くしゃみ

赤ちゃんや子供がかかりやすい百日咳も大人は発症しないという訳ではありません。ですが子供の方が免疫力や対抗力が弱く重症化しやすいのは事実です。

熱もないし咳だけだからそのうち治るだろう、と甘く見ていると子供の場合は重症化してしまうことも。

という事で今回は百日咳の症状や原因、感染経路などについて説明します。

スポンサードリンク

百日咳はどういった症状が出る?

疑問

百日咳は大人と子供で症状が違います。子供の場合は症状が3段階に分かれます。

カタル期

7日~10日の潜伏期間を経て2週間程はカタル期と言われます。くしゃみや咳が多くなり、鼻水が出るなど風邪のような症状が出ます。

また日が経つにつれて咳が強くなります。この時点で風邪ではない事に気づく方もいるでしょう。

なお、百日咳の場合は風邪ではないので風邪薬では良くなりません。カタル期は感染力が最も高い時期です。

痙咳期

カタル期を終えた2週間~3週間後は痙咳期と言われています。

痙咳期は風邪のような症状から発作的な咳に変わります。呼吸の度にヒューっと喉が鳴る発作が出るようになります。発作は特に夜に出る傾向にあります。
乳児は咳が出ずに無呼吸になって呼吸停止してしまうことがあります。けいれんの危険性もあります。

肺炎や脳症などの合併症を併発しやすく細心の注意を払う必要があります。無呼吸発作、けいれんが起こった時はすぐに医療機関を受診しましょう。

回復期

次第に発作も咳も治まります。

症状が収まってくる2週間~3週間を回復期と呼びます。咳が完全に出なくなるには3ヶ月程はかかります。

といったように百日咳は長い間続く事が特徴です。

大人の場合、連続的な短い咳が続くだけで発作は基本的には起こりません。重症化することもあります。

風邪と症状が非常に似ているため間違えやすいですが、熱を伴わず咳が1週間以上続く場合は医療機関を受診しましょう。

百日咳の原因や感染経路、流行期間について

くしゃみ

百日咳の原因は百日咳菌と呼ばれる細菌です。

百日咳は百日咳菌が気管支に付着することによって起こる感染症です。

百日咳菌は飛沫感染によって感染します。咳やくしゃみ、会話などの最中に飛んできた飛沫により感染します。

また、手に菌が付着したまま口に触れたりと接触感染でも感染します。子供の場合、菌の付着したおもちゃなどを口にして感染することも少なくありません。

どの時期にも言えますが、手洗いうがいはしっかり行っていきましょう。

通年感染の危険性がある病気ですが、春から夏にかけては特に感染者が多くなります。流行周期は2年~5年と頻繁ではありませんが、予防接種が滞ると大流行します。

百日咳の治療法とは?

乳児の場合は重症化しやすいため入院することが多いです。ですが小児の入院は親の付き添い入院が必要です。

そのため事情や家庭状況によっては入院させることが出来ない家庭もあります。そんな時は少しでも症状が軽くなるような治療を心がけましょう。

処方薬の服用

薬

百日咳を発症した場合、抗菌薬と咳止めを処方されることが多いです。

ですが小さい子供に管理をさせると飲み忘れてしまうことも多いです。薬は親が管理し、指示通りに飲ませてあげましょう。

水分補給

水分補給

百日咳の治療には水分補給が大切です。

水分が不足すると痰が硬くなってしまい切れにくくなります。脱水症状を防ぐためにも水分補給はきちんとしましょう。

換気と保湿

湿度

乾燥した空間は咳を誘発します。そのため部屋の空気はこまめに入れ換え、加湿器などで湿度を保つようにしましょう。

なお、煙草の煙なども咳を誘発する原因になります。出来るだけ部屋の空気は汚さないようにしましょう。

上体を起こす

咳を酷く苦しい時は上体を起こすようにしましょう。幼い子供の場合は抱っこやおすわりで身体を起こしてあげましょう。

背中をトントンと軽く叩いてあげると痰が切れやすいです。寝る時は頭を高くして眠ると呼吸が楽になります。


スポンサードリンク

百日咳の予防について

百日咳は昔、子供が感染する病気として知られていました。ですが最近は大人が感染することの方が多いです。

大人は発症しても症状自体は大したことはありません。咳が長引く風邪だと思っていたらいつの間にか治っていることも。

ですが子供、特に乳児に感染した場合は重症化してしまう可能性が高くなります。特に1歳以下の子供は死に至ってしまうこともあります。

百日咳は感染力がとても高く、家庭内で一人が感染すると80%の確率で感染すると言われています。そうならないためには大人も予防に心がけることが大切です。

手洗いとうがい

手洗い

外から帰った時に限らずこまめに手洗いとうがいをするようにしましょう。手洗いは石鹸で、うがいはうがい薬を使うとさらに効果が期待出来ます。

手指のアルコール消毒も効果があります。

マスクの着用

マスク

大人は症状から風邪と区別がつきにくいです。
風邪だからと決めつけず咳や鼻水が出ている場合はマスクを着用して飛沫感染を防ぎましょう。

おもちゃを清潔に

おもちゃ

小さい子供はよくおもちゃを口に入れてしまいます。そのため接触感染の危険性が高いです。

子供がよく触るおもちゃはアルコールで消毒するなどして清潔にしておきましょう。ドアノブや蛇口も菌が付着し繁殖しやすいのでアルコールでの消毒が効果的です。

予防接種を受ける

注射

百日咳は予防接種を受けることで予防出来ます。乳児の場合、公費で受けられる定期接種の予防接種で四種混合ワクチンがあります。

この中には百日咳のワクチンも含まれています。

定められた期間内なら乳児は無料で受けることが出来るので早めに受けておきましょう。大人の場合、子供の頃に受けたワクチンは効果が切れてしまいます。

「子どもの病気だから」、「大人は症状が軽いから」と安心せずに予防接種を受けた方が良いでしょう。

最後に

百日咳に赤ちゃんや子供が感染した時の症状や治療法について紹介しました。

スポンサードリンク

百日咳は感染力が強く二次感染を起こす可能性が非常に高いです。予防接種などで予防を心がけ感染した際でも薬などを飲んでしっかり対処を行うようにしましょう。