夏風邪を予防して乗り切ろう!

夏風邪 予防

冬と同じように夏にもかかりやすい夏風邪。
夏風邪は治りにくく高熱や下痢にうなされたりと一度感染すると非常に厄介なんです。

しっかりと予防して感染しないように気をつけていきましょう。

スポンサードリンク

夏風邪の症状について

まずはざっと夏風邪の症状について抑えておきましょう。

夏風邪というのは夏に猛威を奮うウイルスに感染してしまう事が原因で体調を崩してしまう状態の事をいいます。

主な特徴としては

・長く続く高熱
・腹痛や下痢
・のどの痛み

といった症状があります。
高熱も辛いのですが腹痛や下痢は耐えられない痛みの事も多く辛い症状になる事も多いです。

アデノウイルス 大人

その事からも出来る限り夏風邪をひかないような対処や予防をした方が良いんです。

夏風邪は治りにくい

またよく言われていますが、夏風邪は治りにくい事が多いです。
というのも夏風邪に関連するウイルスには有効なワクチンがありません。

つまりウイルスがいなくなり自然治癒するまで症状がずっと続いてしまうんです。
もし感染してしまった場合は熱があったら冷えたタオルで冷やすなど症状に応じた対症療法となってきます。

夏風邪をひいてしまう原因について

夏風邪

夏風邪を引いてしまう原因としては主に「免疫力の低下」と感染者からうつる「二次感染」が主な原因です。

免疫力の低下については

  • クーラーの効かせ過ぎで体温調節が出来なくなる
  • 食欲がわかない事による栄養素不足
  • 寝苦しい夜の睡眠不足

といったものですね。こういった事による免疫力の低下はウイルスに感染しやすくなってきます。

これに関しては理解している方も多いでしょう。
ただ夏風邪にかかる原因の二次感染に関しても注意が必要です。

夏のウイルスはアデノウイルスのように感染力が非常に強いウイルスもあります。
誰かが感染してしまった場合、感染者からウイルスを拾ってしまう可能性があるんです。

主な感染経路としては

  • 咳やくしゃみによる飛沫感染
  • 感染者に触れる事による接触感染

などがあります。
接触感染についてはタオルやハンカチなどを共有しても感染する原因がありますので
ハンカチやタオルなどを家の中でも気をつけた方が良いでしょう。

また幼稚園や保育園、学校などで風邪など引いている子が多いのも要注意!
ウイルスが蔓延している可能性が高いんですよね。

その為にしっかりとした予防が必要です。


スポンサードリンク

夏風邪の予防について

チェック

では夏風邪にかからない為の予防法を確認していきましょう。

まずは夏風邪に限らず一般的な予防として

・マスクをつけてウイルスを排除する
・手洗い、うがいをしっかり

があります。ひとつずつ確認していきましょう。

マスクの着用

感染者のせきやくしゃみによってウイルスが飛散した結果体内に入れてしまい感染してしまうケースがあります。
その事からもマスクをつける…のですが夏にマスクをつけるのは暑苦しく大人でもつけたくない時も多いです。

なので最低限

  • 家族や学校などで感染している
  • 感染はしていなくても周りに風邪を引いている子が増えている

といった状況はウイルスを吸い込みやすい状況です。
その際は暑くてもマスクをつけるようにしましょう。

手洗い、うがい

手洗い、うがいについては特に言うまでもありませんね。
動画で手洗いについてしっかり解説されている動画があるのでこれを気にしっかりと手洗いうがいを行いましょう。



また夏風邪に気をつけたい予防として

・目薬を行う
・水分補給をしっかり行う
・クーラーの温度を下げすぎない

といったものがあります。

目薬

目薬

風邪になぜ目薬?と思われる方もいるかもしれませんが、
主にアデノウイルスが原因となる事が多いのですが目から感染して結膜炎などになる事もあるんです。

その事からも目にウイルスが付着したままだとそのまま感染してしまうといったケースがあったりするんです。
という事でどんな目薬でも良いのですが表面を洗い流して目を潤いを与える為に目薬を常時用意しておいた方が良いでしょう。

個人的には防腐剤、血管収縮剤が入っていない 第3類医薬品(パッケージに記載があります)の目薬であれば
目に負担もなく良いでしょう

こまめに水分補給をしっかり行う。

水分補給

これに関しては言う事はありませんね。
夏は汗もかきやすく水分が飛びやすいです。環境にも寄りますが寝ているだけで200~300mlの水分が失われてしまう程です。

その事から運動をした後、暑い外に出かけた後、寝る前とこまめと水分補給を行い抵抗力を落とさないようにしましょう。

クーラーの温度を下げすぎない

クーラー

理由としては水分補給と同じく抵抗力を下げない為です。
クーラーでがんがんに部屋を冷やしたい気持ちがわからなくもないのですが、

部屋の外と中の温度差があるほど体温調整が難しく抵抗力が下がってしまいます。
その事からクーラーの温度を26~28度にするようにしましょう。

クーラーをつけないのもあまり良くない。

クーラーの効かせ過ぎもダメですがつけないのも場合によってはNGです。
というのも昔に比べて昨今は暑い日が多くクーラーをつけないとバテてしまい抵抗力が落ちるどころか熱中症になってしまう事もあるんです。

その事からもあまりに暑い時は寝る際でも温度を調節した上でクーラーを使うようにしましょう。

まとめ

夏風邪の原因や予防法について紹介してきました。

夏風邪は一度感染してしまうと高熱は出るわ腹痛は続くわでかなり厄介です。
出来る限りの予防をして感染しないように気をつけましょう!

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

もしお役に立てる記事でしたら、より多くの人に見ていただきたい為
「ソーシャルボタン」から記事の共有をしていただけると幸いです^ ^

スポンサードリンク