インフルエンザの学校の休む期間は何日?

咳

毎年冬場に猛威を振るうインフルエンザ…

インフルエンザが流行して学級閉鎖になってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?酷いところでは学校閉鎖になるケースもあるようです。

インフルエンザは咳や鼻水に加えて38度以上の急激な発熱や寒気、全身の痛みや倦怠感、腹痛などの消化器症状などの症状が現れる感染症です。

さて、このように感染力の強いインフルエンザ。

出来るだけ感染を広げないように、学校保健安全法施行規則でインフルエンザに罹った人は出席停止が義務付けられていることは皆さんご存知でしょうか?

「インフルエンザに感染したけれど、何日休めばいいのだろうか?」
「診断書などは必要だろうか。」

と悩まれる方も多いかと思います。

きっと、知っているけど、具体的にどれくらい休めばいいのか分からないという方も多いと思いますので、確認していきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザに感染した時の学校の休む期間について

期間

まずはインフルエンザに感染した時の休む期間について確認していきましょう。

インフルエンザに感染した場合感染症の流行を予防することから学校保健法により休む期間が定められています。

法律で定められている期間としては、「発症後5日を経過し、解熱した後2日(ただし幼稚園の場合は3日)を経過するまで」とされています。

つまり高熱を出してから最低5日は休む必要があります。

発熱後の翌日に解熱して2日経っても発症後5日経過という縛りがある為に元気になっても登校してはいけません。

インフルエンザは感染力が非常に高く、重症化していない一般的な症状の場合、インフルエンザを発症してから7日前後は感染力があると言われています。

その中でも発症から3日間はウイルスが活性化しており、最も感染力が高くなっています。その事から熱がなくてもインフルエンザと診断された場合は速やかに休む必要があります。

また、熱は下がってもしばらくは菌が放出されている状態にあることから、症状が落ち着いてからも2日間は出席できなくなっています。小児の場合は、今までインフルエンザに罹った経験がなく、免疫ができていない子どもが多い為、小学生や中学生に比べて出席停止になる期間が長くなっています。

また、新型インフルエンザに関しては、感染力が非常に高い為、特別な出席停止期間の規定は決められておらず、「治癒するまで」となっているようです。

ちなみにですが、大人が感染した場合は学校保健法のような規定はありません。ただ症状が表れているうちはしっかりと休み二次感染を防ぐよう心がけた方が良いでしょう。

関連記事インフルエンザで仕事は何日休む必要がある?

休んでいる間に気をつけたい事は?

くしゃみ

休んでいる間は家にいるから大丈夫…という訳ではなく、気を付けなければいけないこともあります。それは、家族への感染です。

インフルエンザが家族にうつってしまって、その家族が学校や職場へ行って、感染を広げてしまう…という危険もあるからです。

インフルエンザの感染力は非常に強いです。なので予防の際に以下の事に注意しましょう。

手洗い、うがい、マスクをつける。

マスク

誰でも知っている事ではありますが、手洗い、うがい、マスクはとても重要です。

インフルエンザは飛沫感染を起こしやすく、感染者のせきやくしゃみの飛沫を身体のどこかに触れて食事中などに口元にもっていく際に感染してしまう事が多いのです。

感染者が家族にいる際は家の中でもマスクをつけ手洗い、うがいをしっかり行うようにしましょう。

アルコール消毒を行うとなおよしです。

食器など接触する部分の消毒

消毒

ウイルスが付着しやすい食器やタオルなどをこまめに洗ったり、ドアノブやスイッチ、トイレの便器など様々な人が振れやすい場所を消毒するなどしてウイルスの除去に努めましょう。

鼻をかんだティッシュや吐しゃ物に関しても、可能な限り、袋などに密閉し、捨てるようにして下さい。

療養する室内の環境についても、できれば1時間に3回くらい空気の入れ替えを行い、ウイルスが部屋にこもってしまわないようにすることが大切です。

勿論、換気が終わったら、寒くないように室温を調整してくださいね。

といったようにウイルスとの接触を出来る限り防ぐ事が二次感染を防ぐ意味で重要になってきます。

手洗い、うがいはインフルエンザに限った事ではありません。出来る事であれば1年中しっかり行うようにしましょう。

十分な休養を取る

子供 高熱

そもそもインフルエンザに感染した原因として睡眠不足や疲労によって抵抗力が落ちている際にかかる事が多いです。

休んでいる際はしっかりと睡眠を取りバランスある栄養を取り抵抗力を上げるように心がけましょう。

スポンサードリンク

感染した際や登校する際の学校の連絡について

スマホ 連絡

インフルエンザに罹った場合は、必ず学校へ連絡を入れましょう。インフルエンザで学校を休む場合、欠席ではなく、出席停止の扱いになります。

出席停止とは、生徒が感染症などの事情により学校に登校してはいけない状態になりますので、欠席扱いにはならず、学校の評価には影響はありません。

また、インフルエンザが治り、登校する際も、法律上は書類が不要です。

ただ、学校によっては治癒証明書などが必要なところもあるようですので、学校に休む旨を連絡する際に、そのような書類が必要かどうか確認しておくとスムーズでしょう。

学校に連絡をした後はしっかり休息を取り早く治るように努めましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^