ロタウィルスの予防接種の副作用(副反応)について

注射

ロタウイルスとは、特に赤ちゃんにかかりやすい感染症のことです。発症のピークは生後7カ月~15カ月のため、生後2カ月に入ったらすぐに予防接種を受けるよう推奨されています。

そんなロタウイルスの予防接種について副作用(副反応)や費用などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

ロタウィルスの予防接種の種類について

チェック

ロタウィルスの予防接種は、注射ではなく赤ちゃんに直接飲ませる経口ワクチンです。日本においては、現在のところ「ロタリックス」と「ロタテック」の2種類が発売されています。

いずれの場合も、わざとロタウィルスに感染させて、それにより免疫を誘導させる仕組みのものです。それぞれについてまとめてみました。

ロタリックス

1価ワクチンと呼ばれ、2011年11月から使われており、方法としては初回接種から24週までに2回接種します。グラクソ・スクスラクイン株式会社から発売されています。

ロタテック

5価ワクチンと呼ばれ、2012年7月から使われており、方法としては初回接種から32週までに3回接種します。MSD株式会社(旧方有製薬)から発売されています。

といったようにロタウイルスには2種類のワクチンがあります。2種類あるとどちらが良いの?と悩まれる方もいるかもしれませんが、

どちらも優秀なワクチンなのでどちらが良いというのはありません。後で紹介しますが、値段についても大差ありません。

ただ接種回数と初回接種からの期間が違うので予防接種のスケジュールからどちらを選ぶかを考えた方が良いでしょう。

かかりつけのお医者さんとご相談して予防接種のスケジュール的にどちらが良いか確認しておきましょう。

副作用はどういった症状が出る可能性がある?

疑問

もっとも注意すべき副作用としては、腸重積症があげられます。2種類のどちらのワクチンを利用した場合でも、接種から2週間は腸重積症の初期症状に気を付ける必要があります。

赤ちゃんがいつもより不機嫌だったり、嘔吐などの症状が出た場合には、早めに医療機関を受診して、早期発見、早期治療を心がけるべきでしょう。

ワクチンを接種した後にみられる具体的な副作用は、それぞれ以下になります。

1価ワクチン(ロタリックス)・・・ぐずる、咳、鼻水、下痢、嘔吐、食欲不振、発熱など。
5価ワクチン(ロタテック)・・・下痢、嘔吐、胃腸炎、発熱など。

といった症状が出る事があります。赤ちゃんの症状についてはしっかり確認しておきましょう。

ロタウィルスの予防接種の費用について

お金

ロタウィルスの予防接種の費用についてですが、任意接種なので自己負担となります。

費用については病院によって異なりますが相場として

・ロタリックス 12000~15000円の2回接種
・ロタテック  8000~10000円の3回接種

なのでどちらも合計25000~30000円の費用となります。赤ちゃんの為とはいえ痛い出費ですね。

予防接種に関しては他にもあるので費用はけっこうかかると思って考えて良いでしょう。

自治体によっては助成制度を設けている事も

地域によって異なりますが、ロタウイルスの予防接種はお住いの自治体によっては助成制度を設けていることもあります。簡単に言えば費用を一部または全額支払ってくれるという事もあるんです。

すべて自分で払うのは大変だと思いますので、まずはお住いの自治体のホームページで確認してみると良いでしょう。

「ロタウイルス 助成制度+自治体名」であればヒットする事が多いかと思います。

予防接種はなにかと費用がかかりますので一度自治体で助成制度があるか確認しておきましょう。


スポンサードリンク

予防接種を受ける必要はあるの?

口内炎

最後に、ロタウィルスの予防接種は受ける必要があるかについて見ていきましょう。任意接種はどうしても値段がかかる為に受けるか迷われる方も多いのではないでしょうか。

まず抑えておきたいのは大人と違って赤ちゃんには免疫がほとんどありません。このため感染症によっては重症化することも実際にあります。

もちろん感染しなければ良いにこした事がありません。ただ赤ちゃんがもし重症してしまった場合、後悔するのではないでしょうか?

予防接種に関しては生後間もない時期から、予防接種の適切な計画を立てて、それにそって実行していくことが大切になります。

ロタウィルスは生後2カ月に入ったらすみやかに接種を受け、生後6カ月までには完了させた方が良いと考えています。

この意見はあくまで個人の一意見なので決める際の参考程度にしていただけたらと思いますが、赤ちゃんは感染する事が多いという事だけは頭に入れておきましょう。

最後に

ロタウイルスの予防接種の副作用や費用などについて紹介していきました。

いかがでいたか?予防接種について理解できたでしょうか?

赤ちゃんって何かと大変ですよね。きちんと計画を立ててスムーズに実行していってくださいね。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク