような発疹が現れることもあり上記で紹介した通り痛みも出ます。また、深い潰瘍を形成し、痕になってしまう後遺症となる事もあります。

主な後遺症としては

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹の痛みの感じ方は様々ですが、一般的に高齢者は痛みが激しく、帯状疱疹が治っても半年から数年以上、痛みが続くことがあります。

これを帯状疱疹後神経痛とよび、帯状疱疹が完全に治った後も、痛みだけが残ります。

ウイルスによって傷付けられた神経の回復が遅れていることが原因だと言われており、その痛みはひどく、夜も眠れないほどだと言われています。

刺す様だったり、電気が走るようだったり、表現は人によって様々ですが、違う痛みが交互に現れたり、時間がたつにつれて痛み方が変わってくるなど、種類の違う痛みが混在するのも特徴です。

また、知覚鈍麻(触感や温度の感覚が鈍くなること)を伴うこともあります。

ラムゼイ・ハント症候群

顎から首にかけてできる帯状疱疹を指し、難聴や顔面神経麻痺、味覚障害を引き起こすこともあります。

もしなってしまった場合は早期治療がとても大切になってきます。

といったように帯状疱疹の後遺症は身体に大きく影響を及ぼす症状を残してしまうのです。

病院は何科へ行けば良い?

という事でもし帯状疱疹に感染した場合は病院で治療するようにしましょう。

帯状疱疹に感染した場合は皮膚科に受診します。かかりつけの内科がいる場合は先に一度見てもらうのも良いでしょう。

早期治療が症状を軽傷で済ます事で大事になってきます。赤い斑点が現れピリピリした痛みが出たのであれば早いうちに受診するようにしましょう。


スポンサードリンク

帯状疱疹になった際の対処法は?

チェック

帯状疱疹の治療で大切なことは、早期に治療を始め、ウイルスや皮膚が神経に与えるダメージを少しでも減らすことにあります。

神経へのダメージが大きくなればなるほど、神経の回復が遅れ、長期にわたって痛みを伴う帯状疱疹後神経痛などの合併症にも繋がりますので、痛みを感じれば我慢せずに、できるだけ早く皮膚科を受診しましょう。

薬による治療

薬

帯状疱疹の治療の基本は、抗ヘルペスウイルス薬です。ウイルスの増加を抑える効果のある薬で、効果が出るまでに2~3日かかると言われています。

痛みや炎症がひどい場合は、抗ヘルペスウイルス薬に加えて、炎症を抑える消炎剤やステロイドの内服を行うことがあります。

また、痛みがひどく日常生活に支障をきたす場合には、神経の周りに直接局所麻酔の注射を行う「神経ブロック」を行うこともあります。

しっかり休息を取る

睡眠

治療の他に、自分でできる対処法としては、帯状疱疹は疲れやストレスが原因で起こりますので、休養をしっかり取り、体を休めてあげることが大切です。

また、痛みの対処法として、体を温めたほうが痛みが和らぐと言われていますので、入浴の際はゆっくり湯船につかったり、体を冷やさないよう工夫すると良いでしょう。42~45度くらいに温めたタオルを患部に当てて温めることも効果的です。

発疹のある場所が熱を持って痛む時は、冷たい濡れタオルをビニール袋に入れて冷やすと、炎症を抑えるのに役立ちます。ただし冷やし過ぎると皮膚を傷める原因にもなる為、注意が必要です。

また、アルコールは炎症を悪化させる原因となるのでなるべく控えるようにして下さい。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク