インフルエンザは出勤停止扱いになる?

咳 くしゃみ

冬頃に大流行し毎年話題になるインフルエンザ。学生がインフルエンザを発症した場合は学校保健安全法という法律により出席停止が義務付けられています。

学生は「発症から5日経過、解熱後2日経過」が出席停止の期間として設けられています。では会社に務める社会人の場合は出勤停止になるのでしょうか?

今回は大人の感染期間と出勤停止について、出勤停止の際の休みの扱い、休む上で必要なもの、症状が続く際の対処法について説明します。

インフルエンザに大人が感染した際の期間について

日数 

インフルエンザは感染症の中でも潜伏期間が短いです。

潜伏期間とはウイルスに感染してから症状が現れるまでの期間のことです。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型と複数の種類がありますが、潜伏期間はどのウイルスも1日~3日程です。

発症すると38度以上の高熱が出ます。その他にも寒気、倦怠感、関節痛、頭痛、咳、鼻水などの症状が現れます。

症状自体は3日程度から長いと1週間近くも続く事もあります。

熱は朝よりも夕方の方が高くなる傾向にあります。
朝起きた時に熱が38度以上ある場合、夕方はさらに熱が高くなる可能性があるので注意が必要です。

インフルエンザは発症から3日以内に検査をしなければ体内の病原体が減り、正しい結果が得られないことがあります。発症した場合はなるべく早めに医療機関で検査を受けるようにしましょう。

インフルエンザは発症する前日から完治するまで感染力があります。

熱が下がったからと言って完治したわけでありません。熱が下がった後も2日間は外出を控えましょう。

インフルエンザは発症から3日~7日間の間は特に感染力が強いと言われています。

まとめると

  • 感染して症状に表れるまでの潜伏期間が1日~3日程度
  • 症状に関しては高熱や倦怠感、間接痛などの症状が出る
  • 症状が出始めてから3日から長くて1週間程続く事もある
  • 感染力は特に3日~1週間は強いので要注意

といった感じとなります。

子供と同様大人も出勤停止になる?

疑問

学生の場合は学校保健安全法という法律によって出席停止を義務付けられていますが、社会人の場合は少し違います。

インフルエンザには大きく分けて「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」の2つの種類があります。
社会人の場合はインフルエンザの種類によって変わります。

・「新型インフルエンザ」の場合は感染症法という法律に基づいて出勤停止となります。
・その反面、「季節性インフルエンザ」の場合は就業制限の対象ではありません。

つまり新型インフルエンザに感染した場合は出勤停止になりますが、季節性インフルエンザに感染した場合は法律上は出勤停止にはなりません。

ですが、季節性インフルエンザも感染症であることに変わりはありません。
他人へ移してしまう可能性がある以上、出勤すれば自分一人だけでなく従業員に広めてしまう危険性があります。

そのため、法律的には出勤を禁止されていなくても会社の提示している就業規則によって感染症に感染した場合は出勤停止を義務付けている会社が多いです。

会社の就業規則によって出勤停止が義務付けられている場合、たとえ法律的に出勤を禁止されていなくても出勤停止となります。

スポンサードリンク

休みの扱いは会社の規則によって違うので注意

会社

社会人の場合、休みの扱いは規則によって違います。

出勤停止を言い渡される、有給消化を勧められる、休業手当が支給される、病欠扱いになるといったように会社によってさまざまです。

チェック
感染症に感染した際の休みの扱いについては、会社が提示している就業規則に記載があります。感染症が蔓延しやすい時期には再度確認しておくと良いでしょう。

期間も会社によって違う

出勤停止になった場合の期間も会社によって違います。

大体は「感染してから5日経過、解熱後2日経過」で学校保健安全法と同じ期間を定めている会社が多いです。

ですがまれに学校保健安全法で定められた期間より長い会社や短い会社があるので、休みの扱いとあわせて確認すると良いでしょう。

インフルエンザでの出勤停止の場合は自己責任とし、出勤停止期間中の給料は支払われないことが多いです。ですが中には休業手当が支給される会社もあり、有給がある人は有給消化を勧められることもあります。

一度就業規則について確認しておきましょう。

感染した際は会社に連絡を。診断書等は必要?

電話

インフルエンザは感染力が強い感染症です。インフルエンザに感染した場合は、黙って通勤せず速やかに会社に連絡しましょう。

インフルエンザは完治したかどうか素人目には判断がしにくいです。

中には通勤停止が明けて通勤する前に完治したことを証明する診断書の提出を求める会社もあります。診断書の提出が求められている場合は医療機関を受診し、診察を受けた上で発行してもらいましょう。

診断書は医師に頼めば有料で発行してもらえます。値段は医療機関によって違いますが1500円~5000円が相場です。

診断書の提出を求められていない場合、診断書の提出は必要ありません。

インフルエンザに感染した際には診断書の提出について確認しましょう。診断書の提出が求められている会社は、仮に本当に完治していたとしても診断書がなければ通勤出来ないため注意が必要です。

最後に

大人がインフルエンザに感染すると出勤停止になるのか。また休んだ場合の扱いなどについて紹介してきました。

インフルエンザに感染した場合子供と違い会社によって休む期間や対応などが違います。もし感染してしまった場合は就業規則や会社に確認しましょう。

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^