インフルエンザで仕事は何日休む必要があるの?

咳 

毎年猛威をふるうインフルエンザ。主な症状は、38℃以上の突然の発熱、痛み、寒気などです。もしもインフルエンザにかかってしまったら何かと大変になってきます。

学生であれば、学校保健安全法で、「発症後5日、解熱後2日は出席停止」と決まっています。では社会人の場合はどうなのでしょう?

診断書が必要かどうかなども含め確認していきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザによる仕事を休むべき日数について

カレンダー 

まずインフルエンザに感染した時の仕事を休むべき日数について確認しておきましょう。

保育園や幼稚園、学校の場合は学校保健法により休む日数が決まっており、インフルエンザ発症日を0日と数え、5日を経過し、かつ解熱した後2日。

と決まっており感染した場合絶対に休む必要があります。

が、それは子供の話。大人の場合は学校保健法のようなものはなく何日休む必要がある。という規定はありません。

つまり仮にインフルエンザに感染したとしても会社に出勤しても良いという事になります。

解熱して体調が回復するまでは休むべき

とはいえ、感染して直後は高熱やふしぶしの痛み、頭痛などの症状が出ています。それに加えてせきやくしゃみが止まらないので二次感染してしまう可能性が高いです。

なのでよほどの事がない限りは解熱して体調がある程度回復するまでは休むようにしましょう。

基本的には学校保険法同様、5日を経過し、かつ解熱した後2日程度は休んだ方が良いでしょう。

会社によって規定がある事も

大人が感染した場合は規定がないといった事は上記でも説明した通りですが、会社によっては就業規則に規定がある場合があります。

もし感染した場合は一度確認しておくと良いでしょう。

インフルエンザは有給休暇扱い?

疑問

インフルエンザで休んだ場合、休みの扱いがどうなるか気になる所ですね。

休みの扱いについては会社の規則によって違います。有給休暇として消化する事もあれば、病気休暇というものが会社に存在しているのであれば病気休暇として扱われる事もあります。

場合によっては「欠勤」という扱いも…欠勤の場合給与の保証もありませんし、査定に響く事もあるので辛い所です。

なのでもしインフルエンザに感染してしまった場合は回復して出勤した後に確認しておいた方が良いでしょう。

インフルエンザで休む際の仕事の連絡について。診断書は必要?

チェック

インフルエンザに感染した場合診断書が必要って聞いた事あるけど、実際はどうなんだろうか…

と疑問に思われている方もいるのではないかと思います。

必要の有無についてはこちらも会社によって異なります。規定で診断書が必要な事もあれば不要と言われる事もあります。これはあくまで個人の予想ですが大企業ほど必要としている事が多いような気がします。

なぜ診断書が必要かというと簡単にいうと「ズル休み」を防ぐ為を目的としている事が多いです。ズル休みでない事を証明する為にも証明書が必要とされる事があります。

また、本当にインフルエンザにかかってしまった場合、会社によっては診断書が必要になることがあります。診断書には大きく「罹患証明書」「治癒証明書」の2種類があります。それぞれ見ていきましょう。

罹患(りかん)証明書について

インフルエンザにかかったことを証明するものです。どちらでも問題ない事が多いですが、会社を休む際に証明書が必要な場合はこちらを必要としている事が多いですね。

治癒(ちゆ)証明書について

インフルエンザにかかった後でしっかり治ったことを証明するものです。場合によってはこちらも必要になるかもしれません。いずれの場合も会社に確認して、病院ではどちらが必要なのかをきちんと告げると良いでしょう。

といった感じに感染した事を証明する証明書は病院にて書いてもらえます。感染した事がわかればどちらの証明書でも問題ない事が多いですが、もし必要な場合は医師に書いてもらうように連絡しましょう。

診断書にかかる費用は?

お金

診断書を作成してもらうには費用が掛かります。この証明書についてですが、以外と値段が高いです。

医療機関によって変わりますが、目安としては3000~5000円程度が相場とされています。

初めて記載してもらう方はビックリしたのではないでしょうか?

場合によっては1万円もするという事を聞いた事があります。紙キレ1枚に…と言いたい所ではあるのですが、医師が証明するものとして間違いがないようにしているのかお金もしっかりかけているんです。

証明書はそれぐらいかかるという事を覚えておきましょう。


スポンサードリンク

出勤や欠席の際に会社に連絡しておきたい点は?

チェック

インフルエンザは非常に感染力が強いです。インフルエンザにかかったかもしれない、またはすでに感染してしまった場合、まずは上司に報告して指示を仰ぐことになります。報告する際のポイントを見ていきましょう。

報告のポイント

① 感染した事を報告する。
まずはインフルエンザに感染したという事を連絡しましょう。

② 症状はいつからあるのか?
症状が出た頃から計算して、概ねどのくらい休む必要があるのかが判断できます。

③ 病院の受診はしたのか?診断書はあるか?
本当の病名は診断によって決まります。診断書が必要かどうかは上記で紹介した通り会社によって違うのでこの時点で確認しておきましょう。

・回復して出勤をした時に

④ 有休扱いか病欠扱いかまたは欠勤扱いになってしまうのかを確認

⑤ 給与の保証について(話せる環境であれば休みの扱いとセットで聞いておいた方が良いでしょう)

といった感じになります。

また就業規則についても確認するようにしておきましょう。

感染した際治るまでの対処法について

チェック

対処法については、医師の指示に従うとともに、自分でも努力する必要があります。では何をどうしたらよいのでしょう?大きく4つあります。それぞれまとめてみました。

他人にうつさない配慮

菌を撒かないために、マスクはもちろん、手洗いを徹底する必要があります。

できることなら、家族とは部屋を分けて治療にあたると良いでしょう。

睡眠を十分に取る

通常の風邪と同じで基本は睡眠をたっぷりとって静養することです。

1日中寝てばかりで寝付けないかもしれませんが、強引にでも睡眠を取るように心がけましょう。

水分補給をする

高熱を生じるインフルエンザでは、体内の水分が失われがちです。こまめに取るように心がけると良いです。

お水でも良いのですが、ポカリスエット等なら塩分も適度に取れて理想的と言えます。

ハイリスクグループへの感染を防ぐ

ハイルスクグループとは、乳幼児、妊婦、60~64歳の基礎疾患を持つ人(呼吸器疾患や慢性心不全、糖尿病など)、65歳以上の高齢者などのことです。

インフルエンザにかかった場合、とくに症状が重くなりがちなので、感染させないよう十分に気を付ける必要があります。

二次感染を防ぐ為にも上記の事は十分に注意するようにしましょう。

最後に

インフルエンザに感染した際の仕事を何日休む必要があるかという事と対応について紹介しました。

なかなか仕事を休めないという方も中にはいるかと思います。とはいえ無理に出勤してもまともに仕事が出来ないばかりか他の方にうつす可能性もあります。

完治に向けて適切な処置を取って、すみやかに回復されるようにしましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^